13/07/30 23:16

三ケ村

三ケ村。

北小谷のこの地区は光明(こうみょう)、合子(ごうし)、野地(のじ)の3つの集落からなっているが、真ん中の合子は40年近く前の火事で全戸転出し、一番上の野地はこの春に最後の1軒が転出、残っているのは光明の3戸だけである。

 

光明上部にあるお宮。

 

猿から作物を守るために共同で7段の電気柵を設置している。

写っているおばちゃんは草刈りをしているのだが、実は4mほどの梯子を斜面にかけてその最上部に乗って作業をしている。

 

咲き乱れるのはひまわり?

 

この画像を見れば急峻な地形が想像できるだろうか。

それでもこの3戸の人たちはがんばってここに暮らす。

住み慣れた故郷というものは離れることができないものである。歳をとればとるほど・・・

127160

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[2 ]   トラックバック[0]