13/08/18 13:16

お祭りだ!

毎日異常に暑い日が続いているけれど、今年もやってきた秋祭りの季節。

昨年まで3年間は氏子総代としてお宮の年間行事を司っていたが、今年その役は終わり、うまく順番が回ってきたのは奉賛会役員。

奉賛会は秋の大祭の宵祭りを企画する「実行委員会」である。

 

舞台を使うのは奉賛会。しかしその前に舞台を使って獅子舞の練習が行われる。

そこで先日は朝早くから舞台の整理・清掃をした。

お祭りが終わってしまえば舞台は使わないので、様々な資材の格納庫として使われている。

 

舞台の正面を塞いであった戸板を片付ける。

 

みんなで運び出しているのは花場の櫓。

このあたりに据えられる花場はつまりお祭りに寄せられるご祝儀の受付場所。

 

舞台の通用口。

奥に敷いてある畳の上で、役者や獅子舞が着替えたり食事をしたりする。

でも飲み会場であることが多い(^_^;)

お祭り当日まであと3週間。

暑かったり寒かったり、雨が多すぎたり降らなかったり、毎年のように続く異常気象に今年の作柄はどうなのだろう。

本来豊作を祝うはずのお祭りも、時代の流れとともに違う意識の下で開催されるようになっていく。それはそれでかまわないが、「ふるさと」としての形はいつまでも続いてほしいと願う。

139947

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]