13/08/24 21:21

Clarinet&Pianoデュオリサイタル

大町市文化会館で行われたリサイタルに行ってきた。

珍しく奥様と二人連れ♪

 

長いトークから始まったコンサート、プログラムはこのとおり。

クラシックはよくわからない自分、正直第1部は理解できない(*_*;

聴く人が聴けばうっとりする内容なんだろうな・・・理解しようとせず感じればいいんだと思って、わからないなりにも一生懸命聴かせていただいたツモリ。

 

クラリネットポルカは地元の中学生と大学生が共演。こういうのは楽しめる。いい経験になってよかったね♪

チャルダッシュ、さすが!

 

アンコール、係の人が台にクラリネットのケースを載せて運んできた。

あ!これは!

予想に違わず「だんだん小さく」

楽器を分解してケースに入れる楽器はいくつかあるが、クラリネットほどパーツが分かれるものはない。

『だんだん小さく」という曲はこのクラリネットの構造を利用して演奏しながら楽器を分解していく曲。

何度かステージでお目にかかったことはあるが、小さくなっていくクラでこれほど見事に音を出し切る人を初めて見た。

 

それにしても・・・

大町の風土ではクラシックステージでホールが埋まることはあるまいとは思っていたが、これほど入りが少ないとは・・・ちょっと残念。

 演奏者の方は大町の6小学校をすべて回った、とのこと。

その熱心さが全然報われない客数。

それにもかかわらず、レスポンスの少ない客席を一生懸命盛り上げていただいた。

すばらしいプレーヤーお二人だった。

142377

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[4 ]   トラックバック[0]