13/08/31 23:39

ケーナ&カリンバ

友人に誘われてのコンサート。

今夜は長野、ケーナとカリンバ。

中南米のケーナとアフリカのカリンバ?どんな組み合わせかと思って、会場である「門前町屋ぎゃらりぃー十二天」を訪ねてみた。

 

ギャラリー店内に準備してあったのはパーカッション!

ジェンベ(まるいの)とカホン(四角いの)。

ワンドリンク付き、オープニングは二つのジェンベとカホンのパーカスアンサンブル。

いや〜、うまいものである。

 

で、しっかり聴衆の気持ちを集めて、次はカリンバ。

これは初めて聴いた。よくわからない・・・

欲をいえば、あまりエフェクターで音をかまわず、生で聴かせてほしかったな・・・

 

ケーナ。

奏者もドソロは初めてだといってたが。

この地味な笛であの演奏は素晴らしい。

曲もわかりやすく、皆の知っている曲をジャンルを問わず演奏した感じ。

でも!日本の民謡や島唄までは聴けるが、歌謡曲やシャンソンまではちょっと許せない気分。

ケーナの音色はやっぱりフォルクローレの音。インカの歴史の音である。

 

最後にやってくれた「コンドルは飛んでいく」、よかった!

せっかくあの見事なパーカッションがいたのだから「花祭り」、ほしかったなぁ。

 

久しぶり(30年?)のフォルクローレ、アンデスの想い、楽しめた♪

誘ってくれてありがとう!

145395

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[2 ]   トラックバック[0]