13/09/08 21:18

奉納相撲

土谷祭り、二日目のメインは奉納相撲。

境内の中央に土俵を作る。

 

舞台裏ではOBたちが相撲褌を着けてくれている。

 

開会。行司のあいさつによって、さあ勝負開始!

 

最初に土俵中央に盛られた砂をみんなで平らにならす。

 

初切りが終わると幼児から立ち合いが始まる。

この年齢では泣き相撲も多く、会場から笑いがあふれる。

 

年齢が上がるにつれ徐々に相撲っぽくなってくる。

 

そして大人。

通常の取り組みのほか、3人抜き、5人抜き、役相撲が行われる。

んん?ずいぶん体格が・・・

 

勝つと取り組みに応じた賞品が与えられる。この場合は矢。

矢を担いで四股を踏む。

よいしょ!

 

勝ち抜き戦。

ひとつ勝負がつくと次の対戦相手は勝者が態勢を立て直さないうちに挑みかかる。

敵は東からか、西からか。

 

すべての取り組みが終わり、塩を中央にみんなであいさつ。

この後は恒例、もつ焼き(ホルモン)

夕方やや暗くなるまでお宮の賑わいは続いた。

 

雨祭りだけど、今年も湧いた!盛り上がった!

また来年!

149452

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]