14/06/30 22:01

週末は連チャン♪

土曜日は糸魚川吹奏楽団の虹のコンサート。

同団では年に2回のコンサートを行っている。秋のレギュラーコンサートと夏の虹のコンサート。

今回は糸吹OBとしてスタッフ応援。

 

当日券売り場をまかされた。

初めての経験、なんか新鮮♪ お客様の顔がよく見える。

 

後半はステージ見学。相変わらず楽しいステージ。

糸魚川ってところはどうしてこう盛り上げるのが上手なんだろう。

もちろん団員数もレベルもそれなりに。

 

日曜日、今度は自分が吹く番。

恒例の老人福祉施設訪問演奏。

 

会場に入ってみると見学者のイスが5〜6脚置いてある。あれ?今回はご老人方少ないのかな・・・

と思っていたら、時間になったら来た来た。

みんな車いす(^_^;) なるほど、イスはいらないわけだ。


(画像は太田さんのFBからお借りしました。)

糸吹とは比較にならない我々の演奏もこの方たちは喜んでくれる。

その顔を見ていると自分たちも楽しい。やっててよかったなって。

287674

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/26 23:02

雨中バイパスの行方は・・・

小谷村雨中地区。

北陸信州間の大動脈ともいえるこの産業道路はあまりにも無防備。

大型輸送車が最も多く通過する夜7時から夜半。近隣住民は道路も渡れず、騒音で話も出来ない。

これだけ交通死者がありながら改善されない道路もめずらしいのではないか。

 

さて数年前から持ち上がっている雨中バイパス論。すなわち木曽のように別にトンネルを掘って、この道は産業道路から脱皮するというもの。

そのイメージが公開されたので現在の状況と比較してみる。

 

燕岩。北側入り口。

現状。

 

改良イメージ。

 

南側出口付近、現状。

 

イメージ。

北から来る道路はここでトンネルから出て現在の国道と並行して姫川を渡る。

 

上図の続き。姫川を渡る。

 

上図の橋を南から見る。

下図イメージにある2車線道路は国道から分かれて南小谷駅方面にアクセスする道路。

 

トンネルを抜けた道路が現在の国道とつながる場所。

 

公開されたからにはこの図面でほぼ決定かとは思うが、時間はかかる。

賛否両論、また別の案もある中で、地理情勢や費用の関係もあってこのようなかたちになったことであろうか。

 

小谷は平地がない。

広くてカーブや傾斜の少ない道路を作るにはどうしてもトンネルや橋を通過させるしかない。

当然カネがかかるが、なんとか早く今の交通事情を改善してほしいもの。

284884

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/23 22:57

今週だけ

アキレス腱に痛みを感じて9日。ようやく痛みもなく、普通に歩けるようになった。

もうすぐ、今週だけ休めば来週からは少しずつランニング再開しよう。

 

乗鞍岳へのこんなコース。

また走れるようになるか。なるか、というかその程度の体力を維持したい。

 

ちょっと体を動かせば腰が痛い、足が痛い・・・ってトシ?

5~6年前までは1週間で治った故障が今は1ヶ月経たないと治らない。

年齢に比例しての体力の衰えは恐ろしいスピードで進むことを実感する。

でもまだ追いつけるかも・・・おめでたいかな(^_^;)

282952

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/22 20:01

消防大会

今日は小谷村消防団のポンプ操法大会。

自分が団長をしていたころから早10年が経つ。

今日は青少年育成会の行事があったので消防大会は欠席した。そこへ夕方メール!

「小型ポンプ操法の部、第4分団優勝!」


(画像は過去の大会のものです)

自分の地域である第4分団が優勝!何10年ぶりか!これはうれしい。

そして優勝した分団は2週間後に行われる大北大会の村代表となる。さらにそこで優勝すれば県大会代表となる。

今日の大金星に、今頃彼らは大騒ぎの祝勝会をやっているはず。

 

消防にはもうひとつ、ラッパ吹奏大会がある。

かつては村の大会でも分団ごとの吹奏競技をやっていたが、今年は競技ではなく大北大会に備えて練習した内容を発表しているようである。


(画像は過去のものです)

ひと夏の熱い汗を流し苦楽を分かち合えるポンプ操法と、出役日数は多いがマスターするのに数年かかり経験者も少ないラッパ吹奏。

その辺のジレンマがラッパ手たちの意識には強く残る。

自分とてラッパだけで過ごした消防団員時代、何度も口惜しい思いをした。

 

ともあれ、次の大会は目前に迫っている。

今夜は浴びるほど飲み、明日からはまた減点0をめざしてポンプもラッパも練習に熱が入る。

がんばれ!小谷村消防団!

282611

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/20 21:31

老人パワー

わが地区、約80戸ほど。そこに全戸組織の会がある。

その会で運営するマレットゴルフ場。先日早朝にそこの草刈りと会場整備が行われた。

 

朝6時開始。ところが!

事務局の自分が眠い目をこすりながら会場に入ったのは朝5時過ぎ。

さすがに誰もいない・・・と思いきや5:20、ひとり来た。

5:30頃には威勢の良い草刈り機の音が谷に響き渡る。

定時の6:00には8割がたの作業が終わっている状態。

うっかり定時に来ようものなら自分の仕事を探すのが大変。

 

その主な構成員はお年寄り!

マレットゴルフを楽しむのはお年寄りの方々ではあるが、それにしても早い!

 

この方、85歳近くなろうか。

女性ながら草刈り機を苦ともせず軽々とこなす。慣れたものである。

 

この重機のオペレーターも。

 

この方に至っては90歳近い。

間違いなく長老である。

しかしその背筋はピンと伸び、足取りも軽い。

 

当日参集したのは26名。

球技に興味のない自分がここへ来たのは初めて、といってもいいほど。

 

朝のひと仕事のあと、談笑するみなさんはみんな高齢ながら今日も元気!

281803

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/18 22:49

うちわ

手作りうちわ。

自分で竹から作り、デザインも書くのも自分。

 

母は短歌会に入っている。

会員のひとりが全員のうちわを作ってきてみんなにプレゼントしたのだと。

会員の過去に提出された短歌から一首を選んでうちわに書き、それにあったデザインを作る。

楽しいだろうなぁ。

自分の感性で、選ぶのも、作るのも、書くのも、そしてなによりその人の個性を精一杯表現してみようとする作業。

もらった人たちの笑顔が見えるようである♪

280593

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/16 21:31

夕暮れのトロンボーン

“夕暮れのトロンボーン”

この題名で写真を一枚ぽんとfacebookに。

数名の方からほめてもらった\(^o^)/

わからないものである。何も考えず撮った写真がウケる理由もよくわからない。

 

じゃあ、今度は星の夜に「星空のトランペット」?いや、「夜空のトランペット」か。

ならば「朝焼けのホルン」

さらに「雲とユーフォニアム」なんてのは?

facebookでブログ記事を紹介したことはあるが、逆は初めてかも。

 

トロンボーン、少しだけかじったことはあるがポジションを考えながら吹くので、到底合奏に参加できるようなシロモノではない。

でもやってみたいのは、バンドの編成上トロンボーンパートをやらされることが多いから。

それならちゃんとトロンボーンの音色のする楽器の方がよい。それにやっぱりユーフォに比べれば音の輪郭がはっきりしている。

今の、練習日でもわりと個人練習の時間が多い時期にトロンボーンを吹けるようにしようか、という作戦。

 

なんていったら絶対トロンボーン吹きに怒られるな。

なめるな!って。

279309

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/15 23:16

山田賢明&小澤綾子ライブ♪

栂池のホテルベルハートでのライブコンサート。

アーティストの内容もよく理解してなかったけれど行ってみた。

 

いきなりビックリの満面の笑顔!

その笑顔のまま自分で作った歌を重ねていく。

大きな声。素直な歌。サウスポーのギター。

明るいトーク。

 

山田賢明(よしあき)さん。鬱の症状から歩いて全国を回り、今に至るのだという。

とにかく笑顔が素晴らしい。

よくぞこの結論にこの若さで至ったものと感心する。自分の子どものような年齢の彼から学ぶものは多かった。

そう、笑えばいいんだよ!

ノリの悪い聴衆に一生懸命に笑顔を向ける彼。

どんなに笑って見せても内心の不満はどこかに現れるのもだが、彼は笑っていた。

楽しそうに歌っていた。

 

キャッチフレーズ、えがお配達人というだけのことはある。

様々なトークの中に名言が埋まっていた。

「何気ない日常をうれしいと感じる」

「逢えると信じて生きていく」(涙そうそう)

「歳は取るものではなくて重ねるもの」

もうひとつ、心にとまった言葉があったんだけど忘れてしまった。

 

そして今回一緒にステージに乗ったシンガーは小澤綾子さん。

進行性筋ジストロフィーに侵された彼女、進行していく病を止めるすべはない中で「明るく、楽しく、今を全力で」、一生懸命に歌う彼女に暗い影は感じられない。

仕方のないこととは言いながら、この若さでこの覚悟にたどり着くまでの心は如何ばかりであっただろうか。

2人の息の合った歌声に聴衆もだんだんに引き込まれ、会場はひとつになっていた。

 

あたたかい、心にしみる歌声に花束が贈られる。

 

しばらく続いた悪天候からうそのように晴れ渡った栂池高原。


(画像は小澤さんのFBからお借りしました)

山田さんが話してくれたエピソード。

「僕が歩いて旅をしていて、糸魚川に来たとき白馬の標識が見えたんですよ。

あ、白馬へ行ってみよう。白馬のジャンプ台が見たい、と思って白馬まで歩いてきました。

でもジャンプ台の場所がわからず、道の駅に野宿していたんです。

そのとき通りかかったこのホテルのお母さんが僕にアイスクリームを買ってくれたんです。それがうれしくて僕はお礼に歌を一曲歌いました。

そうしたらここのお母さんが一緒にいた仲間の前で言ったんです。

わたしこの子連れて帰りたい!

そしてこちらに連れてきていただきました。

それからこの宿が僕の長野県の実家になり、信州のお母さんになったわけです。」

 

ベルハート様、とてもすてきなコンサートをありがとうございました。

278885

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/14 22:37

アキレス腱?

栂池でコンサートがあり、帰りは走る。

天気もよく、アルプスを眺めながらのランニング。まっすぐ降りてはもったいない、ってんで白馬経由で帰ることにした。

 

ほとんどが下り坂のコースはとーっても快適♪

気持ちよく走ってきたが、5km付近から右足に違和感。ふくらはぎ!シンスプリント?

 

まあ大丈夫かと思って快調に走る・・・が、10km過ぎたころから痛みが増してきた。

しばらく歩いてみる。

2kmほど歩き、ゆっくりJogで走る。7km/h程度、歩いてはいない程度のスピード。

このペースはダイエットにちょうどいいかな、などと考えながら青空の下をJogるのも悪くない。

 

結局10km余りを50分、残り8kmほどを1時間かけた。

ふくらはぎの痛みよりもアキレス腱の方が痛みが強い。

今までもふくらはぎ、ひざ、腰は故障のローテーションを繰り返していたが、アキレス腱は初めて。

 

帰って風呂に入り、まず石鹸マッサージ。

その後は冷水シャワーと湯を交互に3Set。

さて明日はどうなっているかな(;一_一)

278249

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/13 20:52

夏といえばアユ!

と気取るわけではないが、帰ってみると農協の食材で届いていたアユ1匹。

毎日おさかな♪

 

鮮度はそこそこよさそうなので、生でいただくことに。

包丁の先でうろこを落とし、塩で表面のぬめりを洗い落とす。

アユは水中の石に生えたコケを食べるので、内臓ごと食べるのがセオリー。

骨が柔らかいサカナなので薄く輪切りにしてお造りにするのだが、なにぶん切れない包丁ではこの厚さが精いっぱい。

 

さあ、明日はどんな魚が?(゜))<<

277537

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/12 22:35

ひょんなことから今日釣ったばかりのアジをいただいた。

う〜ん、新鮮!

 

今夜は雨もやんだし少し走ってから帰ろうか、と思っていたが新鮮なアジをほうっておくわけにはいかないではないか!

帰って早速調理。

う、、包丁が切れない・・・なんの、腕でカバーじゃ!

 

せっかくの新鮮なアジ、半分は刺身、タタキにして生でいただく。

ネギがなかったので分葱でごまかし、大根がなかったのでケンにもならず、キュウリで枕を作る。

ま、こんなもんだろ。

 

生姜醤油でいただく。

ん〜〜〜うまいっ!

 

しかし。。。

久しぶりのアジのタタキよりもソーメンの方がうまいとはなんたること!

276896

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/09 23:01

ビルドアップ&インターバル

1kmを、最初はゆっくり。

200mまでは7km/h

200〜300mは8km/h

300〜500m、10km/h

500〜700m、12km/h

700〜900m、14km/h

900〜1km、16km/h。

そしてすぐに7km/hまで戻す。

これを8本。場所は・・・トレッドミルの上。

 

白馬ランニングクラブの日であったが、雨に負けてひとり逆方向の北小谷Sウェルネスクラブへ。

人が聞けばウソみたいな緩いトレーニング。

しかし自分には十分。汗はどどーっと10Lくらい出た気がする。

 

久しぶりに北小谷へ来た。3か月前まで毎日通っていたここ。

時期なので消防団の訓練が始まろうとしていた。

 

本当は12km/hくらいでずっと走っていたらいいのだけど、なにぶんトレッドミルは退屈で。

いろいろ考えてメニューを組まないと10kmも走らないうちに飽きてしまう。

 

横にあるのは、小谷にふさわしく登山マシン。

角度、速度などで負荷をかけながら、ある程度の山に登ったシュミレーションができるようである。

 

受付にいたカナコさんに、次のレースは?ときいたら週末に行われるヒスイの里・山岳マラソン!

さすが、たくましい!

自分にはもうあんなハードなコースは走れない。

 

ぼちぼちトレーニングしながら、目指すは安達太良山!

275320

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/06 21:47

植樹祭

大北地区植樹祭。今年は5年に一度の小谷会場。

参加者550人、植える苗800本。

降らなくてよかった〜。降ったら後で職員が800本の苗を植えなきゃならないとか。

 

開催日2日前の準備で特に大きな樹を植える穴をあらかじめ掘る。

石だらけ!汗だく!

 

心配された天気、かろうじての曇り空にスタッフ一同胸をなでおろす。

子どもたちはコモにくるまれた大きな塊の苗木を丁寧に?植えている。

 

植樹の前、開会セレモニー。雉の放鳥が行われた。

一斉に放された10羽近くの雉、うまく飛ぶことができず走って逃げる鳥になんとか飛ぶ鳥、雉はもともとあまり飛べる鳥ではない。

これは少し飛んでみたが失敗して会場の中心へ不時着した雉。


(画像は福島さんのFBからお借りしました)

 

今年から長野県で7月第4日曜日が「信州 山の日」に制定された。

今回の植樹祭はそのアピールも兼ねている。

 

お昼。子どもたちは待ちに待ったお弁当の時間。

事務局が大きな寸胴鍋ふたつに作った豚汁はきれいに終わってしまった。

哀れにも豚汁にありつけなかった子どももいた様子。

 

会場のアトラクションで来ていた白馬のアルプホルンクラブが吹奏体験をさせてくれた。なかなかうまくは鳴らないもの。

ちなみにこのアルプホルン、会員たちの手作りである。

 

このあと子どもたちはゴンドラで栂池自然園へ。

一緒に行った大人たちは寒くて震え上がったそうな。

 

そして森林組合や行政のスタッフは植えた苗木の再点検。

しっかり植えてあるのもあれば、ただ置いて土をかけただけのもあったそうな。

274482

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/02 05:24

いざ、諏訪湖!

本日、諏訪湖マラソンエントリー開始!

時間は午前0:00より。ってのを忘れていてうっかり早く寝てしまった。

今朝Yさんのブログを開いて思いだし、それっ!とパソコンにとびついてなんとかセーフ。

 

諏訪湖マラソンにエントリーした。7年ぶり、3回目。

前回は自分でも過去もっともアブラののっているときであり、この時のタイム1:33が自己ベストとなっている。

この時の写真がわが家の座敷に飾ってある。いつか自己タイムを更新することができたらこの横にもう1枚飾りたいもの。

272861

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]