14/12/03 22:14

土谷せぎ崩落

地震でせぎが一部崩落で壊れたというのでその調査に行って来た。

土谷せぎ、土谷地区の水田を潤すための命の水である。

こんな山中に設置されたせぎは、今ではほとんどが暗渠となり延々と伸びている。

 

崖ともいえる山肌を縫うように等高線に沿って水は流れる。

明治時代に、このせぎ総延長8kmを一週間で開けたという。小谷には各地にそんな伝説のようなせぎがある。

 

はるか眼下に土谷川。

この上流から流れるせぎの取り入れ口はまだまだ遠い。

 

でた!大崩落!

幅30mくらい、暗渠で保護されたせぎも一部暗渠ごと崩落していた。

 

安全に渡れる場所を見つけてなんとか渡ってみるが、下を見ると足がすくむ。

川まで100m以上あろうか。

幸いにして地震にやられたのはこの箇所だけだったが、さてどうやって直すものか…

 

途中取り入れ口。

元の土谷川取り入れ口だけでなく、途中の水量のある沢にはこんな取り入れ口が設けてある。

 

岩菅の滝。

岩菅の滝、下の道路から。

観光名所になりそうな♪

 

土谷せぎ、奉納地区上部から望む北アルプス。

408778

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]