14/12/16 21:05

高森町からのエール

昨日も今日も雪は降る。

地震から大雪、これでもかこれでもかと自然は襲いかかる。

 

そんな雪の中、わざわざ南の高森町から訪れてくれた方々。

高森町子ども会育成会連絡協議会のみなさん。

小谷村青少年育成会とは古い付き合いで、毎年夏は高森町のキャンプに小谷から参加し、冬は高森から小谷へスキーに来ている。

 

会長さん自ら今回の地震被災に対して義援金を届けてくれた。

義援金は本来村長が受け取るべきなのだろうが、あいにく議会開催中。小谷の会長である私が拝受した。

この義援金は、高森町育成会で小谷の被災者のために父兄から募ったものだという。今更ながら遠くから案じてくださる方の暖かさを感じる。

ありがとうございます。

 

高森町キャンプの集合写真。

最初はおどおどとしていた子どもたちも、一晩一緒に過ごせばすっかりお友達。

 

これは小谷でのスキー交流会の一コマ。

ふだんスキーに親しめない高森の子どもたちは本当に楽しそう。

 

今シーズンは2月にスキー交流会が計画されている。

やはり、高森の保護者の間では被災地に行って大丈夫か、と案ずる声があるという。

「大丈夫、観光地の集中する西側にほとんど被災はなく、またこんなことがあった後なのでリフトや施設はいつに増して安全点検を重ね、胸を張ってお客様をお迎えできます。」

 

手間暇惜しまず義援金を募っていただき、また快くご協力いただいた高森町のみなさんに心より感謝いたします。

420184

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]