14/04/06 20:22

三十三回忌

昭和57年に亡くなった祖母。

昨日三十三回忌の祀りを行った。

 

祖母は機織りでは名の知られた人。自ら蚕を飼い、糸を紡ぎ、紬を織った。

おばあちゃん子の自分はいつも機織り部屋に出入りし、はたご(機織り機)に登ろうとしては叱られていた。

 

 

掃除したお墓にうっすらと雪化粧。

 

ごく近い身内が20人ほど集まり、自宅で法要。

しかし時代は過ぎ、祖母の薫陶を受けた人も少なくなってきた。

 

法要後の御斎(おとき)は祖母ゆかりの小谷温泉。祖母が最も大事にしていた山田旅館である。

こんな機会に久しぶりに顔を合わせる人たちが旧交を温める。

 

三十三回忌は「おめでたい」行事だそうである。

でも自分たち、知っている者たちの記憶から祖母の姿が消えることはない。

250580

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]