14/09/21 15:58

埼玉栄 秋演

埼玉栄高校。

言わずと知れた吹奏楽・野球の名門校である。いやほかにももっと優秀な部分を多く持っていることだろう。

 

私に以前ユーフォニアムを指導してくれた仲間が埼玉にいて、その娘が栄高校吹奏楽部の3年生であり、コンサートのお誘いをいただいた。

「埼玉栄中学・高等学校 第7回秋演 Thanks Concert 」と題されたこの演奏会、秋演とは終演とかけたものであるとか。

 

プログラムの内容が!むずかしい!

 

12:30開場、12時前に行ってすでに外は長蛇の列!大勢のスタッフが列を誘導している。

昨年は座席が足りず、通路の階段に座る人が多かったという。

 

トイレに行ったら何やらさわぎ、何かと思ったらロビーコンサート♫ ホルンが20本近く!ホルンのみで吹いていたのはトランペット吹きの休日。

ホルンでこのフレーズやるか?うーん、最初からこんなの聴かされたダメージはでかいぞ!

 

ステージでは開演前のパーカッション!こちらも20人以上で、楽器?はモップやブラシなどその辺に日常的にあるモノ。

パーカッションとはかくあるべし!このノリが命♪ 

 

演奏。

さすが!社会人のような面白味は多少かけるが、演奏はすばらしい。これが全国トップクラスの実力なのである。

ひとつのパートのアンサンブルを究極まで追求し、ピッチ、アインザッツとも寸分たりともずれることなく音楽を奏でていく。

それが全パートを通じて大きなアンサンブルと成し、100人以上の演奏でありながら実によく聴かせる。

 

中学から高校まで総勢200人の団らしいが、全員が一度に吹くということはなかった。

ところどころ、ダンス、歌をいれ観客の心をつかまえている。

やはり女子の数が多いチームではあるが、男声が大きいのにはおどろいた。

 

こんなバンドで吹けるなんていいなぁ・・・と思いつつ、競争率も半端じゃないだろうな・・・とも思う。

このステージにいる3年生、卒業しても吹奏楽を続ける人は少ないんだろうな…

 

最後の全員ステージ、吹奏楽と歌、圧巻だった。

 

わざわざ埼玉まで行った甲斐があった。

栄高校は来月、名古屋で行われる吹奏楽全国大会に西関東代表として出場する。

もうしばらく、キツい特訓を強いられることか。がんばれ!

341473

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0]