14/09/23 23:52

白馬高校スキー部マラソン大会

わが母校、白馬高校のスキー部。

部活の一環として毎年部内マラソン大会を行っている。

例年、学校から国道を南下し、佐野坂の旧道を経由して鹿島槍の黒沢高原までの往復、30km余りを走る。

もちろんスキー部なのでディスタンスの選手以外は走り屋ではない。それでもその程度の体力は要求されるということであろう。

 

今年は異常に多いクマ情報のおかげでコースが変更され、国道沿いのロードレースとなった。しかし距離が取れないので一度帰って来たらもう一度、半分程度のロードを走る設定にされた。

ようやく足が治ったので若い衆と一緒に走らせてもらった。ただし「もう一度」のコースはなし(^_^;)

 

折り返し地点まであと1kmほどのところで先頭集団が戻ってきた。速い速い。

 

折り返し地点では保護者会の役員さんが給水とメンバーチェックをやっていた。ご苦労様!

 

今日の天気は最高!こんなのに出ずに山行けばよかった・・・なんてちょっと後悔。でも今日は山は混んでるだろうな。

女子も速い速い!

 

続々と帰ってきて校門をくぐる部員たち。

 

そしてそこでチェックを受けてまた次のコースに行く。

 

中庭ではOB会がバーベキューの準備。

 

山のような野菜と肉を準備して作り置きしておくが、たちまち終わってしまい焼くのが間に合わない状況。

次第に焼き方も男の料理になってくる。

いいよ、全部入れちまえ!

 

今回は白馬と小谷の中学校スキー部も参加。総勢100名くらいになろうか。

監督の采配で各ジャンル別にキャプテンがお礼を述べる。

「冬までまだ時間があるので頑張ってトレーニングします!」

そのような文言が多い中、かつて全国を制覇した経験もあるOB会長からは

「冬なんてすぐだ、気を抜かず体を作って冬に備え、いい成績を出してほしい」

と釘を刺した。

 

こちらは高校生スキー部。現在40名ほどが在籍しているそうである。

今年のソチオリンピックにも現役で山田選手、OBでは上村、渡部をはじめ、何人もが日本代表として出場した。

日本スキー界の若きホープたち!

 

白馬三山と八方尾根。

この山に抱かれてわが母校はある。

しかし、少子化から存続の危機に陥っている。

なんとかこの生徒たちに希望と誇りを持たせてやりたいもの。

がんばれ、白馬高校スキー部!

344188

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]