15/06/29 21:42

常法寺総代会

小谷村北小谷の鬼来山常法寺

わが家の菩提寺である。

昨年の地震で若干の被害を被ったが大したことはなくてよかった。

立派な構えの寺院である。

 

昨日、檀信徒の総代会が開催された。

総代会は総代の中から選出されている護持役員が執行部として主宰する。

役員は総代からの選出、そのほかに住職が一本釣りする場合もある。自分も釣り上げられた一人である。

ただ会長だけは別格扱い、「大総代」から選出される。

大総代とはこの寺を昔から支えてきた名家、簡単にいえば庄屋様である。

 

小谷村には小谷五人衆と呼ばれる庄屋様がいた。名字帯刀を許された一族である。

間違っているかもしれないが、それは山田、田原、山岸、太田、横澤の各氏であり、信濃が武田氏の勢力下に入ってからはそれに別の太田氏、細野氏が入って小谷七人衆になったと聞く。

現在小谷村に在住しているのは小谷温泉の山田氏、中谷の太田氏のみである。

 

2年前から護寺会長に就任された山岸氏。もちろん庄屋様の末裔であり、山岸宗家でもある。

前任の太田会長は父親を早くなくしたため、かなり長期にわたって会長を務められたようである。

 

じじいばかりの会議にこんな若い事務局がいてくれるのはなんとも心強い。

彼もまた住職に釣り上げられた一人。

 

自分も事務局として会議の進行に携わる身ではあるが、20年近くもこんなことをしているとだんだん図々しくも怠慢にもなり、作った資料も穴だらけ。。。

一流会社の役員をされている会長はあきれてみていることだろう。

 

そうはいっても過疎地の寺院は徐々に檀家も減っていく。

じじいたちの総代会は課題山積。

なんのかんのきれいごとをいっても要は人と金である。

 

幼いころから信心深い祖母によく連れてきてもらった菩提寺。

ここに来るとおばあちゃんにあえるようで心が安らぐ。

633733

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/06/22 22:23

第10回乗鞍天空マラソン

乗鞍天空マラソン

それはとってもワクワクするレース。

乗鞍高原、高地とはいっても人里である。

そこから一気に3000m近い乗鞍岳直下まで駆け上がる。

日本中探してもこんなすてきなコースはあるまい。

今回は自分では2回目の出場。2012年の前回の様子はこちら

 

第10回ということで10と天空のテンを合わせてTENのTシャツ。

 

そのナンバーカードをランパンにつける。

天気が不安定。シャツで走れるのかウインドブレーカーを着るのかわからなかったのでランパンに。

 

このコース、往路は何しろ18km登るだけ。

そして復路は12km下るだけ。

下りの長さを思ってクッション性のいいNikeエアズームを起用した。

 

開会式。まだ雨は降ってない。

大会の歌を作った地元出身のシンガーソングライター高橋あずみさんが歌う。

あ、この人たしか前回泊まった宿の娘さん!

前回のお宿はこの辺に書いてある。

 

さてスタート。

小雨があたり、少し寒かったのでウインドブレーカーを着てスタート。

 

気がのらない。スタート早々嫌になってきた。

自分を励ますものは過去の悪天候レース。

小川和紙マラソン、駒ヶ根マラソン、そしてみぞれの長野マラソン。いずれも会心の出来だったレース。

悪天候には強いんだ!自己暗示をかけながら走る。

 

登るにつれ雨はひどくなる。

位ヶ原山荘よりもかなり下、早くもトップランナーが下ってきた。

え?おいおい、いくらにも早すぎねえか?

 

九十九折りの急坂でついに捕まった。

走れない。

歩く。

 

最初自分のわきを抜いてどんどん登っていくランナーをみて、いずれ落ちてくる人と苦にもしなかった。

たしかに落ちてきている。何人も抜いた。

でも自分もまた落ちている。

 

やがて途中でスタッフの方が大声で案内している。

「ごめんなさい!15.5kmで折り返しになりました!」

「予報通り雪渓付近は大荒れです!残念ながら途中折り返しでお願いします!」

 

一週間に一度くらいしか走れてない身には正直ホッとした。

位ヶ原山荘をすぎて少し行くと折り返し地点になっていた。

 

折り返して、さあ下りだ!オレは下りは速いゾ!

走る、というものではなくただただ落ちていく感じ。

ブレーキはかけない。骨盤を思いっきり左右に振って足は振り子のように出ていく。

 

どんどん抜いて下る。100人くらいは抜けた気がする。

雨はますます激しく、フードまで被ったまま走る。下る。

事務局さん、途中折り返しで大正解だった、

 

そしてゴール!よかった〜短縮でも完走だー!

 

結果は3時間弱。24kmくらいだろうか。

おそらく短縮にならなかったら4時間を切れなかっただろう。

 

登りはダメだったけど、下りの快走で自己満足いっぱい。

一日たった今日夕方からようやく筋肉痛が始まった。

 

雨の中、一番大変だったのはスタッフのみなさん。

「上まで行かれなくてごめんなさい!」

「具合の悪い人いませんか!」

「ファイトファイト!もう少しですよ!」

とっても心に沁みる気遣いがいっぱい。

ありがとうございました!

631070

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/06/18 07:41

のうやすみツアー

信州伊那みはらしファーム

わが地区の土谷分館では毎年田植えが終わった今頃、のうやすみツアーと称して一日旅行に出かける。

今年は43人が参加。

朝、すでにバスが待っている。

 

スタッフが会費徴収。

会費は大人1000円。ただし昼食等は自己負担。

 

会場のみはらしファームまでは2時間余り。

自分は自由時間を利用して走りに行ってしまったので写真はないが、豪華版の食事やお風呂がある。

 

ここよりも今回初めて寄らせてもらったのはグリーンファーム

ここはおもしろい。

 

農道沿いのあまり広くない敷地に直売所、生活店舗、骨董屋、本屋など。その他に牧場?とも動物園?ともいえるのがある。

昔の田舎の農協店舗のようなせまい店内は生鮮品、珍品、特産品などがびっしり。

ときに場内アナウンス。「ただいま〇〇が入荷しました〜」

活気がある。

 

店舗入り口で製造販売していた大学いも。んまそ〜♪

 

さて動物園では・・・

くま!これはでかい!

小屋に片足をかけ、ぐた〜っと寝ている。小さいころからここで飼われているらしい。

 

生まれたばかりの仔ヤギ。

 

ダチョウ。

身長2m近くある。すぐそこにいるのだが、上から突かれるのが恐くてそばに行かれなかった。

 

餌の野菜を売っている。

「ついてくるな〜!」っても餌持ってんだから(^^;)

 

伊那路をあとに帰路につくが、子どもたちのテンションは上がりっぱなし。

このガキどもは〜!

 

みんな楽しんでもらったかな♪

さて次は・・・

627176

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/06/16 23:30

伊那谷にて

日曜日、地区の行事で行ったのは伊那のみはらしファーム。

行って時間はたっぷりと取ってあるが、特にほかに計画はない。

そこでひとり走りに出かけた。

 

さてどこ行こうか。

とりあえず上に向かって走り出す。

やがて林の中の一本道。

ほどよい登り、蝉や鳥の声が心地よくついついペースが上がってしまう。

 

途中から権兵衛トンネルへと方向を定め、林間コースを途中から下って権兵衛街道を目指す。

やがて横に現れる街道。

しかし一向に合流できる気配がない。

 

だいぶ下まで降りて合流点を見つけ、今度はトンネルめざして登る。

あ、こりゃ合流できないわけだ。すぐそこに見えていても間には深〜い谷があった。

 

着いた〜!権兵衛トンネル。

意外と近い。

自分一人ならこのまま木曽へ降りてもいいのだが、今日は団体行動なのでここからみはらしファームへ戻ることに。

 

途中にあった案内看板、コピーして自分のたどったルートを塗ってみた。

 

なんとも・・・よく手入れされた植垣。あまり好きではないが。。。

 

ふたたび林の中を走ってみはらしファームに戻ってきた。

終わってみたらけっこう遠かったような、、、つかれた〜〜。

 

ふろ!

羽広温泉。

走ったあと湯船につかると疲れがどどーーーっと出てもう上がる元気がなくなってしまう。

でも今日は団体行動。

風呂でゆっくりしすぎたら昼飯を食う時間がなくなってしまった。トホホ。

 

ということで本日の走行16.5km。

2時間余り、なんとものんびりランだがまあこんなもんか。

625904

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/06/08 22:01

戸隠代参報告会

5月末のこと。

戸隠へ代参に行った報告会を行った。

12戸の代表となった3戸、これが代参に行ったときの写真。

そのときの戸隠蕎麦が美味しかった様子はこちら

 

12戸がお宮に集まり、持ち寄った一重で戸隠様を肴に酒を酌み交わす。

 

これは野豚を飼育する農家の方が作った野豚チャーシュー。

味噌に漬けこんだ味がほどよくしみて美味しかった。

田舎は寄り集まればこのような農家の自慢料理が出てくる。

 

さて戸隠へ何を願って参詣するかといえば地すべり防止である。

昔から「動く土」に悩まされてきたこの地では、なにより地すべりがなく安心して暮らせることを願う。

それで梅雨の大雨をひかえたこの時期に戸隠に祈るのである。

どうか地すべりが起きませんようにと。

 

そして戸隠からいただいてくるのはひとつは家内安全のお札、そしてもうひとつはヌケドメ(抜け止め:地すべり防止)の杭である。

クルマをここに停めてすぐ上に戸隠のご神木があり、その根元に杭を打ち込んでくる。

 

どうか地すべりが起きませんように・・・

 

ここは塩の道。そして昔の通学路。

自分たちが学校へ通った道である。

 

昨秋、この村では初めて大きな地震を経験し、不安な日々を過ごした。

もちろん不安ではあるが、起こるか起こらないかわからない地震よりも、雨さえ降れば起こる地すべりの方が恐い。

 

どうか地すべりが起きませんように。

616952

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/06/07 23:06

安曇野ハーフマラソン

正確には「第1回 信州安曇野ハーフマラソン」

昨年のプレ大会に出ていたのであまり意識しなかったが、第1回なのだ!

 

アルプスに雲一つない快晴!でも自身は長野マラソン以来50kmも走っておらず、ましてや20km走など2か月ぶり。

はたして完走できるのか・・・

 

陽射しが強いのを意識して日除け付きキャップとふくらはぎのサポーターを準備。

 

こんな仮装の方も。何の仮装なんだろ???

 

応援の吹奏楽が音合わせ中。

 

走り出し、なるべくゆっくり、6分/kmに近いペースを心がけて走る。

今日は故障もなく順調順調。日除けキャップのせいか暑さもそれほど感じず走れた。

ただ退化してしまった筋肉は如何ともしがたく、身体全体は悲鳴をあげている。

 

とんでもない勘違いを起こしてしまった。

14km地点、なぜか脳にはあと4kmとインプットされたらしい。

15km地点、おそらく距離表示の15は人の影か何かで5の曲線部分だけ見えたのだろうか。あと3kmと思っていた。

しっかりした距離表示があるので自分のGPS時計はタイムしか見ていない。

 

16km地点、応援していた有森裕子さんが、あと5km!と叫んでいる。

そこで初めて気がついた。自分が3kmサバ読んで走っていたことを!

 

これは大きい。萎えた。

途端にペースが落ち、もはや立ち直れない事態。

あとはただただ我慢の5km。

 

そしていつもどおり思った。

もうこんなことは絶対やらん!マラソン大会なんか出ないぞ!

 

なんとか2時間は切って完走。疲れた。。。

出走者4921人中1478位(男女込)

50歳代男子875人中375位

 

参加賞はお米!これいいじゃん♪

 

次は2週間後の乗鞍天空マラソン。

それこそ完走できるのかどうか・・・

615524

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

15/06/02 22:42

会議の前に

6月に入ってまだ二日しか走れてない。

あたりまえだ!今日は6月2日。

しかし5月末まで4月の長野マラソンからほとんど走れていなかった。

 

今夜の会議まで1時間の走る時間を作った。ロードひっさしぶり♪♪

 

で、今夜走ったのは中谷街道。

会議会場もここ、やまつばき。

この中土旧小学校やまつばきから吉原橋までの往復9kmを狙う。

 

ゆるい傾斜、少ないクルマ、ここはホント走りやすい。

ところどころ知ってる人がいるのであいさつしながら、それがまた気がまぎれて走りを励ましてくれる。

知ってる人が、というかこの辺で知らない人などほとんどいない。

 

吉原橋。今日はここまで。

この奥3kmほど行くと名湯小谷温泉がある。

 

戻れば会議開始10分前。

どこの若いあんちゃんが走ってるのかと思った、と言われ思わずニンマリ。

ダウンには少し時間が足りないが、この距離だからまあいいか・・・

この調子で6月は距離を伸ばしたいもの。

体重は減らしたいもの。

608242

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]