15/06/08 22:01

戸隠代参報告会

5月末のこと。

戸隠へ代参に行った報告会を行った。

12戸の代表となった3戸、これが代参に行ったときの写真。

そのときの戸隠蕎麦が美味しかった様子はこちら

 

12戸がお宮に集まり、持ち寄った一重で戸隠様を肴に酒を酌み交わす。

 

これは野豚を飼育する農家の方が作った野豚チャーシュー。

味噌に漬けこんだ味がほどよくしみて美味しかった。

田舎は寄り集まればこのような農家の自慢料理が出てくる。

 

さて戸隠へ何を願って参詣するかといえば地すべり防止である。

昔から「動く土」に悩まされてきたこの地では、なにより地すべりがなく安心して暮らせることを願う。

それで梅雨の大雨をひかえたこの時期に戸隠に祈るのである。

どうか地すべりが起きませんようにと。

 

そして戸隠からいただいてくるのはひとつは家内安全のお札、そしてもうひとつはヌケドメ(抜け止め:地すべり防止)の杭である。

クルマをここに停めてすぐ上に戸隠のご神木があり、その根元に杭を打ち込んでくる。

 

どうか地すべりが起きませんように・・・

 

ここは塩の道。そして昔の通学路。

自分たちが学校へ通った道である。

 

昨秋、この村では初めて大きな地震を経験し、不安な日々を過ごした。

もちろん不安ではあるが、起こるか起こらないかわからない地震よりも、雨さえ降れば起こる地すべりの方が恐い。

 

どうか地すべりが起きませんように。

616952

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]