15/09/07 21:17

電気柵

家庭用野菜、特にトウモロコシが収穫し終わってこちらの電気柵は撤収。

そしてそれを蕎麦畑に設置する。

 

本当は電気柵を設置する気はなかったのだが・・・

いつになく状況のいいわが家の蕎麦。

そしてこの畑に少しあいた穴。わずかな獣臭からイノシシが入ったとわかる。

蕎麦も出来がいいと思えば欲も出てくる。

たまには反収50kgくらいの収穫をしてみたいもの。まあここじゃ無理だな。。。

 

わが家の蕎麦畑は4か所、1反歩足らずである。

そして電気柵は3セットある。

で、一番近い圃場2枚を一つの電源でつなぐことにした。

そういう専用の電線はあるのだが、面倒くさいので空を飛ばす。

 

ちょうどいいところにキハダの枝。上の畑のすみに、ここに結んでくれとばかりに枝が伸びている。

下の通路を車が通るには十分な高さが確保できた。

 

植物に直接電線が触れることのないように下の畑まで誘導する。

電気をわけた下の畑。

 

通常、農家が利用する電気柵は12ボルト。電源はソーラーか電池である。

わが家ではソーラー1台と乾電池式2台を使っている。

電流が走るのは1〜2秒に1回、植物などが電線に触れていると漏電して出力はグッと落ちる。

 

これに触れて人が死ぬことなどありえない。

しばらく前に起きた電気柵感電死事故。後にも先にもあんな特異な事例はあるまい。

動物は鼻先で物を探る。その鼻先が触れて一瞬ビリッとすればそれで用は足りるのである。

もちろんそれで死ぬ動物もいない。

 

今年の小谷は蕎麦の豊作年に違いあるまい。わが家もいい蕎麦が穫れますように。

708651

 

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0]