15/09/21 21:48

村の匠・蚕玉様

蚕玉様・・・それはわが地区の山の上の大きな岩の上に祀られている祠。

5月、わが地区では春作業のときに蚕玉様の祭りと称してこの祠に代表者が詣でる。

 

昨年の神城断層地震で石垣が中央から前後に割れ、後ろが崩れてしまった。

 

崩れた石はほとんどその付近にあったが、角のひとつが斜面を転落。

それを背負い上げる。

昔ながらのセナカチ(背中あて)とロープで背負うのだが、重い!感覚的に35kgくらい。

 

この急斜面を5〜60mほどだが、とてつもなく遠く感じる。

スパイク付長靴でなかったら上げられなかったかも。

 

崩れた石を探し、これはここか?パズルのように合わせてみるが、なにぶん重さがハンパじゃないので大変。

しかしわが地区の匠たちは大工や土方はお手のもの。職人顔負けの技が光る。

 

だんだん組みあがって最終段階。

 

できた!

隙間のできた目地をモルタルで埋める。

でもここはクルマの来る場所ではない。

セメントや砂、水も道具も全部みんなで数百mの急傾斜を背負い上げた。

 

完成した祠にお神酒をあげ、みんなで記念撮影。

 

蚕玉様、それは100年近く前から50年間ほど主力産業であった蚕飼いの繁盛を祈念したものと思うが、同時にこの場所が大きな岩の上であり、この岩の形が繭の形に似ていたこともあったのだろうか。

その後、岩の下の土が地すべりにより削られ、岩は崖の上に大きくむき出しの状態となり、下部の集落の家に危険があるということでその半分以上が破壊された。

祠のある場所は昔どおりであるが、祠の裏には建立者としてわが祖父の名が刻んである。

723114

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/09/15 22:34

土谷祭り 本祭り〜相撲

土谷祭り、2日目は本祭り。そして勧進元主催の奉納相撲が行われる。

 

まずは土俵作り。

昨夜は観客席だった場所の砂を掘り起こし、土俵を作る。

 

一方では景品となる弓、矢、幟旗などを手作りで仕上げる。

これはボンデンだったかな?蔓を巻いて輪にしたものを作る。

 

年輩のため会議などにはあまり顔を出さなくなった大先輩も、これは自分の仕事、としているものについては責任を持って仕上げる。

 

そして午後、神社での祭事が終わると舞台では獅子舞。

夜と違い、なにもなくなった広い舞台で獅子は生き生きと舞い踊る、とな〜。

 

役員が店の手配をするのは夜だけ。

昼間はこの方、個人ボランティアで鳴り物やらポップコーンの販売機械やらで会場を盛り上げてくれる。当然子どもたちは殺到!ポップコーンちょうだい!

 

獅子が舞い終われば相撲が始まる。

小学生以上はマワシを締めてもらう。

他にも奉納相撲を行うお祭りはあるが、マワシを締めて大人の相撲までやるのはここ土谷神社だけ。

実は自分もかつては相撲を取り、笹ノ川という四股名までいただいてある。今年は久しぶりに四股を踏んでみようかとも思ったが、腰痛がなんとも不安でやめておいた。

 

まず土俵の中央に円錐形に積まれた砂の山をみんなで均す。

 

自分は呼び出し係をいいつけられ、その間に写真を撮っていたのでろくな画像はない。

大人の迫力はやっぱりすごい!見てると取りたくなる。

 

3人抜き。

画像左奥、土俵間際。勝負がつくと次の相手が蹲踞の暇も与えずかかっていく。

勝って安心していると横からでも次の相手が襲ってくる。なかなか3人抜きにはならないのである。

 

勝者は景品を担いで土俵の真ん中で四股を踏む。

これは矢を担いでいる。四股を踏むと同時に周りから声が飛ぶ。

ヨイショオーッ!

 

雨を危ぶんでシートを張りっぱなしなので暗いし、画像が青くなってしまうが降らなくてよかった。

この後は木を燃やし、名物のモツ焼き。

雰囲気も手伝ってこのモツは最高!こんなうまいモツはない。こんなうまい酒もない!

痛風もちなのにモツをいっぱい食べて、下戸なのに冷酒をいっぱい飲んで、さすがに後が辛かった・・・

いいお祭りでした!(^^)v

717362

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/09/14 21:53

土谷祭り 準備〜宵祭り

土谷祭りは雨祭り。それが相場だった。

それが9月の長雨や台風が去って、思いがけず天候に救われた秋祭りとなった。

 

9月12日、土曜日。朝8時から準備が始まる。

境内の草刈り、清掃から注連縄作りまで。

 

今夜の宵祭りを企画運営する奉賛会は、まず会場にシートで屋根を作る大仕事。

 

清掃当番に当たった地区の人たちは清掃が終わると注連縄作り。

 

立派な屋根と客席ができた。これで雨が降っても一安心。

 

さて夜。

宵祭りは夜7時頃から神事が始まり、8時過ぎから三番叟、獅子舞、そして奉納演芸に入る。

近くの公民館にわがバンドのメンバーが集まった。

 

そしてその頃境内では夜店が盛大に市を開き、振舞い酒、生ビールなども無料提供。

しかし横に花場が準備され、ご祝儀を受け付けている。

 

数年ぶりの素人演芸に客席もテンションが上がり、盛況!

 

トップバッターは子どもたち。

 

そしておたり吹奏楽クラブ。

8月の出来ではどうなることかと危ぶまれたが、なんとか・・・ごまかしのきくタイプの曲ばかり。。。

 

演奏楽しかった〜〜♪

下手でも、こんなステージもいい!

 

土谷伝統芸能といわれる八木節。

今年は久しぶりの素人演芸ということで、女性は三目笠、男性は唐傘でオオトリを勤めた。

よくやった!今年の宵祭りの地域一体感はすごい!

 

バンドのみなさまは公民館でかる〜く打ち上げ。

雨にも降られず、いいお祭りでした。

ん〜〜マンゾク♪

716547

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]