15/11/30 22:36

初雪とキノコ

今年は秋になってマイタケの榾木(ほだぎ)が届いた。

これを培養しているのは農協の山菜加工場。


ほどよく菌が回っている。

菌が回ると次第に白くなり、熟成すると茶色に変色していく。

 


それを土中に伏せる。

なるべく間隔を置かず、くっつけて伏せる。

マイタケは地中で手を組むらしく、くっつけて伏せると大きなキノコが発生する。

 


今年はキワダの実が豊作。

といっても特別な使い道もないので誰も採らない。唯一大町の方がこの実を採って「小谷産キワダ飴」を作っている。

 


27日、遅めの初雪が里にも降った。

去年は22日に地震があり、12月6日には根雪、そして大雪の年だった。

 


ナメコ!よくぞ!

この木は4年前に風で倒れたクヌギの根。

それを一冬寝かせ、春に菌を植えた。しかしその夏この木からなんと新芽が出てきた。

しまった!生きてたか。

ナメコは腐朽菌であり、生きている木からは発生しない。

すっかりあきらめていたら、3年たった今年の初冬にナメコが!

 


クヌギはナメコの適木。出るとなれば来年からはもっと元気よく出るかも♪

こうして地震のない今年は平穏に冬を迎えることができそう。

809285

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]