15/02/24 23:06

屋根がつかえた!

20日、久しぶりの大雪でついに土蔵の屋根がつかえてしまった。

21日、村内で老夫婦が落ちてきた屋根雪の下になり、妻が死亡という痛ましい事故があった。

22日、西日本では例年になく早い春一番、信州も温かい空気が流れて夕方からは雨。

 

屋根雪事故の直後ではあるが、とりあえずこの雪を切り離さないと屋根が壊れてしまう。

このまま融けてくれる保証はなく、このまま凍りついてさらに大雪が襲うかもしれない。

 

切り離したところから徐々に屋根雪は落ちる。

グッ、グッ、と音を発しながら、やがてだんだん音のリズムが早くなり、しまいにはザァ〜ッと一斉に落ちる。

 

機械が入らない場所なのでスノーダンプで両側の妻の方へ雪を落とす。

 

雪が融けてだんだん地震の爪痕が露わになってくる。

犬走りと道路の境の段差がずいぶん広がった。

 

今日は母を医者に連れて行く。

愛車が久しぶりに玄関先まで上ってきた。

それにしても雪が少なくなった。

1月頃はこの雪は夏中残るんじゃないかと、雪のない景色など想像もできなかったが、春一番の煽りで雪はグッと低くなった。

雪を融かすのは雨よりも温かい風。

春が来れば災害復旧、百姓、クマ、また行事や会議などもやたらと多くなって忙しい。

冬は雪の心配だけしてればいいんだけど・・・

でもやっぱり春の来るのはうれしい。

503717

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]