15/03/03 22:14

徐々に上り調子

画像なし(=^・^=)

昨夜のランは久しぶりに好調。

片道6kmの往復。

好調とはいえ所詮練習不足のデブが走ること、たかが知れている。

 

上り基調の往路は36分。どこが好調じゃ!kmあたり6分以上(-_-;)

雪の残る歩道に歩行者の足跡が残っている。ストライドはどのくらい違うのか。

試してみれば足跡半分くらいしか違わない。

おいおい、こっちは走ってるんだぞ!

 

がんばると以前は呼吸の方が苦しかったが、今は筋肉がついてこない。

課題は着地点を体の真下よりも前に出さないこと。

 

白馬農場から折り返し。

下りに少し元気を得た。

無理にスピードアップしようとはせずに自然に上がるのを待つ。

経験年数だけは10年あるので、どの程度のペースで走れば自然と上がるかはわかる。

 

ペースがのってきた。

身体の真下から押し上げる力が自然と腰高フォームを生む。

ようやくkmあたり5分前半のペース。これを速く感じるとはなんと衰えたことか。

 

最後の下り2kmは腕振りを意識。

いつも腕をたたんで走る癖をあえてヒジを伸ばして大振りにしてみた。

着地を腰の下にするのはそのまま。ストライドを稼ごうと足を前に出せばブレーキになるだけ。

 

復路は29分。少しのあいだkm4:30の風を味わった。

精進すればまだまだいけるか。最大の問題はデブ。


この1年間、走行距離は745km。

熱心なランナーさんなら2ヶ月で走る距離。

しかし、2月は112km。年間でもっとも走れた月。

 

2週間後、千曲川ハーフマラソン。

それまでにどれほど痩せることができるか。

どれほど距離踏めるか。

 

そのあとは、それから1ヶ月後の長野マラソン。

もう少しストイックにならななきゃ、自分を律しなきゃフルマラソンで地獄をみることに。

511182

 

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]