15/04/25 22:30

Reeよ!

17年前にもらわれてきた三毛猫Ree。

おばあちゃんが大好きだった。

寝るときはいつもおばあちゃんと一緒。

お腹がすくとおじいちゃんのところへ。

 

家で静養していたおばあちゃんをいつも見守り、いつも一緒にいた。

天国へ行ったおばあちゃんにおわかれ。

 

そして見守る。

おばあちゃんがもう一度「Reeちゃん♪」とやさしい声をかけてくれるのを期待して。

 

おばちゃんは静かに旅立っていった。

 

Reeよ、おまえもおばあちゃんだけど、今度は一人になってしまったおじいちゃんの支えになっておくれ。

おばあちゃん、安らかに。

 

89歳になった義母は自宅療養中、夫と娘と私の見守る中、静かに息を引き取りました。

いつも明るく、優しく、みんなに慕われたおばあちゃんでした。

お世話になった皆様に心より御礼申し上げます。

573182

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]