15/09/14 21:53

土谷祭り 準備〜宵祭り

土谷祭りは雨祭り。それが相場だった。

それが9月の長雨や台風が去って、思いがけず天候に救われた秋祭りとなった。

 

9月12日、土曜日。朝8時から準備が始まる。

境内の草刈り、清掃から注連縄作りまで。

 

今夜の宵祭りを企画運営する奉賛会は、まず会場にシートで屋根を作る大仕事。

 

清掃当番に当たった地区の人たちは清掃が終わると注連縄作り。

 

立派な屋根と客席ができた。これで雨が降っても一安心。

 

さて夜。

宵祭りは夜7時頃から神事が始まり、8時過ぎから三番叟、獅子舞、そして奉納演芸に入る。

近くの公民館にわがバンドのメンバーが集まった。

 

そしてその頃境内では夜店が盛大に市を開き、振舞い酒、生ビールなども無料提供。

しかし横に花場が準備され、ご祝儀を受け付けている。

 

数年ぶりの素人演芸に客席もテンションが上がり、盛況!

 

トップバッターは子どもたち。

 

そしておたり吹奏楽クラブ。

8月の出来ではどうなることかと危ぶまれたが、なんとか・・・ごまかしのきくタイプの曲ばかり。。。

 

演奏楽しかった〜〜♪

下手でも、こんなステージもいい!

 

土谷伝統芸能といわれる八木節。

今年は久しぶりの素人演芸ということで、女性は三目笠、男性は唐傘でオオトリを勤めた。

よくやった!今年の宵祭りの地域一体感はすごい!

 

バンドのみなさまは公民館でかる〜く打ち上げ。

雨にも降られず、いいお祭りでした。

ん〜〜マンゾク♪

716547

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0]