16/01/31 14:20

新しい時計♪

ランニングウオッチ買い替えるのは何度目かな?

GPSでは3個目。

GARMIN、EPSON、いずれも経年劣化で使えなくなり、ここしばらくはスマホアプリで計っていたがスマホの場合はGPSを使うと電池がもたない。

そこで奥様にお願いして(金を出すのは自分(^-^;))新しいGPSウォッチを購入。新品で買ったのは初めて。


こいつがEPSON SF-710S。

 

買うにあたってEOSON、GARMINをはじめ、当然たくさんの機種を比較した。


そしてこれが最後まで候補として悩んだGARMIN。

その中でEPSONを選択したのはなんといってもGPS駆動時間の長さ。30時間。

夏の登山を見越して、長時間使えるGPSと高度表示がほしかった。

ところが!

新しい時計が到着したその日にニューモデル発売のニュース。


これがニューモデルのSF-850P。なんかかっこいい。

まあ、自分は活動量計も心拍計も使う気はないからいいか。

 

で、昨日土曜日。

所用で朝大町まで来たついでに雪のないところを走れるかと思いきや、大町はすごい積雪。

今度の雪は上雪、南のほうが酷そう。

また戻って白馬で走ってみる。


GPS測位、なかなか正確。


加速度センサーなるものでピッチの速さ、ストライドの幅までが測定される。

そして1kmごとのラップはバイブでお知らせ。ピーピーとやかましくなくていい。

いい買い物したかな。

 

さてこの日のランは村中べた雪。水たまりもいたる所に。

それが解けてきているのでずっと砂浜ランの気分。遠慮のないクルマに2度ほど下半身びっしょりの洗礼を受けた。

後半はたっぷりとフルマラソン35km以降の気分を味わって、でもなんとか歩かずゴール。

 

そこまではまだよかったが、温泉に入った後ぐったり。吐きっぽくて動けず車の中で仮眠をとって休んでようやくの帰宅。

こんなんでほんとに長野マラソン走れるのかどうか。

 

最近長時間ランばっかりだから、そろそろ短距離のスピード練習とりいれるか。

グッズは有効に活用しなきゃ。

879695

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/01/24 17:10

小谷移住作戦

役場の観光窓口にこんな冊子が置いてあった。

内容も材質もかなりのスグレモノ。

これを作ったのは地域おこし協力隊のMさん。


表紙。おたりで暮らす

 


小谷をアバウトに紹介。

 


移住した人たち抜粋でを紹介している。この方は奥様が協力隊出身。

 


ご主人は小谷にある日本で唯一のアウトドアスクール、公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会(OBS)の出身。

 


この方は面識がないが、白馬乗鞍に移住して宿泊業をしているようである。

 

来る人にも出ていく人にもそれぞれの事情があることだろうが、移住してきた人たちは一生懸命。それも当然、この村に見切りをつけて出ていく人の半面、ここに住むからにはそれなりの糧を得なくてはならない。それは苦でもあり楽でもある。

 


小谷でで暮らすにはこんな風に。

 


そしてこんな環境が整っています。

 


されでは具体的に。

 


確かに夏も冬も美しい村。

自分も移住したくなった(^-^;

それらの想いが現状を打破できればOK。

忘れてならないのは、豪雪も地滑りも獣害も、その他悪条件もすべてひっくるめて小谷村だということ。

ここで生まれ育った自分は、幸いにして勤務場所を得て定年を迎えられた。あとは小谷の四季を楽しんで暮らしていく。

 

小谷村は地域再生に力を入れて地域おこし協力隊員を多く採用している。

彼らが何をしているかわからないとか、彼らのおかげで地域が明るくなったとか、村民の感触は賛否両論様々ではあるが、いろいろな面のエキスパートが集まる人材集団でもある。

 

田舎にあこがれ、様々な想いを抱く人が多いことは知っている。その想いと地元のしきたりなどとが合わず、うまくいかない場合もある。うまくいってるように見えても地元の住民が移住してきた若い人たちに道をゆずる場合もある。

でも大事なのはこの緑の山河に活気を保つこと。

故郷の廃家にはしたくない。

870062

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/01/17 18:11

初滑りー高森町交流会

1月16、17の土日、毎年の恒例である青少年育成会の高森町との交流会が行われた。

実は自分もこの日が初滑り。この雪不足にゲレンデの状態がちょっと不安だったが。。。

 


初めの会。

栂池が初めての人〜ときいてみたら意外と大勢!

毎年やってるのにわからないもんだ。

 


高森町の育成会からは昨年に引き続き、地震の義援金が贈られた。

そのたびに義援金を募るのも大変だろうに、ありがとうございます!

 


ゲレンデでは4人の5年生女子を担当。

この子たち、すごい素直!にこっと笑う表情がとってもかわいい!

そのたびに課題を与えながら滑ってみるが、な〜も変わらなかった。まあ、指導するほうも教え方も知らないから許してもらおう。

この子たちが二日間、目いっぱい楽しめてスキーが好きになってくれればそれでいい。

 


夕食。お宿さんが気を遣った大人でも食べきれないような量の料理をぺろりと平らげ、「手を合わせてください。いただきました!」

 


夕食の後はゲレンデでそり遊び。

スキー場管理の白馬館さんがこのためにナイター照明を点けてくれる。

 


雪は20cmくらいだろうけど、しっかり圧雪してあっていつにない絶好のコンディション。

そりで猛スピードで下る長さは100mくらい。豪華な遊びである。

 


ひっくり返っているのはオトナ。しっかり童心にかえってる。

 


事務局が準備したタイヤのチューブ。何人乗ってるんだ???

 

大人がチューブ目指してスライディングした画像を撮ってみた♪
あちゃー失敗!
https://www.youtube.com/watch?v=7iBe7aPsELg

見事成功!
https://www.youtube.com/watch?v=zr9TAevpyWk

 

翌日は山が全部見える最高の天気。


わが班の子どもたちは相変わらず素直。

フリー滑走!って言っても勝手に隊列を作って滑る。

楽なんだけど、何度か追突事故が発生したので「もうちょっと離れて、自分のイメージするコースを滑れ」と指示。

 


朝一の栂の森ゲレンデ。

北アルプスが眼前に迫る景色を見せることができてよかった。

でも子どもたちはあまり興味なさそう。

 


終わりの会。

みんないい顔してる!

夏はまたそちらへ行きます!

858872

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/01/11 13:49

千曲川に架かる橋

長野市近郊の千曲川には3~5kmおきくらいに長い橋が架かっている。

それは北側から、須坂へ向かう村山橋、Mウェーブ近くの屋島橋、千曲川・犀川双方の川を渡る落合橋、ホワイトリング東の関崎橋、最近長野マラソンのコースになっている更埴橋、長野インター北側の松代大橋、消防学校南側の赤坂橋、そして長野マラソン最南端の岩野橋。

昨日の日曜日に屋島橋から松代大橋をぐるっと堤防道路ラン。

いや、遠かった〜といっても24kmしかないのか。

長野マラソン完走はまだまだほど遠いなぁ・・・


関崎橋から北信五岳を眺める。

中央が飯縄山、その左に白く映えるのが戸隠主峰の高妻山と戸隠連山、右に黒姫山。

妙高や北アルプスは雲の中。

 


朝から不調。松代のコンビニでエネルギー補給。

これ、あてになるのかいな・・・

 


松代大橋には大きな真田のエンブレム。

 


北に向かうとちょい向かい風。自分の走る影を励みに頑張る。

15km付近、お約束の痛風発作が少々。やっぱり足をたたきつけると痛いのでここは競歩もどきの走法に切り替える。

 


この日はいたる所でどんど焼きの準備。

雪国で大掛かりにやるのが当然と思っていた感覚で見るとなんか寂しい。

 


更埴橋の上に菅平四阿山。

 


堤防の向こうに落合橋。

左に犀川が迫ってくるため、この堤防は落合橋で終わる。

この橋から下流へ1km足らずで千曲川と犀川が合流し、あとは千曲川として県境まで、そのあとは信濃川と名を変えて新潟市までの長距離を下る。

 


疲れた体は大豆島の湯ったり苑でゆっくりと休めることに。

夜に地元でこのくらいの距離をこなすのはなんとかなるのに、どうしてこんなに疲れたのか。

風呂から上がろうとしても体フラフラ、立ちくらみも激しくて、あわてずゆっくり1時間。

 

1月はあと20日。なんとか1月中に30km走を遂げたいもの。

日はどんどん過ぎていく。。。

851120

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/01/09 21:31

歳の神-どんど焼き

歳の神。賽の神?幸の神?

諸説あるようだが、せえのかみ。

今年は異常な雪不足。例年だと除雪機2台くらいで秋に立てた茅を掘り出すのだが、今年はかんじきで踏めば十分。

 


この日だけ使うかんじき。

 


1年飾ってあったわが家のだるま様。

去年の慶事は娘の結婚、息子たちの就職内定、地震からの家の復旧。

それらに感謝して両目を入れた。

それを茅と一緒に焚き上げる。

 


準備は明るいうちに地区内総出で行う。といっても8戸だけ。

 


雪が少ないのでその辺からかき集めて祭壇とお立ち台を作った。

 


祭壇にはみんなが持ち寄った道祖神とお神酒が進ぜられる。

 


点火!

今年の空きは北東、というようなことで北東側から点火。

 


書初めを棒で火の上に揚げる。これが高く揚がると字がうまくなるんだとか。

 

火が回ったら今度はみんなでお神酒で乾杯。

今年もよい年でありますように。

 


お立ち台から厄払いのみかん?をまく。

昔は厄年の人がこれをやったが、人が少なくなった最近は年男、年女、ほかになにか慶事などあった家庭でまくようになった。

まく物もミカンに限らず、お菓子、おひねり、雑貨など様々で楽しい。

 


子どもたちはモノが飛んでくると我先に拾う。これを見ているのも楽しいもの。

自分も今年は還暦なのでミカンをまいて厄払いをしてもらった。

 


火がおとなしくなったころ、持ち寄った団子を焼く。

この団子を食べれば1年間健康で過ごせるとか。

どうか健康で平和に過ごせますように。

849391

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/01/06 21:51

第28回定期演奏会画像

新年初ブログ。

本年もよろしくお願いいたします。

あまりにも雪のない冬!自分の記憶にはないくらい。観光立村としては災害とさえいえるかもしれない。

 

さて昨年11月に行われた吹奏楽団「山の音楽家」の第28回定期演奏会。

村のCATVスタッフが小谷白馬共同で多数のカメラを駆使し撮った映像が、小谷では正月にCATVで放映された。

ご覧あれ。


テキーラでは指揮者の先生が振り向いてテキーラ!と叫ぶ異例の企画。

 


会場であるウイング21ホールスタッフが照明を駆使してくれたり、バックスクリーンの映像を作ってくれたり。

 


ビートルズの絵は団員のお身内の方の手書き。
 


今回ソロ場面がやたらあった自分のスタンド。

 


地元のダンサーズが出演して盛り上げてくれる♪

 

当日はあいにくの雨ふり。

しかし入場者数はキャパ500人のホールに450人余り。ほとんど満員といえる。

ありがとうございます!

 

冬は自分にとっては比較的時間のある季節。

目下のところ春のレースを目指して体を鞭打っているが、秋に故障や吹奏楽で忙しかった体はなかなか戻らない。どころか年に比例して退化していく。

でもここは欲張って、冬は走るのもコソ練もしっかりやりたいもの。

年が明けてしまえば春はあっという間にやってくる。

845337

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0]