16/08/14 13:15

育成会の水遊び

暑い夏。今年も目いっぱい暑い日が続く。

そんな暑い夏に小谷村青少年育成会では3つの水遊び行事を行った。

 

まずは高森町との交流キャンプ。


高森といえば天竜川でのチューブ下り。

小谷では体験できないこの遊び、今回は小谷から子ども19人が参加。

そしてこの笑顔!

 

キャンプといえばファイアーストーム。

火とは不思議なもの。子どもも大人も火の前に集まり、何ともいえぬ一体感を覚える。


マイムマイム、ダンスにのって火のまぎわまで寄りすぎ!このガキどもは!

 


小谷の子どもたちは得意のケン玉の技を披露♪

 


二日目は魚のつかみ取り。

串を削り、魚を獲り、腹を出し、火を起こして魚を焼く。すべて自分で行う。

これが昼飯。

そして交流キャンプは終了。


二日後、今度は地元木崎湖でカヌー体験。いそがしいこっちゃ・・・

大町教育委員会のスタッフの方から説明を受け、いざ漕ぎ出す。


早くも1艘転覆。おーい早すぎるぞ。

ライフジャケットのおかげで大事はない。

 


ヨーソロ!

 


終わって早速水遊び。

そして焼肉。準備する役員さんは大変。


それから10日、第3弾は魚のつかみ取り。

千国会場と、今年は水のぬるい中谷会場を北小谷へ移動しての開催。

 

北小谷土沢。

この沢は名前に反して、いかな大雨でも決して濁らないといわれる清流である。

水温、透明度とも問題はないが、難をいえばやや水量が多く流れも速い。水量を調整できるバイパスがない。


魚を放してみる。

これ大丈夫かや?こりゃつかまらねえぞ、と言いながら。

 


それが意外と大勢の来場者。大人子ども合わせて70人余り。

広いと思っていた会場はたちまち人でいっぱいに。

 


こんな本気でかかるのは子どもばかりではない。

大人も負けじと捕まえる。

 


幼少の子どものために一部の方が小さな水たまりを作ってくれた。

ここへタモアミですくった魚を少し泳がせ、幼少に体験させる。

大勢に追い回され、泳ぐこともできなくなった魚も哀れではある。


これで夏休みの大きな行事は終わり!

暑くて好天の今年の夏、子どもたちの夏休みはいつもよりも長く、あちこち連れまわされる親たちは大変。

真っ黒に日焼けして、いい思い出いっぱい作ってほしい。

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/07 22:33

馬鹿の考え

長ネギ。

今年の作付けは200本。

途中何度か耕運機で畝揚げする予定で間隔を広く取った。


5月24日、農協から届いた苗を植え付ける。

 


6月21日、大きくなってきたが同時に雑草にも悩まされる。

左の通りは馬鈴薯。ネギ同様畝上げする予定。

 

ここで問題発生。畝上げ用の耕運機が動かない!


この画像は前年動いた頃のもの。

もっとも40年も前の機械である。動かなくても文句も言えん。ただ、ラセンローターがもったいなかった。

 

そこで馬鹿は考えた。一生懸命考えた。

まったく、馬鹿の考え休むに似たりとはよく言ったもの。

 

要はネギの白根の部分が長く欲しいから畝上げするのである。つまり日光から隠すことができれば土でなくとも軽いモミヌカでもよいのではないか。

事例を探してみた。

あった!美味ネギ君(うまねぎくん)

 


では早速。

7月11日、板を買ってきて柵を作り、その中へモミヌカを入れていく。深さはネギの分かれ目が隠れない程度。

 

のんきな自分が様子がおかしいのに気がついたのは8月6日。

 


ネギが腐っている!

しかもこの時点ではなにか菌が入ったか?と思っていた。

おかしいのを数本抜いてみるうちにようやく気がついた。モミヌカの当たっている部分だけが腐っている。

熱だ!

モミヌカは乾いているが生である。当然雨に濡れれば発酵し発酵熱が発生する。

こんな小学生でもわかることをどうして気がつかなかったのか。

まさに「馬鹿の考え休むに似たり」である。

美味ネギ君はハウス栽培であるから雨は降らないということを見落としていた。

 


元気そうなのも結構イカれている。持ち帰って切ってみたら内部も腐りが入ってしまっている。

 


スクランブル!で根元のモミヌカを取り除き、通路にこぼれたモミヌカも出来るだけ撤去したが、さてどのくらい助かるのか。悪くすれば全滅か、しばらく様子を見る。

ひと雨降った後、様子を見てよさそうであれば再び土で畝上げしてみよう。

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0]