16/09/25 21:50

かぼちゃ種採り

数年前から取り組んでいる種採り。

農協が推進し、うまくいけばいい金になるいわゆるハイリスクハイリターン。

高齢化、耕作放棄地の増加に悩む小谷村には正に「適地適作」といえるのかな。

国産の野菜の種子不足に悩む種苗メーカーは山奥に目を付けた。たしかに種を買ってもアメリカ産などのタネが多い。なぜ山奥かと言えば、作付け作物が少ないために雑交配の可能性が低いからである。

真面目に取り組み、よい種ができ、雑交配がなく、発芽率がよければいい金になる。しかしそれらの率が下がれば低価格、場合によっては収入0円となる。

 

昨年は接木用かぼちゃ、一昨年は白瓜に取り組んだ。


5月8日、農協から種が届いた。今年は食用かぼちゃ。

早速苗起こしから始める。


種を撒いて真っ先の潅水は酢の入った水を使う。

 


5月26日の画像。一斉に芽を出している。

カスミンボルドー(殺菌剤)散布。

 


6月4日、定植。

畑には2週間ほど前までにあらかじめ施肥(苦土、堆肥&金肥)を済ませ、マルチをかぶせてある。

しかしこれでは株間、畝間とも短いと農協に叱られる。そしてその通りの混み合いとなった。

 


6月26日、大きくなった♪

 


7月1日、上畦側が水はけが悪いと指導を受け、植えたのを1列廃棄した。発芽率の悪いものを少しでも減らすために。

 


7月2日、ここで殺菌剤を再度散布。

 


7月11日、花が咲き蜂が頻繁に通うようになる。この蜂はせっせと蜜を集めるだけで人を刺すようなことはない。

大切な受粉媒体である。

 


8月6日、赤い実がところどころに目立つようになってきた♪

 


同時期、やや病気気味、遅いかもしれないが殺菌剤散布。
 

 


8月27日、頃合いはよし!収穫を開始。

結実の密度は少なく、作業は思いのほか楽であった。

 


収穫量は3m四方のシート1枚分。昨年の半分以下である。

それからしばらく追熟させる。

 


9月18日、実抜きを始めた。ちょい遅気味か。。。
 

種に傷をつけないため刃物で割ることはしたくなかった。そこで考えたのが、かぼちゃ用の押し鎌の刃を付け替えて上向きに。その上をかぼちゃを転がして果肉部分のみを切るために、必要以上刃が食い込まないよう刃の両側に木の台をつけた。

これ、なかなかスグレモノ。

 


それを板の上でたたきつけると、こんな風に割れた。

 


そうして実の部分をえぐり、果肉部分は廃棄。実の部分はえぐった果肉がついたまま、一昼夜水につけておけば流水だけで果肉は溶けて流れた。これも去年のかぼちゃよりもかなり楽だった。

洗った種をしばらく水に漬けておくと一部は浮き、一部は沈む。この沈んだ種のみが出荷対象となる。

3分の1くらいは廃棄対象となったか。

 


出荷対象とした種は洗った後スタークロンG溶液で殺菌する。

その後は乾かす!

 


コンパネの上に蓆を敷き、扇風機で煽る。この種の量は去年よりもかなり多い。

 


数日乾かし、乾燥したら今度は唐箕で煽る。

さてどれだけのタネが残るのか。雑交配は?発芽率は?

そして¥¥¥?

今年は昨年よりもかなり真面目にやってるつもり。ハイリターンなるか。。。

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

16/09/19 20:59

唐松〜五竜岳

今年初めての山行。

夏の間はなかなか時間が取れないため、秋になる。

折からの山ブーム、週末や休日はどこの山も人だらけ。そこで先週木曜日、好天を予想して休みをもらう。

今回はトレランもどきではなく、「登山」の予定。昨年買ったきりしまってあったトレッキングシューズのデビュー戦。

実はヒモの結び方も知らないのだが、とりあえず足首は自由に動いた方がいいなってことで(^^;)

 

今回は唐松〜五龍へ行く計画、とはいってもろくにコースタイムも調べず、ゴンドラやリフトを使えば行けるだろうという楽観的な計画。

天気も、予報を見てこの日は晴れるがほかの日は曇りと賭けて出発!

朝一、八方からゴンドラ・リフトを乗り継ぎ、八方池山荘で登山者カードを提出し、8:50スタート!

 


扇雪渓。夏は多くの人がここの雪で休んだり遊んだりするのだが、今日は雪も人もいない。

 


ここだ!

3年前、足を傷めた場所。歩いている人の少し上あたり。

全く危くも険しくもないところ。しかし、危険はどこにでもあるもの。

その時の様子はこちら

 


登山道はこんな風に手間暇かけて整備してある所が多い。ありがとうございます。

 


唐松岳到着!2時間弱。

結局フルパワーで登ってきてしまった。

 


イワヒバリ!出迎えごくろう!( `ー´)ノ

しかし、雲は晴れない。。。

 


唐松山荘方面。天空の城!

 


不帰方面。白馬も見えず・・・

 


でも剱は少しだけ愛想を見せてくれた。

 


唐松岳を振り返る。

 

そして五竜への道をたどる。


すぐに牛首の鎖場がある。ここは下り。

 


どこを行けばいいのかよくわからない岩場。高くて怖い!ここに入ったことをちょび後悔。


 


霧があってよかった。見えたらビビッて動けなくなる。

 

下る下る、どんどん下る。せっかく登ったのに500mも下ってしまった。

そして登る上る、どんどん登る。


遠見尾根との分岐付近から今来た道を振り返る。

尾根の少し下、ややトラバース気味に上ってくる。

 

そして眼下、五竜山荘が見えた。意外と近い。


山荘を通り過ぎて五竜岳に向かう。

あの男性的な雄大な山が目の前にあるのに、見えないというのが何とも悔しい。

でも見えなくても山にいれば山でしか味わえない感覚がある。

 

山荘から30分ほど、頂上直下の岩場。

これは怖い!さっきの牛首よりも怖い。慎重に、慎重に。


ここは鹿島槍との分岐点。ここを右に進めば鹿島槍方面に向かう。

ここで会った男性と撮影交換。もう1枚、今度は私が・・・などとお決まりの撮影交換だが、後で考えてみたらこの人日本語じゃなかったな。

 


さあ、頂上だ。ここはギザギザの岩場だけど水平に行ける。

 


五竜岳頂上。風なく、気温も快適、ただ雲の中。

EPSONのランニングウォッチ、高度もなかなか正確である。

 


五竜からの下り、唐松がちょっと見えた。

 


いま登った五竜岳を振り返る。

また来ることはあるかな。。。

 

五竜山荘前でくつろいでいた泊まり組としばし情報交換。

さあ、急がなきゃ。テレキャビンに間に合わなくなる。


遠見尾根、遠い!こんなに遠かったのか。

しかも階段の多いこと、それに下りなのに上り坂が多い。ちょっと調査不足だったか。

とにかくテレキャビンにはなんとか間に合って下山〜♪


なるほど、こりゃ遠見尾根は遠いわ。

 

やっぱりいつかもう一度。

こんな絶景コースでただ雲の中、なんて納得できないっ!

今度は、遠見から登って鹿島、爺と縦走だ!まあ日帰りじゃ無理か。

 

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/09/12 21:04

高浪の池

いつのまにか、秋。

 

9月8日、山越えランに挑戦。

練習不足&不摂生&出ッ腹&年寄りetcetc・・・走れるのか???

やってみれば何とかなるもんだ(*^^)v


20kmジャスト。約2時間。最大標高差300m。

 

2日後の10日、土曜日。

午前中は保育園の運動会に来賓参加。来賓種目はじゃんけん列車。。。まったく、人を年寄り扱いしやがって( `ー´)ノ

ということで再び山越えランを企んだ。

 

一度だけ車で通ったことがある高浪の池。

距離を測ってみたら姫川温泉から9km弱。お、ちょうどよい距離♪ 

いってみよーかー!昼飯はもちろんヌキ、すきっ腹で出かけた。


最大標高差400m余り。

 

平岩からうんとこうんとこ4kmほど登ってきて、そろそろ峠に着かんかい!と思ってカーブを曲がったとたん、目の前にどーんと急傾斜!

うわ・・・萎えた・・・

ま、しょうがない、行くさ!

 


遠く、やや下方に見えるのはたぶん笹野(大網の奥)の集落。

 

でも出現した急傾斜から1kmほどで峠に着いた。


人間大のお地蔵さまが安置されていた。

お地蔵さまにお参りし、水をいただいて下る。

 

遠く見える川は小滝あたりかなあ。


峠から下る道はいきなり急傾斜。

帰り、ここ登ってくるのか。。。ま、なんとかなるさ!行け〜♪

 


途中、棒葉で風車を作って遊びながら行こうかと思ったが、さすがに秋の棒葉は固くてうまく抜けずあきらめた。

 

下りきってまたしばらく上るとこの展望台に出る。


眼下に高浪の池、岩山は明星山。今回は残念ながら雲の中。

 

池に着いた!


巨大魚のオブジェ。

「高浪の池巨大魚」の画像検索結果

浪太郎、出てこーーーい

休憩所、お土産店、宿泊施設もありくつろぐにはいいところだ。難をいえば↓


電波がない!

 

さあ、帰るぞ!

上る登る。がんばる。そして

下る下る。こんな急な下り走るのはロードでは初めてだ!

やっぱり下りは最高(^^♪

 

姫川温泉の公園でしばしクールダウンしながら散策。

 


足湯、という名目ではないが足湯ができる。

さわってみたら35℃くらいかな。かけ流し。

 

ここ、初めて入ってみる。

外の景色は川のせせらぎとローカル線を走る一輌。

風呂は広くはなく、設備もよくないがひなびた湯治温泉の感があって居心地が良い。

 


腹がへった・・・と思っていたらサービスで温泉卵が!じゃあついでに、とカップラーメンを買って昼飯。

走った満足感と、風呂の疲れと、おいしい温泉卵、とってもいい気持ち♪

 


温泉を流れる姫川は標高250mくらい。

あの峠は」650mくらい。よく行ってきたなあ、と自己満足。

山走りは平地よりも断然楽しい。登りの苦しさからくる満足感、下りの醍醐味。

さて次はどこの峠行こうか♪

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]