16/12/25 20:53

きのこ植菌-年末編

12月22日の糸魚川の大火災、焼け出された人々を思いながら迎える年末。どこで新年を迎えるのだろう。火元となったラーメン屋さんはいたたまれまい、賠償したくとも150軒もの喪失家屋や文化財の賠償ができるはずもない。これからどうするのだろう。お役所をはじめ、あらゆる機関は正月休みはなしだろうな・・・

みんなが辛い年取りとなった。察するに余りある。

 

今年も雪が少ない。もしかしたら去年より少ないか。

さて24、25日はキノコの植菌。

畑の邪魔だったクルミの木を切ったのでそれになめこを植える作戦。準備した駒菌は5,000個。

土蔵の庇にストーブと小さなテレビ。ご機嫌な仕事場である。

 

終わってみたら駒菌が2000個余ってしまった。かなり細かく打ったから木の量は4石というところか。

まだまだ畑のそばに邪魔な木があったので雪が少ないのをいいことに木こりに出かける。


ついでにちょっと水路修正。道を流れる水を安全なところで路外に誘導しないと地滑りを起こす可能性がある。

 

クルミを切った。意外と太い!

切ってみてびっくり。

水!蛇口をひねるほどの水。

これから極寒の時期に向かうというのに、この水の上がり方は春ではないか!

おそらく今年の暖冬のなせる現象なんだろうが、いずれにしてもこれではキノコの原木にはならない。水が枯れるまで枝をつけたまま放置するしかない。

 

あきらめてナメコの榾木の雪をはらってみた。

真珠があった♪

1238134

カテゴリ[ 田舎暮らし]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/12/19 22:01

奈良マラソン

奈良マラソン、と思いきやいきなり清水寺。

ここは京都の嵯峨嵐山駅の横にある日本一?のジオラマ館。将来ジオラマで身を立てたいと願う身は、関西へ行くならどうしてもここへきてみたかった。

確かに大きくて緻密で手の込んだジオラマだった。だけど自分の求めているものとはちょっと違う。

ということで早々に退散して奈良へ。

 


近鉄奈良駅から鴻池陸上競技場までは1km余り。観光もしたかったので貸し自転車を借りた。


ならでんフィールド(鴻池陸上競技場)。

マラソン前日の10日、土曜日。今日もな何か競技が行われたようだ。外ではたくさんのボランティアやメーカーやら飲食店やらが一大テント村を築いていた。

 

受付を済ませてマラソンよりも本来の目的であった観光に出かける。

中学の修学旅行以来の奈良、45年前のイメージを再現したかった。

 

先に本題。

奈良マラソン、コースはこんな感じ。鴻池から平城京、奈良公園、そして天理までの往復。

こちらに大会事務局で撮った昨年の動画があった。

 

一口で言って、とっても楽しい大会である。退屈しない、悲壮感もない、最後まで楽しく走らせてもらった。

自分が今まで出た14のフルマラソンのうち、最も楽しくて、最もきついコースであると断言できる。もっとも14といっても、ほとんどは長野マラソンで会場で数えるなら5か所しか言ってないけど(^^;)

 


まだまだ余裕。しかしここ一ヶ月まったく走れてなくて、みたとおり腹がこんなに出ている。

オールスポーツさん、ごめんなさい<m(__)m>


歩兵部隊(^^;)

 

天理教会ではぜんざいと吹奏楽で応援。ぜんざい、おいしかった。

同時に横で鳴ってるBrass!おう、これが普門館と甲子園で鍛えた天理高の吹奏楽か!と思ったら地元中学生だった。

しばらく走ればポチまんま(豚汁ぶっかけ飯)、しばらく走れば三輪そうめん、ほかにキャンディ、チョコレート、さらにあらゆるところで私設エイドがお菓子や団子まで配っている。

沿道の応援はオリジナリティがどこよりも強い。子どもからお年寄りまで自主的に応援しているのが伝わってきて、それがまたみんな明るい。

足の痛いのは気のせいです・なんてプラカードを掲げた女性がにっこり。

折り返して残り数km、奈良公園に入って来るとみんながおかえり!よくがんばった、もう少しだよ!って本当に楽しくて楽しくて。

コースはとんでもないけど、おすすめの大会である。

 


こういった撮影も高校生スタッフが抜け目なく声かけてくれた。

 


さて、土曜日の観光は。

まず、東大寺。


奈良ってわかりにくい。京都と違って多方向から入れるせいかな?

さすが東大寺は観光客でいっぱい。

しかし!これだけ人がいながら日本語が全く聞こえてこない。顔は日本人なのに言葉は不明。

大事な観光客なんだけど、なんかいらいらする。

混んでもいたので大仏殿はやめ。自分、こういう時は執着しないのである。

 


二月堂。ここも見たかったところ。

よかった。45年前と景色が変わってない。

 


若草山。上まで登ってみればよかったな・・・

 


猿沢の池と興福寺五重塔。

さすがにここは絶景だ。うっとおしい外国人もいなくていい感じ。

 


大仏プリン。なんか列になっていたので「地酒」というのを食べてみた。

こりゃんまいわ!でもクルマじゃないからこんな重いもの持って帰れない。

 

 

わずかの間の奈良。

古都の雰囲気は45年前とはずいぶん違うけど、今は今でいい街である。

また来られるかな。。。

1232506

 

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/12/12 21:42

家から見える山

家から見える山はこんなふう。

居間の窓の内側から北アルプスを望むことができる。


霧の海。

好天の日にはよく見られる。この霧は刻一刻と変化し、上がって霧となし、すぐに降りて海となし、そんなことを数回繰り返すうちに消えてみごとに晴れた小谷の峡谷が顕わになる。


霧の海の中、標高を100mほど下ると霧の下側が見える。

 

この山に名前をふってみる。


爺ヶ岳から右(北)は間違いない。問題は左側。

 


まず北から白馬岳。

白馬三山は白馬しか見えない。

 


そして北から不帰の嶮、唐松岳、五竜岳、鹿島槍ヶ岳とつながる。

 


更にその南に爺ヶ岳。

 

さて一番南に見えるこの山は何というか。

誰も教えてくれない。さもあらん、わが家から見える山の形はわが家のものでしかないのである。

クルマで動きながら山の形を研究したり、山岳地図に糸を引っ張ってみたり、ジオラマを見て研究しこれしかない、という結論に達し今ではほぼ確信している。


左奥の白いのが大天井岳と東天井岳、右の黒っぽいのが餓鬼岳と唐沢岳、まず間違いあるまい。

 


鹿島槍ヶ岳。こうして拡大してみると左が北峰であることがよくわかる。

 


五竜岳。左の方にトラバースしている登山道が少し見えている。

 


五竜岳の東壁。ここに山の由来である武田菱が現れる。

 


ひときわ高い唐松岳と右側の一帯が不帰の嶮。

唐松、2度登ってつい好天なし(/_;)

来年は・・・まずは鹿島、爺かな。

1226318

 

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/12/08 21:10

おたり吹奏楽クラブ第2回発表会

おたり吹奏楽クラブ。

結成して13年か。平成25年に10周年の発表会を行って以来、地震などの影響で3年ぶりの発表会。

なかなか役者がそろわないのであるが、ステージに乗ることができたのはひとえに長沢先生のお力。

それと今回は消防団ラッパ手の応援を得ることができた。


当日、最終の合わせ。

 


くつろぐ低音族。

 


だからこの音が・・・うん、そうそう・・・

 

その前に会場準備。


とっても几帳面(^^;) 棟梁の性だな、きっと。

 


お茶!山音さんにいただいたお茶と事務局提供の果物♪

 


お昼はみんなでお弁当。


 


集合写真を撮って、さあいきます!

 


 

さて今回の初企画、消防ラッパとのコラボレーション。

スーザの忠誠、この曲トリオが倍音だけで出来ていることははじめからわかっていた。しかし、原曲はラッパのA♭とはかけ離れている。

ある日トリオをA♭、吹奏楽と消防ラッパのための、とした楽譜を発見した。ここが出だしだったかもしれない。

 

ならば消防ラッパとコラボしようか!もうひとつ何かほしいな・・・

信号ラッパと吹奏楽がくっついたものはないかな?と色々な情報を漁っているうちに行きついたのが自衛隊!

陸上自衛隊が信号ラッパと一緒に演奏してるのがYouTubeでいくつもあった。このラッパメドレー、基本は同じで各部隊や場面によって少しずつ編曲や挿入曲を変えているらしい。

これいただき!似たものをアレンジし、しかし自分の編曲では知識も感度も鈍いので先生に最終的に作り上げてもらった。

かくて、この界隈では消防ラッパの有史以来初となる「消防ラッパメドレー」が演奏されることとなった。

 

消防ラッパ隊の入場に当たって、昔のラッパ長が「ラッパ手集合」を吹く。

 

勇壮なり!小谷村消防団喇叭隊。今回は12名のラッパ手が二巻ラッパを鳴らした。


客席で聴いてみたかった。どんな風に聞こえたんだろう。

 


退場。かけあーし、すすめっ!

ご苦労様でした。昔からこっそり抱いていた夢をかなえてくれてありがとう!

 


自分のEuphonium(ユーフォニアム)とラッパ手集合を吹いたボコボコラッパ(^^;)


後半はソロ&アンサンブルから。


お馴染みのCelloおじさん。そして「鳥の歌」

ひとりでじっくりと聴かせる。

 


A.saxとピアノはカッチーニのアヴェ・マリア。

音にこだわるソリスト、真剣である。

 


ちょいと背伸びしてみた「You raise me up」。

ユーフォとピアノの編曲であったものにASaxを加える。彼女はつい最近からのSax奏者。このわずかな期間にきっちり仕上げてきたSaxと、プロ級のピアノ、ただ一人自分が足を引っ張る結果となってしまった。

やっぱり背伸び。

 


高校生を交えたクラリネットアンサンブルは「星に願いを」

楽器紹介のつもりで軽く取り組んでいたのだが、アンサンブルとして発表することになり、きれいなハーモニーが完成♪

 


学校の音楽の先生。助けてもらった♪

 


よくぞこの短期間で!となりに上手なA.saxがいたから彼女には上達のいい機会になったか。

 


いつもしっかり支えてくれるバリトン。彼がいるととっても楽。

 


このホール!いくら吹いても響かない。ホールが悪いのか、自分の音が遠鳴りしないのか。苦しいステージだった。

 


高校生、伸び伸びと。上手♪


この親にしてこの子あり。血は争えないもの。

 

最期の曲は前回も好評だった「小谷小学校 校歌メドレー」

お客様に促しながら、先生も客席を向いて歌う。

今回の新発見。

北小谷小学校の校歌は5番まであるのだが、通常は1番と4番を歌うとのこと。北小谷出身の人たちに聞いて初めてわかった。

その名曲の4番を紹介してみる。

 

 雨飾山の雲晴れて 戸土大網に夏立てば

 学び舎の窓遠く 越路の海の波はるか

 雄大な姿 身にしめて

 永遠につとめ磨かん

 小谷のわれら

 

北小谷にはかつては糸魚川から入る戸土分校と姫川温泉の上にある大網分校があった。ことに戸土は長野県で唯一海の見える里として有名であった。

この4番はその分校を高らかに歌い上げている。詞も曲もすばらしい!

 


無事終了。ありがとございました!

 


団員と一緒にお客様を見送りながらアンケートを回収しているのは、今回お手伝いいただいたスタッフ。それにカメラマンがひとり。

小規模なステージはこういうときとっても楽。

 

この次やるときは・・・どうするかな♪

1222144

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0]