16/05/01 21:37

六左エ門古道その1.

 

六左エ門古道。

そういう道があることは聞いていた。毎年春にそこを通る行事を糸魚川市早川と小谷村の有志が行っていることも。

今年、初めて参加してみた。

 
今回通った全図。早川から小谷までの約20kmほどを、雨飾山の東側を通過して踏破する。

その昔、六左エ門さんという人がここを通って小谷温泉へ湯治に行ったとか。

 


朝3:30頃、早川の烏帽子の里を出発。

まだ暗い道、烏帽子岳と阿弥陀山のシルエットを見ながら歩く。

今年は異様に雪が少ないためかなりきつい行軍が予想されたが、そのかわり出発は例年よりもかなり奥まで車が入れたようである。

 


朝5時、日が昇る。さわやか気分で雪を踏みしめて上る。

 


右が鉢山、左が小鉢山。その間を通って行く。

 


左が阿弥陀山、右が烏帽子岳。ようやく烏帽子の形になってきた。

昨日降った新雪が歩く邪魔をする。

 


尾根に到着。

向こうに見えるのは雨飾山。

 


きれいな尾根。

今度はここから反対側へ下る。

とりあえず第1ステージクリア。

以後第2ステージからは試練の連続となる。

ー 続く −

970374

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0]