16/06/12 23:09

チロルの森

今年の土谷分館のうやすみツアーは

信州塩尻農業公園 チロルの森。

当初応募が少なかった感があったが、いつも通りバス1台満員♪

 


片道2時間かかると思えば当然車内もお楽しみ。

出発と同時に缶ビールが舞い、こんなすごいケーキが廻される。

 


トイレ休憩。

子どもたちはトイレに入ってサッとズボンをおろしてピッと排尿してさっさと出ていく。

早いこと!おまえら犬か?

自分が年をとって遅くなったとはいえ、自分が用を足す間に子どもたち5人が通過した。

 

さあチロルの森に到着。


すいてる!

まだシーズンインしてない?

 


汽車の形をしたトレーラー。これで園内をまわれる。
 


鷹匠がいた!

小さな鷹を腕に乗せている。お客さんの腕にもとまるように調教してあるようだ。もちろん腕あてと合図があって。

 


こちらはミミズクさん。きれい!

同じ猛禽類とはいえミミズクも調教できるのか。

 


ちゃんと飛んできて腕にとまる。

ミミズクは夜行性かと思ったら、昼間餌が口に入るなら無理に夜行性になる必要はないんだと。

 


動物たちもいっぱい。

アルパカさんは飽き飽きした様子で人間など見向きもしない。

 


馬に乗ってみた。

乗馬は何10年ぶりだろ。でもわずかな距離を引馬で乗せてくれるだけ。トラック1週分くらいフリーで走らせてくれたら面白いのに・・・

 


年寄りが遊べるところはあまりなくて、ほとんどの年配者は飲んで食ってただけ。

子どもたちは一日ずっと元気。楽しそう♪

 

でもやっぱり年配の人たちのことも考えなきゃいけないな。。。

ちょっと反省。

1013375

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]