17/02/05 22:25

冬の里山歩き

夏では考えられない、時間の空いた日曜日。

今度ヒマができたら・・・なんて考えていたこともいくつかあったが、いざ時間が空いてみてもそんなズクは出ない。

 

ふと山を見て、あ、立山登ってみるか!

曇り空で少し緩んでいるけれど、まあいいや。

スノーシューを持ち出した。


立山は西と東とのいわゆる双耳峰であるが、ピークは西側の矢印のあたり。938m。

ちなみにわが家は730m。

 


冬山らしい幾多の動物たちの足跡が野山にアートを描く。

 


あれ、意外と二本足の足跡も。こんなとこ歩く人いるんだ。

 


平均斜度30〜40度?と思われる急斜面を登る。まだ全総雪崩の危険はなさそうだ。

天気は緩んでいるが意外とパウダースノー。しかもがぶらない(沈まない)。ところにより表面が凍ってカチカチだったりする。


急登を振り返って見る。

スノーシューってスグレモノ♪ 急斜面でも深雪でも足が前に出る。

 


途中、振り返ればわが家がよく見える。家からも見えるんだから当たり前か。

 


雪庇が見えた。尾根だ。

木が多いので雪崩の心配は全くしてない。

 


稜線到着。向こうに見えるのは東側のピーク。

 

ここから直接ピークを狙うのは急すぎるので車道を行く。急がばまわれ。

車道は今登ってきたのとは反対側にある。


ピークが見えた!

 

到着!


頂上にはいくつもアンテナが立っている。これはNHKのアンテナ。

立山は小谷村の中央に位置し、低山とはいえ独立峰なので電波が設置しやすいのだろう。

ただ低山だけに木々が多く、せっかくの位置取りではありながら景観は望めない。

 

さあ帰るか。

登りは1時間余りかかったけど下りは30分もかからず帰れるだろう。帰って別府大分マラソンを見たい。

 

 


ちょっと近道。落ちてしまった。

 

帰りは快適に尻ぞり(ケツゾリ)。シュプールはおれのケツの幅。

そして12時ちょうど、帰宅。おもしろかった。

 

1263040

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0]