18/01/08 21:05

平成29年の百姓

さて半年も更新をサボっていたらブログの扱い方を忘れてしまって、思い出すのに少し苦労した。

遅ればせながら、本年もよろしくお願いします。

 

とりあえず昨年の農業の顛末を少し。

まず青春かけて取り組んだ白ネギ。準備段階はこちら

 


植えてしばらく、やがて一面の雑草に覆われる。

 


雑草を手で取り、除草剤を使い、耕運機でつぶし、その間に施肥、殺菌、この畝間を何十回歩いたことか。

そこへ追い打ちをかける去年の天気。

7月から3日と空けず降る雨。ただでさえ水はけの悪いわが家の粘土質。ネギの水耕栽培になってしまった。

 


それでも最高によい状態のときはこんな感じ。

予定ではこのあとまだまだ分けつして大きなネギの株ができるはずだった。

草は最初アカザとヒエ。

アカザは群生しないのと根が浅いので手で抜く。ヒエはナブ乳剤で退治できた。

一番苦戦したのはツユクサだった。こいつは節から根を発し、地中でも地上でも絡んでくる。そしてやがて小さなネギなど隠れてしまう。

このツユクサこそは手で取った。本来ツユクサの発生するような環境の畑にネギを作ることが間違いである、とは後でわかったこと。

 


そして10月末の大型台風。見事に全部倒された。

素人百姓が、それでも真剣にひと夏取り組んだ青春は無残な結果を残して終わった。

 


台風で出荷は無理になったとはいえ、食えないわけではない。

よさそうなところを抜いてきて少しでもマーケットに出してみよう。

カネの問題ではない。捨てるのはもったいないから。

 


皮むき器などないのでエアガンで皮をむく。

 


直売所でこのみじめなネギを敢えて立派なネギの横に置いてみる。

秋から年末年始に直売所やラーメン屋さんなどで利用していただき、2〜3万円くらいにはなったか。

タヌキを獲る前の皮算用では手取りで40万円くらいのっ予定だったのだが。。。

こんな状況にもかかわらず、農協の森技術員は山奥の畑に足しげく通い、丁寧な指導をしてくれた。そしてマーケットの紹介も。本当にありがたく、感謝に堪えない。

 

 

昨年に続き、カボチャの採種を行った。


種まき。500株ほどを5aほどの畑に作付けした。

 

苗の植え付けは根気仕事。

腰が痛くなるので腰を伸ばしながら、音楽を聴いての仕事。

 


夏、元気。

 


実が出来てきた。

 


初秋。実を割って種を採る。

水に洗えばかなりの量のタネが浮くが、それは捨てる。正直に水に沈んだ種だけを採る。

 


陰干しでしっかり乾いたら最終でゴミをとって出荷。

結果は発芽率96%、農協に誉めてもらってこちらは9万円近い収益。

 

 

玉ねぎ。

可もなく不可もなく順当な収穫。

 

 

馬鈴薯。


テントウムシが大量発生。葉はほとんど食われてしまったが、なんとか間に合ってイモは順当な収穫。

 

 

長いも。遊び半分で作ってみた。

時期が遅かったのでダメかと思ったが、少しできた。

真下に伸びないようにハーフパイプやタキロンを畑に斜めに埋けてその上に作付け。

小さな長芋だけど、味はgood!

 

ナス。今年はダメだった。

ナスもキュウリも接木のものは台木からもとの茎が出てきて邪魔をする。

来年からは接木はやめよう。

キュウリ、自分で苗を起こし、いっぱい作って山菜加工場に出荷した。

35円/1kgと非常な安価だが、それでも毎朝採ってひと夏1万円。

 

何といっても天気である。

そうでなくても陽当たりの悪いうちの畑。昨年の天気の中ではよく頑張ったと言うべきか。作物が。

今年はなに作るかな・・・未定。。。

1777743

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0]