19/11/25 13:31

穫り入れ

晩秋、穫り入れの時期を迎えた。

今年の素人百姓、そこそこ出来はよかったように思う。

当然出来の悪いものも。

 

キャベツ。雪中キャベツにしようと100株余りを栽培。栽培地は家の裏山の畑で標高760m、朝日だけがあたる畑。

昨年白馬高校で作ったときはすごくいいのができたので同じように作ったつもりだったが、結球しない!

10月中旬、結球がとろいのに不安だったがまだ間に合うかと期待してた。しかしその後一ヶ月、ほぼ進歩なし。


結球がいい方でこの程度。

雪中キャベツとして売るのはあきらめざるを得ない。

 


反面不思議なほど出来がよかったのが白菜。

去年もこの畑に作ったが去年はこちらが結球せず小松菜かと思うような白菜だったが、今年はなかなか見事。

 


中でも良さそうなのをいくつか葉をしばって雪中白菜にしようかと企む。

ただキャベツと違い、縦に成長したがる野菜なので少し木材での雪囲いをしよう。

 


黒豆。

畑が肥えていたのか、ツルボケしているのでだいぶ長い。でも実はそこそこありそうなので車庫の柵で天日乾し。

 

 

乾すこと約一ヶ月。ほどよくはじけそうになった頃を見計らって豆をたたいた。

 

大きなごみを取り除いた後は唐箕で小さなごみをとばす。

意外とあるぞ!選別しても5升くらいあるか。


豆をたたいた木は知り合いの暖炉の焚き付けに使ってもらうことにした。

 

大根。

あまり大きなものはできなかったが、総じて大根や株、野沢菜のような野菜は虫もつかず、病気にもならず出来がよかった。

小さいのだけ選り出して洗い、これはたくあん漬けにする。

 

雪もぱらぱらと舞い、順調といえる秋。

今年の作を思い返しながら、想いは来年の畑を駆け巡る。

2500893

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

19/11/25 09:18

樹液

 メイプルシロップ。

メイプルとは言わずと知れたカエデのことである。そのカエデから樹液を採り濃縮したものがメイプルシロップ。

それを数年前から小谷で挑戦していたのは元長野県職員の山口氏。

彼は何年も前から地主の許可を得て奥山に入り、カエデの樹液を採取してそれを生かす道を探っていた。

樹液は採れる。しかしそれをシロップに濃縮するのは相当の手間暇がかかる。

山口氏はカエデ樹液の甘さをそのままに、営業努力の末に原液で販売するルートを作り上げた。

 


中谷開発委員会で試作したメープルシロップ。

販売品としてマーケットに載せるには生産が追い付かず、試作品のみ。でもとても美味しい。

 


この大きなカエデは幹線道路から雪道を2km。多くの太いカエデの森がある。

山口氏はその急坂を何日も登り、背負って下り、すぐに捌けない分については冷凍保存していた。

 

考えてもみよう!

大きな木にトゲが刺さった程度の小さな穴を開けてわずかな樹液をいただけば、仕事のない冬場の貴重な収入源となり、特産品としても地域に貢献ができる。

自然を壊すことなく、栽培するわけではなく、天候にも左右されず、時間に縛られることもなく、農機具などの大きな出費があるわけではない。

 


今季は自分もやってみよう!

しかしわが家の山にはカエデがないためクルミでやってみる。

準備したものは穴を開けるためのインパクトドライバー、採った樹液を保存するためのストッカー、それに糖度計、ポリタンクなど。全部合わせても耕運機一台程度の費用か。

これから自分なりにつかんでいかなくてはいけないノウハウはあるが、まずはやってみるべし!

2493516

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0]