11/03/30 23:34

ヒカリモノ

店に鮮度のよい鰯(いわし)が並んでいたので、買って刺身にしました。

ヒカリモノはイワシ、アジ、サバなど刺身でいただく青い魚の総称ですね。

 

包丁を使わない手開き。

見た目はよくないけど手開きは小骨の多い鰯には有効です。

腹に自信のない者は食うなと言ったら誰も手を出さず1人で食べてしまいました。

うまかった〜

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/29 02:01

お酒は睡眠薬

今夜は仕事関係で飲んでました。

皆さん熱心!
飲みながらもずっと会議の延長から話題がそれることはなく、じじたちから老人パワーをいただいた思いです(^_^;)

帰って楽しみにしていた番組、日本の歌。
よ−し間に合った、あと10分、とチャンネルを合わせたのですが、はっ!と気づけばすでに3時間経過。
一曲も聴いた記憶がない、ということは5分もしないうちにおこたで熟睡してしまったようです。

あ〜しまった…録画しておけばよかった〜(ToT)

仕方なく、すごすごと…寝ますZZzz。。..

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/23 21:36

卒業式

富山に来ました。 今日は長男の大学卒業式。

 

富山名物、路面電車。

 

こちらでも熱心な募金活動。 会場内、いたるところで展開していました。

 

大学の卒業式ってこういう感じなんですね。 「学位記授与式」?

自分は大学行ってないし、長女のときは保護者は会場へ入れなかったので初めて見ました。

 

吹奏楽部後輩からの色紙と花をもらって気分よさそうです。

倅をここまで育てていただいた大学関係者やご友人のみならず、まわりの皆様には、本当に感謝します。

おめでとう!

 

帰り道、ちょっと道草しました。

通りすがりのガソリンスタンドの温泉?

 

こちらは糸魚川病院南側に開通している新しい道路と、新幹線のルート。

バックに青海黒姫山がきれいでした。

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/18 20:11

いつものように

このブログにそう書いてありました。

http://d.hatena.ne.jp/urakov/20110317

まったくそのとおりですね。

そう言えるだけの自分を創らなくては。

いやその前。作らなくては。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/17 21:50

雄弁

何気なく地震関連のページをめくっていたら、こんなのを発見した。

 

今日から仙台に引越してきたよー?(^^)/ (地震当日)
    ↓
知識ないけど1人で車を成約してきた!^^ (地震2時間前)
    ↓
我が家は新築なんで無事でした (地震直後)
    ↓
死んでたまるもんか 家族全員無事で助かって見せる (地震1時間後)
    ↓
しにたくない (地震4時間後、消息を絶つ)


シンプルなツィッターの短文・・・・

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/15 21:15

なごり雪

帰り道、降りしきるボタン雪を見ていたら伊勢正三さんのこの曲が浮かんできて、くちずさみながら帰ってきた。

避難所も今週は悪天候の模様。

日がたつにつれ、変わっていく報道内容。人間とは強いものだとつくづく思う。

 

 


 

今朝の大糸タイムス。

小谷小学校の浦野先生、先日スキーアーチェリー国際試合で見事優勝!

去年の長野マラソン50位。ありとあるゆる?陸上・雪上のレースを制する強者。

こんなすごい人が去年から小谷小学校にいると、私が知ったのはわずか半年前。

きっと小谷の子ども達に夢と希望と力を強く印象づけてくれることと思う。

 

 


 

先日、わが家の下にある雪崩止めの柵を目当てにまたまたスキーに来た人がいた。

五竜、八方をバックにパチリ!のつもりだったが光の加減で山は写らなかった。

2月の融雪で柵はかなりむき出しになり、要注意! 時間がなかったので詳しいこともきけず、滑りを見ることもできず残念。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/13 22:33

お蔭参り

一説によると日本では概ね60年に一度、数百万人の人間が動く祭があるという。

 

お蔭参りは、伊勢神宮に参詣する庶民の代表的な祭として、60年に1度行われてきたようである。

それが幕末は「ええじゃないか」に化けたのだろうか?

「世の中変わればええじゃないか 泥棒してもええじゃないか 間男してもええじゃないか 」というような歌を歌いながら、男も女も狂信的に踊り狂ったという。

これが1867年頃。

 

それから60年余り、日本は大きな戦争に国を挙げてのめり込んでいく。

1941年、太平洋戦争勃発。 今から70年前のことである。

 

♦ニュースをみていたら、アメリカのあるメディアによると、日本の耐震構造、丈夫な堤防、避難経路、日頃の準備や訓練が優れている、そのためにまだあれだけの被害ですんでいる、というような内容の記事があったようである。

 

♦従兄が水戸にいるが、今日ようやく一部電気がきた、と言ってた。経営してる会社はしばらく操業不可能だとも…。

 

♦専門家の話では、今後4日以内くらいに震度6クラスの余震が起こる可能性が70%という。

一刻も早い救出と救援を願うばかりである。

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/12 21:45

地震 2

東北地方太平洋沖地震

 

クルマのラジオでニュースを聞いたときは、地震か…・・くらいに感じていました。

まさか、ここまでの大災害。

被災者の皆様には本当にお気の毒なことです。

 

当然のことながら、本日のテレビ欄は空白です。

 

平成7年、豪雨災害では私も被災者でした。

規模は違いますが、被災者の気持ちはわかります。

 

最も情報が入りにくいのが被災者。

おそらく、いま太平洋側がどうなっているのかわからない方も大勢おいででしょう。

 

真っ暗な体育館に避難している大勢の方をテレビで見ました。

小さな子どもを連れたお母さんがいました。

空腹、寒さ、不安に耐えながら、そして家族の安否を思いながら、他の迷惑を考えて、子どもを泣かせないようにするのはどれほど大変なことか。長い夜であったことかと思います。

 

今朝はこちらの地震。

地震はきらいです。怖い。グラッと揺れると不安で吐きけがします。

寝ていられず、4時から起きて居間でテレビを見ていました。

 

今朝の地震で被害を受けた飯山地方、津南、松之山。

奇しくも私は昨日、飯山経由で十日町から松之山、松代まで行ってました。

 

松代では12,13日と 第24回 越後まつだい冬の陣. 「のっとれ!松代城」 という障害物レースを予定していましたが、地震のため昨日のうちに中止を決定しました。

一度、出てみたいなと思っていた大会です。

http://www.tokamachishikankou.jp/modules/gnavi/index.php?lid=326

 

まだ地震は落ち着きませんが、1人でも多くの方が救出されますように。

ご家族が無事でありますように。

1日も早い復興が成りますように。

病人の布団を剥ぐ手口の新手の詐欺が出ませんように。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/11 22:42

地震

被災地寒いだろな…
不安だろな…
不自由だろな…

察するに余りある(;_;)

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

11/03/03 00:23

小谷温泉〜スキーの歴史・写真集

仕事の関係で小谷温泉に行ってきた…が、仕事とは関係ないハナシがほとんど

オーナーの山田誠司氏がいろいろと資料を整理してあった。

小谷温泉の先々代、誠司氏の祖父、山田寛氏は小谷・白馬のスキーの草分け。生前、私も多少話をきいたことがある。

 

まさにローカル大会の歴史! なんと昭和18年。

 

この一本杖スキー画像はは、レルヒ少佐が日本にスキーを伝えた頃からあまり時間のたってないもの。

 

小谷温泉の裏山からの画像。

 

山田寛氏と令夫人。

 

左から3番目、山田寛氏。

 

山田寛氏のスキー写真。

注目すべきは、踵の離れるスキーでこの動作と安定感。技術レベルの高さが窺い知れる。

 

山田誠司氏。

小谷村のキーマンとして忙しい日々の間に、こうして小谷温泉の嫡流として歴史を守り、育んでいる。

 

小谷温泉遠景。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]