12/06/26 23:04

研修

さてここはどこでしょう?

 

公園の一角に建てられている早春賦の碑。

その下にはこの地にちなんだ早春賦の作詞者、吉丸一昌の写真が。

 

大町文化会館。

昼間こうしてゆっくり公園を眺めることはなかったな。

今日、明日は隣のフレンドプラザ大町で終日研修。

一日座ってることのなんと眠いことか・・・・

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/06/21 23:39

庄屋宅

小谷村大網地区。

かつて武田、上杉の争いにおいて、この信越国境は常に両勢力に翻弄されていたことと思われる。

今も残る名家、という表現がいいのかわからないが、大網の武田家、そして姫川を挟んで対岸の集落、糸魚川市大所(おおところ)の山岸家。

戦国時代が終わり徳川の世になってからは、この両家が信濃、越後の南北の守りをしていたのではないかと想像する。

 

大網の武田本家。仕事で伺った。

今はおばあちゃんが一人で暮らしている。

 

高い壁、天井の梁、名家にふさわしい作りになっている。

とはいっても大網は一度大火に見舞われているが。

 

長い槍が3本。初めて見た。もちろん届出許可あり。

ただし穂先ははずしてあるそうである。

大きな家である。

 

武田姓でありながら不明な点がひとつ。

武田、ということは甲斐武田氏の姓に違いあるまい。また大網には仁科姓もあり、これは信玄の五男仁科五郎盛信の姓を受けたものと聞いた。

この人たちが武田一族の血縁かは知らない。

 

小谷にはかつて小谷五人衆、あるいは七人衆という庄屋があり名字帯刀を許されていたという。

五人衆とは山田、田原、太田、横澤、山岸、そして太田、細野が加わって七人衆である、と聞いた。

いま小谷で暮らしている嫡流は山田、太田が残るだけであろうか。

 

そのなかに武田家がなぜ入ってないのか。

ささやかな疑問にいくつか想定することはあるが、同和問題もありふだんは自分もあまり話題にしない。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/06/20 22:21

瀞(とろ)。

先日走ったときに見つけた北股川の大きな瀞。

山の音楽家の演奏・清掃の後、少し時間が空いたので3人で行ってみた。

 

川幅は狭いが、それだけにこの水が流れる様は迫力満点!

 

その瀞の上、一番川幅の狭いところに小さな吊り橋が架かっている。

おお、迫力!

ちょっと危ない感じの吊り橋であるが、しっかりしているのを確認して渡ってみた。

 

上流はこんな感じ。

 

こんなことしてていいのかな・・・・

正直言って、

おもしろい!・・・・子どもだな・・・・・

でも楽しかった〜。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/06/16 20:51

オダマキ

オダマキ、「苧環」と書くようである。

名前の由来は機織り道具からきているとか。

 

以前母が種をもらったが紛失してしまいがっかりしていたら、ある日縁側の下で咲いていた、というストーリーつき。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

12/06/11 22:11

対酒当歌 人生幾何

酒に対しては当に歌うべし、人生幾何ぞ
譬(たとえ)ば朝露の如し、去りし日は苦(はなは)だ多く
慨して当に以て慷すべし

 

よくわからないが、要はくよくよするな、と。

過ぎたことを思っても悲憤にくれるだけ、酒を飲んで大いに歌え、人生など幾ばくのものか。

というような意味らしい。

 

三国志の英雄、曹操の詩である。

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]