14/03/31 23:17

定年退職

定年退職。

そんな言葉はまだまだ他人事だと思っていた。いや、数年前からわかってはいた。しかし実感はない。

 

本日3月31日をもって39年間勤務した農協を退職した。

小谷地区支所の皆さんにいただいた花。

思えば長い農協生活だった。

生活の配送業務から始め、燃料、八百屋、魚屋、山菜加工、共済、営農、金融、つまり一通りこなしたということか。

その割に自信の持てるスキルは何一つない。

 

勤務場所も、南小谷、森上、白馬、栂池、中土、山菜加工場、営農センター、北小谷、小谷白馬の施設はほとんど回っている。
その割に自信の持てる地域はどこにもない。

 

途中恋愛あり、結婚あり、道楽あり、悲報あり、災害あり・・・

 

今朝は小谷地区の朝会で全員にあいさつする機会をいただいた。

そして夕方は本所で理事者以下幹部による送別会を開いていただいた。今回定年退職となるわずか二人のために。

本所に勤務する職員全員による送り出し。感激した。

 

酔っ払いではあるが、帰って仏壇に報告とお礼。

長年無事勤務させていただき、お守りいただいたことに感謝いたします。

 

組合長からは、春の村議選に出馬し地域に尽くせと、餞をいただき自分のような若輩者に過ぎたる言葉、ありがとうございます。

明日からは村の農林係としてお世話になります。

 

今まで支えていただいた皆様に、無事農協生活を送ってこられたことを感謝報告いたします。

ありがとうございました!

そして今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

248885

 

カテゴリ[ 一般]   コメント[2 ]   トラックバック[0] 

14/03/27 21:01

スペインみやげ

卒業旅行と称して仲間とスペインへ行って来た倅。

なんだこりゃ!というほどお土産を持ってきた。安かったから、とか言いながら。重たい物ばっかり(-_-;)

 

向こうで気に入ったワイン、リオハを自分で開けている。

 

オヤジはサングリアとかいうものを賞味。

赤ワイン。飲み飽きない味・・・かな。

 

ついでに試してみたGO!くん提唱の「雪解けジャック」

これ、うまいわ!

倅も気に入った様子。

246928

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/03/21 11:15

次男の卒業式

昨日、次男の大学卒業式。

先日、卒業できるのか?と送ったら、できる!と返ってきた(^_^;)

晴れ男には珍しくあいにくの雨の中だが、かあちゃんと久しぶりのドライブ♪

 

学生の合唱団による学生歌に続いて、学生オーケストラによる記念演奏が披露された。

狭いオケピットに50人ほど。3本のHORNがきれいなソロを奏でていた。

ドリーブの「バレエ組曲シルヴィアから狩りの女神」。

 

卒業おめでとう!

そしてあと2年か・・・がんばれ!

 

帰ってささやかに乾杯♪

おつかれさんっ(^^)v

244276

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/03/18 14:50

中土の春

陽春の中土。

3月の卒業式を迎えるこの時期、中土にはいっぱい陽射しが降りそそいで分厚い雪の層を表面から、地面から融かしていく。

今はもう母校の校舎はないけれど、景色は変わらない。

そこに立つと自分たちが子供のころの歌が聞こえてくる。

 

どこかで「春」が 生まれてる
どこかで水が 流れ出す

どこかで雲雀が 啼いている
どこかで芽の出る 音がする

山の三月 東風吹いて
どこかで「春」が うまれてる

 

白岩から小谷温泉方面。

遠く天狗原山。もう少し高いところから見れば火打の秀峰が見える。

 

廻り淵。今は瑞穂の区に含まれる。

斜面から雪は消えて平らな畑や田んぼにだけ残る。

春はもうすぐ。

 

大渚山。

小谷温泉の山田誠司氏が主宰の春スキーのメッカ。

 

つい先日、快晴の空の下で大渚山大滑降が行われたばかり。


(画像は平田さんのFBからお借りしました)

 

中土の郵便局。

クルマの中から撮ったので乱反射してるが、とても地域によく合った景観。

 

一転して今日は雨。

これでまた春が一歩近づく。

242649

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/03/08 00:05

おおまぴょん

おおまぴょんとはこんなのです

大町市のイメージキャラクター。 その正体はカモシカ。

この何とも言えないヌケた感じが好きです。

 

明日は大町へ嫁いでいる姉が家をリフォームしたので、それを見学がてら母を連れて行ってきます。

ついては何か手土産はないかということで、栂池のポルカさんにお願いしておおまぴょんの大きなパンを焼いていただきました。

製作者はちょっと顔が大きくなっちゃったけど・・・とおっしゃいますが、なかなかどうして、よく似たいい雰囲気が出ています。

姉のところは小学生くらいの孫が3人いるのできっと喜んでくれるでしょう!

237979

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]