14/04/15 21:57

バランスチェア

仕事が変わって事務仕事が多くなり、同時にやってきた腰痛。みんなよく平気で一日座っているなぁ・・・

イスを変えれば治るかと、気のきいたイスを探してみれば10万、20万!

そんなお金はありません!

 

以前からこれならいいかな、と思っていたバランスチェア。

1万円余りを思い切って買ってみた。

明日から試してみよ♪

はてさて結果は如何に?

254453

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/10 22:38

まじめに

新しい職に変わって10日が経った。

入ったときは何をすればいいのかもわからず、環境も調整中の部分があったりしてなかなか落ち着いて仕事にはならなかったが、今はそれなりに山積みの仕事を抱えている。

 

それをこなしながら、初めてのPCソフトに振り回されながら、調べ物のやり方などを教わりながら、だんだん要領がわかってくる。

それは与えられた仕事のほんの一部であることもわかってはいる。しかしこれもやらなければならない仕事。

正直、自分のやっていることが早いのか遅いのかわからない。でもこいつを早く片付けて自分が首を突っ込んでいきたい所もある。

 

一日座ってPCばかりにらんでいると、腰が痛い、目が疲れる。

でも腹は減らない、喫煙量も減った。

 

この職に就く前からわかっていること、というか自戒していること。

それは雇っていただいている身分である、ということ。

この就職難の時代にPCの達者な若い人はいくらでもいるはず。にもかかわらず多少地域のことがわかり、分野も経験があるというだけで雇っていただいた。

こんな役にも立たない年寄りをなんで入れた!と思わせたら申し訳ない。

仕事はもちろん、身だしなみや時間など3月までとは比較にならないほど気を遣っている。

今までと違い監督する立場ではなく、監督される立場なのだ。ちゃんと仕事しなきゃ!

 

もう少し慣れて周りが見えてくれば自分がどんな存在なのか、客観的に見えてくることか。

正職員は責任はあっても異動すればまた新しい担当がやってくる。それが慣れるまでの穴埋めも自分たちの重要な仕事となってくる。

業務は滞ってはならない。

早く「一人前の嘱託」にならなくては。

252016

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/06 20:22

三十三回忌

昭和57年に亡くなった祖母。

昨日三十三回忌の祀りを行った。

 

祖母は機織りでは名の知られた人。自ら蚕を飼い、糸を紡ぎ、紬を織った。

おばあちゃん子の自分はいつも機織り部屋に出入りし、はたご(機織り機)に登ろうとしては叱られていた。

 

 

掃除したお墓にうっすらと雪化粧。

 

ごく近い身内が20人ほど集まり、自宅で法要。

しかし時代は過ぎ、祖母の薫陶を受けた人も少なくなってきた。

 

法要後の御斎(おとき)は祖母ゆかりの小谷温泉。祖母が最も大事にしていた山田旅館である。

こんな機会に久しぶりに顔を合わせる人たちが旧交を温める。

 

三十三回忌は「おめでたい」行事だそうである。

でも自分たち、知っている者たちの記憶から祖母の姿が消えることはない。

250580

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/04/03 20:22

再就職

新しい職場にお世話になって3日経った。

抜けない。前の職場の気分が。

どうしてもまだ、前の職場からちょっと打ち合わせか調べものに来ているような気分。

 

回りはみんな忙しそう。

本来あるはずのスキルを身に着けきれなかった自分は勉強が忙しい。

 

みんながパソコンに向かい作業中。

傍からはこいつら仕事してんのか?と見えるだろうな。

自分もパソコンに向かう。・・・忙しい。

職場のLAN環境にちょっととまどった。

 

今日は会議。

いずれ自分が仕切らなくてはいけない集まり。

参集者の意見を聴きながら感じることはただひとつ。

この分野に精通しなくては!

それが今求められるスキル。

 

がんばる。

249859

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]