14/06/26 23:02

雨中バイパスの行方は・・・

小谷村雨中地区。

北陸信州間の大動脈ともいえるこの産業道路はあまりにも無防備。

大型輸送車が最も多く通過する夜7時から夜半。近隣住民は道路も渡れず、騒音で話も出来ない。

これだけ交通死者がありながら改善されない道路もめずらしいのではないか。

 

さて数年前から持ち上がっている雨中バイパス論。すなわち木曽のように別にトンネルを掘って、この道は産業道路から脱皮するというもの。

そのイメージが公開されたので現在の状況と比較してみる。

 

燕岩。北側入り口。

現状。

 

改良イメージ。

 

南側出口付近、現状。

 

イメージ。

北から来る道路はここでトンネルから出て現在の国道と並行して姫川を渡る。

 

上図の続き。姫川を渡る。

 

上図の橋を南から見る。

下図イメージにある2車線道路は国道から分かれて南小谷駅方面にアクセスする道路。

 

トンネルを抜けた道路が現在の国道とつながる場所。

 

公開されたからにはこの図面でほぼ決定かとは思うが、時間はかかる。

賛否両論、また別の案もある中で、地理情勢や費用の関係もあってこのようなかたちになったことであろうか。

 

小谷は平地がない。

広くてカーブや傾斜の少ない道路を作るにはどうしてもトンネルや橋を通過させるしかない。

当然カネがかかるが、なんとか早く今の交通事情を改善してほしいもの。

284884

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/22 20:01

消防大会

今日は小谷村消防団のポンプ操法大会。

自分が団長をしていたころから早10年が経つ。

今日は青少年育成会の行事があったので消防大会は欠席した。そこへ夕方メール!

「小型ポンプ操法の部、第4分団優勝!」


(画像は過去の大会のものです)

自分の地域である第4分団が優勝!何10年ぶりか!これはうれしい。

そして優勝した分団は2週間後に行われる大北大会の村代表となる。さらにそこで優勝すれば県大会代表となる。

今日の大金星に、今頃彼らは大騒ぎの祝勝会をやっているはず。

 

消防にはもうひとつ、ラッパ吹奏大会がある。

かつては村の大会でも分団ごとの吹奏競技をやっていたが、今年は競技ではなく大北大会に備えて練習した内容を発表しているようである。


(画像は過去のものです)

ひと夏の熱い汗を流し苦楽を分かち合えるポンプ操法と、出役日数は多いがマスターするのに数年かかり経験者も少ないラッパ吹奏。

その辺のジレンマがラッパ手たちの意識には強く残る。

自分とてラッパだけで過ごした消防団員時代、何度も口惜しい思いをした。

 

ともあれ、次の大会は目前に迫っている。

今夜は浴びるほど飲み、明日からはまた減点0をめざしてポンプもラッパも練習に熱が入る。

がんばれ!小谷村消防団!

282611

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/18 22:49

うちわ

手作りうちわ。

自分で竹から作り、デザインも書くのも自分。

 

母は短歌会に入っている。

会員のひとりが全員のうちわを作ってきてみんなにプレゼントしたのだと。

会員の過去に提出された短歌から一首を選んでうちわに書き、それにあったデザインを作る。

楽しいだろうなぁ。

自分の感性で、選ぶのも、作るのも、書くのも、そしてなによりその人の個性を精一杯表現してみようとする作業。

もらった人たちの笑顔が見えるようである♪

280593

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/13 20:52

夏といえばアユ!

と気取るわけではないが、帰ってみると農協の食材で届いていたアユ1匹。

毎日おさかな♪

 

鮮度はそこそこよさそうなので、生でいただくことに。

包丁の先でうろこを落とし、塩で表面のぬめりを洗い落とす。

アユは水中の石に生えたコケを食べるので、内臓ごと食べるのがセオリー。

骨が柔らかいサカナなので薄く輪切りにしてお造りにするのだが、なにぶん切れない包丁ではこの厚さが精いっぱい。

 

さあ、明日はどんな魚が?(゜))<<

277537

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/12 22:35

ひょんなことから今日釣ったばかりのアジをいただいた。

う〜ん、新鮮!

 

今夜は雨もやんだし少し走ってから帰ろうか、と思っていたが新鮮なアジをほうっておくわけにはいかないではないか!

帰って早速調理。

う、、包丁が切れない・・・なんの、腕でカバーじゃ!

 

せっかくの新鮮なアジ、半分は刺身、タタキにして生でいただく。

ネギがなかったので分葱でごまかし、大根がなかったのでケンにもならず、キュウリで枕を作る。

ま、こんなもんだろ。

 

生姜醤油でいただく。

ん〜〜〜うまいっ!

 

しかし。。。

久しぶりのアジのタタキよりもソーメンの方がうまいとはなんたること!

276896

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/06/06 21:47

植樹祭

大北地区植樹祭。今年は5年に一度の小谷会場。

参加者550人、植える苗800本。

降らなくてよかった〜。降ったら後で職員が800本の苗を植えなきゃならないとか。

 

開催日2日前の準備で特に大きな樹を植える穴をあらかじめ掘る。

石だらけ!汗だく!

 

心配された天気、かろうじての曇り空にスタッフ一同胸をなでおろす。

子どもたちはコモにくるまれた大きな塊の苗木を丁寧に?植えている。

 

植樹の前、開会セレモニー。雉の放鳥が行われた。

一斉に放された10羽近くの雉、うまく飛ぶことができず走って逃げる鳥になんとか飛ぶ鳥、雉はもともとあまり飛べる鳥ではない。

これは少し飛んでみたが失敗して会場の中心へ不時着した雉。


(画像は福島さんのFBからお借りしました)

 

今年から長野県で7月第4日曜日が「信州 山の日」に制定された。

今回の植樹祭はそのアピールも兼ねている。

 

お昼。子どもたちは待ちに待ったお弁当の時間。

事務局が大きな寸胴鍋ふたつに作った豚汁はきれいに終わってしまった。

哀れにも豚汁にありつけなかった子どももいた様子。

 

会場のアトラクションで来ていた白馬のアルプホルンクラブが吹奏体験をさせてくれた。なかなかうまくは鳴らないもの。

ちなみにこのアルプホルン、会員たちの手作りである。

 

このあと子どもたちはゴンドラで栂池自然園へ。

一緒に行った大人たちは寒くて震え上がったそうな。

 

そして森林組合や行政のスタッフは植えた苗木の再点検。

しっかり植えてあるのもあれば、ただ置いて土をかけただけのもあったそうな。

274482

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]