14/11/29 19:46

小谷絶景

大地震に襲われた村の風景だが、遠景はいつもと変わらず美しい田舎風景。

小谷村の景色の美しさはその深い谷にある。

眼下に伊折地区、姫川は北に向かっている。

 

大久保地区から見るアルプスの絶景。

このすぐ上に眺望の里がある。

 

冬と年末をひかえて住む家を失った方には本当に気の毒である。

yellowcardを貼られたわが家にもいっぱいお見舞いの言葉やら物資やらをいただいた。

ありがとうございます。

余震の不安から逃れ、みんなの生活が安定し、早く平穏な日が来るように祈る。

406088

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/11/27 23:34

小谷の惨状

地震から5日。

日が経つにつれて表面化してくる被害の状況。

白馬の倒壊家屋に集中していた報道もだんだん小谷の状況やボランティアの活動などを取り上げるようになってきた。

 

今回の地震で最も被害のあったのはおそらく小谷のこの谷。

遠目には風光明媚な平和な田舎の景色。白馬のようなはっきりした倒壊家屋も見えない。しかし・・・

 

地すべり、というよりもひと山落ちてきたという規模。

この奥へ続いていたはずの道路はどうなってしまったのか。

それに押されたこの家の惨状はその画像を載せるのがはばかられる。

60度に傾いた向こうの杉林。

 

地割れ&地滑りの道路。地震のときは変形する状況が違うようだ。

 

この小屋はどうなっているのか?ああ、二階建てだったのか。

訊いてみた。

いや〜、本当は三階建てさ、とその人は笑っていた。

 

あまり壊れることなく傾いた土蔵。

 

石垣の多いこの地区はシートに覆われていた。

 

日が暮れて大きな投光器で照らされる地すべり現場がある。やはり杉の木がもじゃもじゃの髪の毛のように入り乱れて倒れていた。

その下には大規模な鋼製枠が詰まれてひとつのダムを作っている。

このダムを作ったとき、多くの人がこんなもの何のために作るだ?と首を傾げたと聞く。

しかしダムはその機能を如何なく発揮した。残念ながら。

 

村の東側に圧倒的な力で猛威を振るった地震。わずか数秒。

それなのに西側にほとんど被害はない。

白馬山麓のスキーエリアを抱える西側。村民は多かれ少なかれスキー観光にたずさわったり、関連事業に勤務したりしている。

白銀のリゾートは健在であることを、そしていつに増して安全性に力を入れて準備を進めていることを、みんなが呼びかけている。

404015

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/11/25 23:58

長野県神城断層地震

24日、長野県の命名は「長野県神城断層地震」

3日目の今日は余震もだいぶ収まってきた。

対応も次第に安定し、いたるところに行政の調査が入る。同時にいままで見えなかった被災箇所や家屋がどんどん表に出てくる。

 

土谷川対岸、旧六合地区付近の大崩落。幅100m近くあろうか。

この現場が見える位置の家の方は、すごい音がした、と言ってた。

 

県の調査団が特に被害の強かった地域の家屋の調査をした。

家に張られた紙の色は赤、黄色、青の3色。

目安ではあるけれど、赤い紙を貼られる家は実際住める状況ではない。

 

わが地区の断水は回復せず。

水源は歩けば半日かかるちょっとした登山コース。その長丁場を担当は毎日行ったり来たりしながら必死の復旧を試みるが、被災箇所が多岐に渡るため思うように水が出ないようである。

 

今回早かったのは災害救助法の適用。

おかげで全国から救援部隊や物資が入ってくる。親戚知人などから「なにか必要なものはあるか?」と訊かれても、2日目以降ほとんどはフォローされている。

役場窓口に並べられた救援物資の一部。行政の手配だけでなく民間企業からも。

 

忘れてならないのは地元や有志ボランティアの労働力の提供。避難所の賄い、被災者への応援、調査の補助など様々、振り分ける各責任者もまた寝る間を惜しんで段取りをたてる。

 

まだまだ余震は収まらず不安ではあるが、わが家のバロメーターはネズミ。

先日まで人がいても飛び回っていた図々しいネズミがさすがに息をひそめている。

そいつらが見えるようになるとちょっと安心できそう。

401732

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

14/11/23 22:02

地震

11月22日夜10時8分。突然襲った地震。

まあ、地震は突然くるものだが・・・

たちまち振れるペンダント照明器具、家のビシバシという悲鳴が走り、戸棚からは食器が落ちる。家全体が揺れているのが見てとれた。

地震ってこうなんだ!テレビで見たり話に聞いたりはしていたが、ここは地震のなかった村、初めての経験は衝撃的だった。

通常鷹揚に構えている自分も思わず立ち上がった。

 

大きなのが収まった後で家の中を見聞。外はとりあえずいつもの家から見える灯りが変わりない。

母は小さくなった体を布団の中で震わせていた。

二階、子ども部屋付近の本が散乱している。

 

さっそく鳴り響く電話やメールの音。

心配なのも状況が知りたいのもわかるが、迷惑でもある。情報が入りにくいのは先方よりもむしろ被災者側である。

 

それにしても助かったのは電気が停まらなかったこと。夜のこと、灯りなしでは不安で過ごせない。

東北の3月、灯りも暖房もない体育館の夜はつらかっただろうな・・・とつくづく思う。

その電気のおかげでテレビ情報が見られる。

 

家の歪みなどを見るには建具を見るのが一番。

こんなふうに隙間ができている。どこの建具も同様な隙間なので家が東方向に傾いたことがわかった。中には鴨居に挟まれてビクともしない建具もある。

そんなことをしている間にも余震は次々と襲ってくる。正直怖い。

 

家の歪で壁がずれて壁紙が破れたところも何ヵ所かある。

 

朝になり、ようやく外の様子を見る。

天気予報は晴れだったはずだが、あいにくの地震雨。

急傾斜地に建つわが家、周辺に地すべり跡が見られるかと思ったが、いつもと変わらぬ風景にホッとする。山古志村のような悲惨な光景はない。

車庫の犬走りと道路の間に2cmほどの隙間ができていた。

 

車庫の上側は5cmほどずれて、U字口が落ち込んでいる。

 

同じ車庫の母屋側も3cmほど離れた。つまり車庫全体が谷側に3〜5cmほどずれたということである。

やれやれ、えらいことになっちゃった。

平成7年の豪雨災害に家全部修復してまだ20年もたってないのに。

 

土蔵の中のわが家の図書室。

棚はツッパリしてあったが、本が落ちてないのにびっくり。よかった〜。

 

サンテイン小谷へ寄ってみた。ここも避難所に指定されている。

さすが専門の施設は食事や風呂も整っている。

わが地区の避難所は近くの基幹センター。聞けば今朝の食事はカロリーメイト、昼は不明、夜からようやく弁当が配給されたらしい。

うちは避難しなかった。

85歳になる母の集団生活でのストレスを考えれば家にいた方がいいと判断。

 

わが家の被害はかなり軽いといえよう。

避難所で聞けば、うちはもう住めないとか、壁は落ち窓ガラスは割れた、というような声がたくさん。

冬を控えてどうすればいいのか。

 

菩提寺。

状況を心配して護寺会長が長岡からわざわざ来てくれた。自分の会社も心配だっただろうに。

 

仏像が数百体ある菩提寺、全部倒れていたらどうしよう・・・と思って行ってみたら、ちゃんとピアノ線でカバーしてあった。ホッ。

 

神城断層といわれるだけあって、神城の被害は甚大。倒壊家屋30戸だったか。

姫川をはさんで東西で被害は段違い。今回は東側、わが家も東側。

多くの方から夜遅く、朝は早くから安否を気遣っていただいた。感謝。

災害救助法が適用されたことで東京消防庁はじめ、自衛隊やほか関係機関からの応援が入り、ずっとヘリの音が響いている。

しばらくは余震に怯える日々が続く。

399419

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

14/11/21 23:31

小春日和

ずいぶん更新をさぼってしまった。

にもかかわらず増え続けるカウント数と下がらないアクセスランキング。ありがとうございます!

 

季節の変わり目はいつもさびしい。

特に冬を迎える今頃は寒さも手伝ってあまり好きじゃない季節。

 

素人は写真に撮っても伝わらないけど、黒川上の林道。

絶景に誘われてクルマを停めて一枚。

 

初冬の五龍と八方尾根。

若いころはスキーに乗りたくてこの時期はウキウキしたものだが、今はコタツが恋しい。

 

白馬岳と稗田山大崩落跡。

この崩落跡の反対側がコルチナスキー場の上部になる。

 

霜に包まれた太田地区。

歩いてる人はバス停に新聞でも取りに行く人かな。

 

そんな景色の上で早起きの母が庭掃除。

昨日から屋根屋さんが普請に入っている。

 

取り残された柿ふたつ。

 

週末は勤労感謝の日があるので3連休。

やっと家のことが少しできる。春に正職員を退職し、嘱託になってからは体の自由が少なくなった(-_-;) 

責任も少なくなったけど・・・

397018

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/11/11 23:46

道草写真

山!山!いくら見ていても飽きないいい天気。

ちょっと道草して絶景ポイントどっかにないかな〜車から降りずに、しかも幹線道路からあまり離れずにキョロキョロ。

 

大町から

蓮華岳。

 

爺ケ岳。

 

鹿島槍ヶ岳。

 

五龍岳。北からの五龍を見慣れているとこれはどこの山?って感じ。

 

木崎湖。

 

特急あずさ。

 

アルプスの鏡。

こんなに青木湖がしずかできれいに映るのはあまりないが、絶景スポットがないんだな〜。

 

47スキー場から八方尾根。

 

飯森の農道。ぼくの冬用ランニングコース。

 

木立の切れ目から白馬鑓ヶ岳。

 

ランナーさん発見!

派手〜、でもおそらくこれが彼女の走るモチベーション。

 

大好物!ナポリタン♪

 

あ、食べちゃった(-_-;)

386150

カテゴリ[ 一般]   コメント[0 ]   トラックバック[0]