16/12/08 21:10

おたり吹奏楽クラブ第2回発表会

おたり吹奏楽クラブ。

結成して13年か。平成25年に10周年の発表会を行って以来、地震などの影響で3年ぶりの発表会。

なかなか役者がそろわないのであるが、ステージに乗ることができたのはひとえに長沢先生のお力。

それと今回は消防団ラッパ手の応援を得ることができた。


当日、最終の合わせ。

 


くつろぐ低音族。

 


だからこの音が・・・うん、そうそう・・・

 

その前に会場準備。


とっても几帳面(^^;) 棟梁の性だな、きっと。

 


お茶!山音さんにいただいたお茶と事務局提供の果物♪

 


お昼はみんなでお弁当。


 


集合写真を撮って、さあいきます!

 


 

さて今回の初企画、消防ラッパとのコラボレーション。

スーザの忠誠、この曲トリオが倍音だけで出来ていることははじめからわかっていた。しかし、原曲はラッパのA♭とはかけ離れている。

ある日トリオをA♭、吹奏楽と消防ラッパのための、とした楽譜を発見した。ここが出だしだったかもしれない。

 

ならば消防ラッパとコラボしようか!もうひとつ何かほしいな・・・

信号ラッパと吹奏楽がくっついたものはないかな?と色々な情報を漁っているうちに行きついたのが自衛隊!

陸上自衛隊が信号ラッパと一緒に演奏してるのがYouTubeでいくつもあった。このラッパメドレー、基本は同じで各部隊や場面によって少しずつ編曲や挿入曲を変えているらしい。

これいただき!似たものをアレンジし、しかし自分の編曲では知識も感度も鈍いので先生に最終的に作り上げてもらった。

かくて、この界隈では消防ラッパの有史以来初となる「消防ラッパメドレー」が演奏されることとなった。

 

消防ラッパ隊の入場に当たって、昔のラッパ長が「ラッパ手集合」を吹く。

 

勇壮なり!小谷村消防団喇叭隊。今回は12名のラッパ手が二巻ラッパを鳴らした。


客席で聴いてみたかった。どんな風に聞こえたんだろう。

 


退場。かけあーし、すすめっ!

ご苦労様でした。昔からこっそり抱いていた夢をかなえてくれてありがとう!

 


自分のEuphonium(ユーフォニアム)とラッパ手集合を吹いたボコボコラッパ(^^;)


後半はソロ&アンサンブルから。


お馴染みのCelloおじさん。そして「鳥の歌」

ひとりでじっくりと聴かせる。

 


A.saxとピアノはカッチーニのアヴェ・マリア。

音にこだわるソリスト、真剣である。

 


ちょいと背伸びしてみた「You raise me up」。

ユーフォとピアノの編曲であったものにASaxを加える。彼女はつい最近からのSax奏者。このわずかな期間にきっちり仕上げてきたSaxと、プロ級のピアノ、ただ一人自分が足を引っ張る結果となってしまった。

やっぱり背伸び。

 


高校生を交えたクラリネットアンサンブルは「星に願いを」

楽器紹介のつもりで軽く取り組んでいたのだが、アンサンブルとして発表することになり、きれいなハーモニーが完成♪

 


学校の音楽の先生。助けてもらった♪

 


よくぞこの短期間で!となりに上手なA.saxがいたから彼女には上達のいい機会になったか。

 


いつもしっかり支えてくれるバリトン。彼がいるととっても楽。

 


このホール!いくら吹いても響かない。ホールが悪いのか、自分の音が遠鳴りしないのか。苦しいステージだった。

 


高校生、伸び伸びと。上手♪


この親にしてこの子あり。血は争えないもの。

 

最期の曲は前回も好評だった「小谷小学校 校歌メドレー」

お客様に促しながら、先生も客席を向いて歌う。

今回の新発見。

北小谷小学校の校歌は5番まであるのだが、通常は1番と4番を歌うとのこと。北小谷出身の人たちに聞いて初めてわかった。

その名曲の4番を紹介してみる。

 

 雨飾山の雲晴れて 戸土大網に夏立てば

 学び舎の窓遠く 越路の海の波はるか

 雄大な姿 身にしめて

 永遠につとめ磨かん

 小谷のわれら

 

北小谷にはかつては糸魚川から入る戸土分校と姫川温泉の上にある大網分校があった。ことに戸土は長野県で唯一海の見える里として有名であった。

この4番はその分校を高らかに歌い上げている。詞も曲もすばらしい!

 


無事終了。ありがとございました!

 


団員と一緒にお客様を見送りながらアンケートを回収しているのは、今回お手伝いいただいたスタッフ。それにカメラマンがひとり。

小規模なステージはこういうときとっても楽。

 

この次やるときは・・・どうするかな♪

1222144

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/10/02 17:17

アルプホルン

白馬アルプホルンクラブ。

7〜8年前に有志により発足した。

このチームの特色は全部自分の手作りホルンであること。いや県下にいくつもあるアルプホルンクラブ、みんなある程度そうなのかもしれない。

そしてことあるごとに様々な会場で演奏を披露している。


これは昨日、ある団体の懇親会の席で披露した。

 

さて自分はこの会に属してはいないが、都合悪く出席できない会員に変わりピンチヒッターとして昨日と、その前の八方尾根での演奏に加わってみた。

吹くのは初めてではない。30年も前、栂池で燕山荘のオーナーに吹かせていただいたことがあり、自分もフレンチホルンの経験があることからある程度吹く感触はわかっていた。

 


八方北尾根での演奏。

演奏が終われば希望者に吹かせてくれる。

 


珍しい楽器なので結構希望者が寄ってくる。吹奏楽の経験がない人が多く、どうやって音を出すんですか?ときかれることが多い。

 


手作り楽器はみんな楽器の個性が違う。内部の仕上げによって音の抜けや音質がかなり変わるようである。自分がお借りしたのは作成の先生の持ち物だそうで、ほかの会員の楽器とは明らかに吹奏感が違う。楽に吹くことができる。

 


構造上、ホルンの倍音しか出ない。したがって演奏できる曲も限られ、和音を間違えても聴いてる人にはおそらくわからない。何を吹いても和音になる。

燕山荘のオーナーに、アルプホルンは山のこだまとハーモニーを作る、と聞いたことがある。

こだまを待つわけではないが、演奏のタイミングはみんなの呼吸で合わせる。決して楽譜に忠実なテンポを保つわけではない。

 


仲間に入れとみんなが誘ってはくれるが、今のところその気にはならない。

まず、楽器入手。

何ヶ月もかけて手作りで不完全な楽器を作るのは、その趣味の世界。それよりも完全な楽器を買い求めて吹いた方がいい。

もちろん考え方は人それぞれで、白馬のクラブは自作楽器の愛着とそれでアルプス色を出せることに張り合いを感じている。それはそれでいい。

もうひとつはこの楽器で出来ることは、通常の完成度の高い管楽器に比べてかなり制約される。そういう楽器を何10万も出して買う気にはならない。

 

しかし、観光立村アルプス白馬での価値観はきわめて高い。北アルプスから中央アルプスの山麓にはアルプホルンクラブがいくつもあり、それぞれに観光に貢献した活動をしている。

 

今は、小谷に合ったものはなにかないかな・・・と秘かに考え中。

小谷は白馬とは違うが、太鼓と民謡だけではもうひとつインパクトが少ない気がする。さてどうしたものか・・・

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/03/10 22:39

へたくそ!!!

今夜のコソ練はスマホで録音してみた。

あまりの下手さ加減に自分でもあきれ返る。

しばらく吹く気にならないかも。。。


吹いてて楽しい曲。

まるで練習曲のようで立派な協奏曲。この吹き易さでこの効果、さすが金管エチュードの神様アーバン!

でもできない。ゆっくりゆっくりと練習中。

 

 


いま一番お気に入りの曲。いつかひろうできたらいいな♪

 

ピストンは真っすぐに押し込まなきゃ。

ちょっと気を抜くと下のように指を伸ばした押し方になる。

925296

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/01/06 21:51

第28回定期演奏会画像

新年初ブログ。

本年もよろしくお願いいたします。

あまりにも雪のない冬!自分の記憶にはないくらい。観光立村としては災害とさえいえるかもしれない。

 

さて昨年11月に行われた吹奏楽団「山の音楽家」の第28回定期演奏会。

村のCATVスタッフが小谷白馬共同で多数のカメラを駆使し撮った映像が、小谷では正月にCATVで放映された。

ご覧あれ。


テキーラでは指揮者の先生が振り向いてテキーラ!と叫ぶ異例の企画。

 


会場であるウイング21ホールスタッフが照明を駆使してくれたり、バックスクリーンの映像を作ってくれたり。

 


ビートルズの絵は団員のお身内の方の手書き。
 


今回ソロ場面がやたらあった自分のスタンド。

 


地元のダンサーズが出演して盛り上げてくれる♪

 

当日はあいにくの雨ふり。

しかし入場者数はキャパ500人のホールに450人余り。ほとんど満員といえる。

ありがとうございます!

 

冬は自分にとっては比較的時間のある季節。

目下のところ春のレースを目指して体を鞭打っているが、秋に故障や吹奏楽で忙しかった体はなかなか戻らない。どころか年に比例して退化していく。

でもここは欲張って、冬は走るのもコソ練もしっかりやりたいもの。

年が明けてしまえば春はあっという間にやってくる。

845337

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/12/21 22:46

音楽三昧!

先週の土曜日19日、世界的なユーフォニアム奏者スティーブン・ミード氏が松本にやってきた。

こんな田舎町にミードさんが!しかもホールはあがたの森。しかもしかも!わずか350人のキャパが数日前まで余裕があった、ようである。

それはやはりユーフォニアムという楽器があまりオタクだから?なにしろ吹奏楽でしか使わない楽器。

 

ミード氏、ステージに上るとあいさつ代わりにすぐに一曲。

一部が終わってそこでカーテンコール!また吹き始めた。コミカルなチゴイネルワイゼン。

コミカルではあるが、それは圧倒的な演奏技術と芸術性に裏打ちされたもの。チゴイネルワイゼン前半のゆったりとした部分ではあるが、客を飽きさせることはない。

 

パントマイム!圧巻だった。

そして終わった後、後ろを向いて演奏者に向かって、やったぞー!とばかりに親指を立ててみせている。実に好感が持てる人間性である。

アンコールで通訳をしていた女性がユーフォニアムを持って出てきた。

え?ユーフォ吹くの?と思いながら見ていたら、ミード氏とデュオでカルメンを。

うわ、この人うまい!

てっきり通訳さんだと思っていたのでこれはまさにサプライズアンコールだ!

 

あとでわかった。

この女性、旧姓赤星美沙さん。かなり有名なユーフォ吹きである。昨年ミード氏と結婚されてMisa Meadさんとなっている。

そりゃうまいわけだわ。

カルメンデュエットの演奏がこちらに載っていた。すごい!

 

ついミード氏の影に隠れてしまったが、BritishBrassドルチェの柔らかいサウンドも素人ばなれしている。

そして今回ミード氏を招へいするためにリーダーの荒木さんをはじめとした皆さんのご苦労は如何に!

こんな機会を与えていただいたことに感謝。


翌日の日曜日。

大町の少年少女合唱団の演奏会を聴かせてもらった。

きれいな声!

子どもの声は変な癖がなく、すなおに歌ってくれるから好きである。

決して大勢ではないけれど、これだけのプログラムを2時間でこなした。指導者の力が垣間見える。

 

正直メンバーは中学生くらいまでかと思っていたが、今年の卒団性が紹介された。

その子たちは高校3年生の女生徒二人。入団して8年をこの合唱団で過ごしたという。

彼女たちのデュエット、上手だった〜♪

終わって出てみればホワイエで団員が歌って送り出してくれていた。

きれいな声を間近で聴くのはなかなかの迫力。

TVドラマの表参道高校を思い出した。


今日。

今年最後の発表の場。

白馬のデイサービスに3人で出かけた。

piano&guitar&euphonium&musicBell。

この異色バンドは事前練習すらしないで人前に出て行ったのである。

そんな状況でうまくいくはずもない。

でも皆さんに助けてもらった。

年輩の方がよく知ってる曲ばかり選んだので手拍子や一緒に歌ってくれる方がいっぱい。

助けてもらって楽しませてもらったのはこちらだった。

 

終わってからいただいた職員さん手作りのケーキ、うまかった〜♪

 

音楽三昧は今日まで。

冬眠に入ったら人を出し抜けるようにコソ練しなきゃ♪

831976

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[0 ]   トラックバック[0]