17/03/13 20:53

久比岐再び!

3月中旬、まもなくお彼岸を迎える時期ではあるが、まだこの雪。

ここしばらく好天続きで今日もアルプスはくっきりとその雄姿で空を分ける。

春になって北陸も天気がよさそうなので春の海辺を走りに出かけることにした。

 


姫川温泉を過ぎたあたり、谷間から雨飾が見える。

 

 

本日のメニューは以前挑戦してかなわなかった久比岐自転車道のコース制覇。糸魚川市中宿シーサイドパークから上越市虫生岩戸までの31km。


スタート地点の公園。

 


いざ、出発♬

一歩踏み出して、重い!なんでこんなに重たいんだ。

しかも腰痛い!左足の捻挫も応援してくれているような・・・

まあそのうちなんとかなるさ!

ということで腰痛を忘れ、捻挫も苦にならず、重さだけがいつまでも負担をかける。

 


道の駅 マリンドリーム能生。

ここで約10km。ようやく元気になってきた。しかし。

 


ずっと変わらぬ景色にだんだん嫌気がさしてきた。

そう感じることが走れない原因を作る。調子よく走れるコンディションの時は単調な景色も苦にはならないもの。

 


筒石漁港。今しがた入ってきた漁船に海鳥が群がる。

 


元軌道の面影たっぷり♪。

 


トンネルの中はこんな感じ。危険性も不気味さもない。

 


名立の公園に立ち寄ってトイレ&給水。

観光地なんだけど、浜の観光地はシーズン短くて大変だろうな。

 


鳥ヶ首岬を回ると正面に米山(だろうな・・・)上越市の北東に位置する標高1000mほどの山である。

 


烏帽子岩。

この岩には必ず鳥がいるとか。

 


いた!(^^;)

 

 

そしてここでダウン。

あとわずか5km。そうは思うのだがハンガーノックも手伝って体が動かん。まったく根性なしめ!

 


有間川駅舎。汗で濡れた服を着替えさせてもらう。天気はいいけど風は冷たい。

複線、、、えーっと。説明書きをよ〜くみて、あっちのホームか。

 


待っていたら反対側へ来たディーゼル車。なになに♪

 


おお!2輌しかない車両がみんなレストランみたいだ!

facebookで情報をいただいて調べてみたら、「越後トキめきリゾート雪月花」。

妙高〜糸魚川の間で1日1往復の運転をする景観と食事のためのリゾート車両のようである。

今日は天気が良かったのでお客様の視線は海にくぎ付け。というよりもここにきてやっとトンネルが終わり海が見えた!というのが正しいだろう。

 


自分の待つ電車はこれ。

ワンマンといってるが運転手と車掌の二人で運行している。

 


昔のバスの切符みたいなレトロな切符。

 

ということで本日も敗戦気分でランニング終了。

痩せなきゃ〜と何度呪文を唱えても体重が減ることはない。。。

 

糸魚川の海岸から見える焼山火打の山塊とは違うこの山、鉾ヶ岳というようである。

標高は1300mと決して高くはないが、黒姫山も米山もこれよりも低い。やっぱり標高0mの海辺では大きく見えるのかな。

1300492

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/03/01 23:05

春の陽射し

春の安定した好天が続き雪の山は日々その高さを下げているが、それでもまだまだ白一色の世界に春の陽光が眩しい。

先週、土曜日は大町でランニング。

木崎のゆーぷる♨に車を置き、山周りで美麻へ。そこから木崎湖へ向かって下る。

 

途中、三日町のトンネル前から撮影。


鹿島槍ヶ岳(右)と爺ヶ岳(左)

 


蓮華岳(右)と北葛岳(左)

 


唐沢岳(右)と餓鬼岳(左) 間の凸が餓鬼のコブ。

 

以上、大町から見える代表的な山。近いうちに全部登っちゃる!

 


大町から美麻に向かう道。

そこそこ広く、車の通りは少なく、程よい上り坂が走りやすい。

 


ため池。大きいのがふたつ。

 


ここは広域の火葬場。残念ながら何度か来ている。

 


今は廃止された元大町スキー場。

ここだったかな・・・簗場だったかな? 20歳のころ草レースがあって優勝したことがあったっけ。

 


ゲレンデ中央付近に鳥居が。。。

 


やがて美麻の新行集落。そばで有名な地区である。

ここから左に折れて木崎湖に下る。

 


木崎湖へ向かう細い下り坂。少し見えている山は餓鬼岳。

 


国道を横切り、湖水の向こうに見えるのは有明山。

ゴールはすぐそこ。

 


着いた!ゆーぷる。

さあ風呂だ!

 

 

そして今夜は・・・小谷村。

サンテイン小谷に車を置き、目指すは大草連(おおぞうれ)


この地区はかつては20戸近くもあった大部落だったと思うのだが、今は1戸が住むだけ。

その理由はアクセスの悪さと自然条件の厳しさだろうか。今でも九十九折の道を行かなければならない。

ここに住んでいた同級生と小学生のころ、どっちが学校から遠いかなどというつまらない言い争いをしたことがある。

そのころはここまで来たことはなかったが、社会人になって仕事で来るようになり、ようやくその通学の大変さがわかった。

と思ったのだが、今日初めて足で来てみて距離も測り、結果としてはわが家とその大変さはそれほど変わりはないぞ!

まあ、そんなことはどうでもいいのだが、こうしてまた一つの集落が消えゆくのは寂しい限りである。

1281792

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

17/02/07 22:31

松本名所巡り?

吹雪の小谷を逃れて義父の病院検査のため松本へ。なんでこんなに天気が違うんじゃ!

時間があったので久しぶりに雪のない市内でランニング。

雪の上を走っていると、雪がなければ楽に走れるのに・・・なんて思うんだけど、実際雪のないところへ来てもちっとも楽じゃあない。

まあ、せめて普段あまり行かない名所でも行ってみるか、あまり知らないけど。

 


松本城!これはさすがに定番。

 


旧開智小学校。お城のすぐそばだけどたぶん実物見たのは初めて。

すぐ横に現代の開智小学校がある。

 


そのまたそばに松本市中央図書館。このでかい建物全部図書?

今度は高いところへ上ってみる。

 


放光寺。名所かどうかは知らないが・・・

この寺に県宝の十一面観音立像というものがある、と書かれた立て札があった。

 


その上に長い階段があった。これは駆け上がるってもんでしょ。

行ってみたら秋葉神社。火防の神様である。

丁寧に二拝二拍一拝の礼をして城山公園へ。

 


10mほどの展望台があった。

登ってみる。

怖え!この高さ強烈!東京タワーやスカイツリーよりも恐怖を感じるのはなぜ?

上からは松本の市街地から四方の山までがよく見える。

 


晴れていればここに北アルプスがばーんと!見えるんだろな。

ということでちんたらランは終わり。

 


銭湯で汗を流す。ここは初めてだけどいい湯だ!

でも石鹸やシャンプーはよくありがちなダメな業務用。自前を持ってきてよかった。

 


この銭湯で打ったそばだというので食べてみた。

まずいわけではない、いい出来だが小谷のそばの味には遠く及ばない。

 

さて医者へ行ってた別動隊が意外と早く終わり、そちらも昼飯。


せっかくだからお相伴♪

ソースカツ丼うまかった!

自分の底なしの胃袋が怖い。明日体重計るのがコワイ。。。

1263752

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/12/19 22:01

奈良マラソン

奈良マラソン、と思いきやいきなり清水寺。

ここは京都の嵯峨嵐山駅の横にある日本一?のジオラマ館。将来ジオラマで身を立てたいと願う身は、関西へ行くならどうしてもここへきてみたかった。

確かに大きくて緻密で手の込んだジオラマだった。だけど自分の求めているものとはちょっと違う。

ということで早々に退散して奈良へ。

 


近鉄奈良駅から鴻池陸上競技場までは1km余り。観光もしたかったので貸し自転車を借りた。


ならでんフィールド(鴻池陸上競技場)。

マラソン前日の10日、土曜日。今日もな何か競技が行われたようだ。外ではたくさんのボランティアやメーカーやら飲食店やらが一大テント村を築いていた。

 

受付を済ませてマラソンよりも本来の目的であった観光に出かける。

中学の修学旅行以来の奈良、45年前のイメージを再現したかった。

 

先に本題。

奈良マラソン、コースはこんな感じ。鴻池から平城京、奈良公園、そして天理までの往復。

こちらに大会事務局で撮った昨年の動画があった。

 

一口で言って、とっても楽しい大会である。退屈しない、悲壮感もない、最後まで楽しく走らせてもらった。

自分が今まで出た14のフルマラソンのうち、最も楽しくて、最もきついコースであると断言できる。もっとも14といっても、ほとんどは長野マラソンで会場で数えるなら5か所しか言ってないけど(^^;)

 


まだまだ余裕。しかしここ一ヶ月まったく走れてなくて、みたとおり腹がこんなに出ている。

オールスポーツさん、ごめんなさい<m(__)m>


歩兵部隊(^^;)

 

天理教会ではぜんざいと吹奏楽で応援。ぜんざい、おいしかった。

同時に横で鳴ってるBrass!おう、これが普門館と甲子園で鍛えた天理高の吹奏楽か!と思ったら地元中学生だった。

しばらく走ればポチまんま(豚汁ぶっかけ飯)、しばらく走れば三輪そうめん、ほかにキャンディ、チョコレート、さらにあらゆるところで私設エイドがお菓子や団子まで配っている。

沿道の応援はオリジナリティがどこよりも強い。子どもからお年寄りまで自主的に応援しているのが伝わってきて、それがまたみんな明るい。

足の痛いのは気のせいです・なんてプラカードを掲げた女性がにっこり。

折り返して残り数km、奈良公園に入って来るとみんながおかえり!よくがんばった、もう少しだよ!って本当に楽しくて楽しくて。

コースはとんでもないけど、おすすめの大会である。

 


こういった撮影も高校生スタッフが抜け目なく声かけてくれた。

 


さて、土曜日の観光は。

まず、東大寺。


奈良ってわかりにくい。京都と違って多方向から入れるせいかな?

さすが東大寺は観光客でいっぱい。

しかし!これだけ人がいながら日本語が全く聞こえてこない。顔は日本人なのに言葉は不明。

大事な観光客なんだけど、なんかいらいらする。

混んでもいたので大仏殿はやめ。自分、こういう時は執着しないのである。

 


二月堂。ここも見たかったところ。

よかった。45年前と景色が変わってない。

 


若草山。上まで登ってみればよかったな・・・

 


猿沢の池と興福寺五重塔。

さすがにここは絶景だ。うっとおしい外国人もいなくていい感じ。

 


大仏プリン。なんか列になっていたので「地酒」というのを食べてみた。

こりゃんまいわ!でもクルマじゃないからこんな重いもの持って帰れない。

 

 

わずかの間の奈良。

古都の雰囲気は45年前とはずいぶん違うけど、今は今でいい街である。

また来られるかな。。。

1232506

 

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/09/12 21:04

高浪の池

いつのまにか、秋。

 

9月8日、山越えランに挑戦。

練習不足&不摂生&出ッ腹&年寄りetcetc・・・走れるのか???

やってみれば何とかなるもんだ(*^^)v


20kmジャスト。約2時間。最大標高差300m。

 

2日後の10日、土曜日。

午前中は保育園の運動会に来賓参加。来賓種目はじゃんけん列車。。。まったく、人を年寄り扱いしやがって( `ー´)ノ

ということで再び山越えランを企んだ。

 

一度だけ車で通ったことがある高浪の池。

距離を測ってみたら姫川温泉から9km弱。お、ちょうどよい距離♪ 

いってみよーかー!昼飯はもちろんヌキ、すきっ腹で出かけた。


最大標高差400m余り。

 

平岩からうんとこうんとこ4kmほど登ってきて、そろそろ峠に着かんかい!と思ってカーブを曲がったとたん、目の前にどーんと急傾斜!

うわ・・・萎えた・・・

ま、しょうがない、行くさ!

 


遠く、やや下方に見えるのはたぶん笹野(大網の奥)の集落。

 

でも出現した急傾斜から1kmほどで峠に着いた。


人間大のお地蔵さまが安置されていた。

お地蔵さまにお参りし、水をいただいて下る。

 

遠く見える川は小滝あたりかなあ。


峠から下る道はいきなり急傾斜。

帰り、ここ登ってくるのか。。。ま、なんとかなるさ!行け〜♪

 


途中、棒葉で風車を作って遊びながら行こうかと思ったが、さすがに秋の棒葉は固くてうまく抜けずあきらめた。

 

下りきってまたしばらく上るとこの展望台に出る。


眼下に高浪の池、岩山は明星山。今回は残念ながら雲の中。

 

池に着いた!


巨大魚のオブジェ。

「高浪の池巨大魚」の画像検索結果

浪太郎、出てこーーーい

休憩所、お土産店、宿泊施設もありくつろぐにはいいところだ。難をいえば↓


電波がない!

 

さあ、帰るぞ!

上る登る。がんばる。そして

下る下る。こんな急な下り走るのはロードでは初めてだ!

やっぱり下りは最高(^^♪

 

姫川温泉の公園でしばしクールダウンしながら散策。

 


足湯、という名目ではないが足湯ができる。

さわってみたら35℃くらいかな。かけ流し。

 

ここ、初めて入ってみる。

外の景色は川のせせらぎとローカル線を走る一輌。

風呂は広くはなく、設備もよくないがひなびた湯治温泉の感があって居心地が良い。

 


腹がへった・・・と思っていたらサービスで温泉卵が!じゃあついでに、とカップラーメンを買って昼飯。

走った満足感と、風呂の疲れと、おいしい温泉卵、とってもいい気持ち♪

 


温泉を流れる姫川は標高250mくらい。

あの峠は」650mくらい。よく行ってきたなあ、と自己満足。

山走りは平地よりも断然楽しい。登りの苦しさからくる満足感、下りの醍醐味。

さて次はどこの峠行こうか♪

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[0 ]   トラックバック[0]