16/10/23 22:11

掘り取り機

あ、やられた!

何者かがうちのナメコを食った。もっとも散らかした程度で、やはりナメコじゃ腹はふくれないらしい。


現場に残された犯人の足跡。鹿か、カモシカか。周囲の状況からみてイノシシではなさそう。

 

さて最近めずらしい農機を入手した。


これがその機械。掘り取り機。

本来はサツマイモなどの掘り取りに使われるもの。

これを何に使うのかといえばイモはもちろん、そのほかにも今後の作付け如何で利用価値は膨らむが、今回最大の狙いはマルチ剥ぎ。

 

マルチといっても馬鹿にするなかれ。

ここ数年、採取を始めてからマルチの面積は10a以上になる。そしてこのあたりの赤粘土はいったん噛んだマルチを簡単には放してくれない。


張るときは条件のいい日に機械で行うのでまだいい。

 


今年はこれだけの面積だった。

秋になって収穫が終わってマルチを剝がそうとしても、粘土が固くなってからは簡単には取れず、スコップなどで土を掘りながら取るのは大変な労力である。

昨年の分はついにユンボまで持ち出し、それでも手間がかかった割に完全には除去できなかった。

 


それに懲りて、家庭用のわずかな面積はマルチ抑えを使用することにした。

しかし、産業としてのマルチはそれでは手間がかかりすぎ、何かないかと探していたところ件の機械を運よく入手することができた。

 

さてその効果は。。。


やっぱり周囲に作物の残骸が残っていると、それらが引っかかってうまくいかない。まずそれを掃除。

 


挑戦開始!後ろ(運転手側)からみた図。

 


前面側。

前輪と後輪(駆動輪)の間にある刃が地中に潜り、土をほぐしている。

機械を入れる前のマルチの上は固いが、機械が通った後はフカフカである。

 


何度かやってみて、これがベスト!と思われる調整。

 


刃はバイブレーターになって土に潜るので一番強くしておく。

 

そして結論は、見事!ほとんど無傷でマルチを回収できた。

この作業が何かを産むわけではない。しかしやらなければならない作業、手作業で時間をかけていたらマルチ剥ぎだけで人件費は数万円にもなろう。

これで心配事がひとつなくなり、来年の作付け計画がぐっと楽になる。

 


まるで大農経営(^^;)

 

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/08/07 22:33

馬鹿の考え

長ネギ。

今年の作付けは200本。

途中何度か耕運機で畝揚げする予定で間隔を広く取った。


5月24日、農協から届いた苗を植え付ける。

 


6月21日、大きくなってきたが同時に雑草にも悩まされる。

左の通りは馬鈴薯。ネギ同様畝上げする予定。

 

ここで問題発生。畝上げ用の耕運機が動かない!


この画像は前年動いた頃のもの。

もっとも40年も前の機械である。動かなくても文句も言えん。ただ、ラセンローターがもったいなかった。

 

そこで馬鹿は考えた。一生懸命考えた。

まったく、馬鹿の考え休むに似たりとはよく言ったもの。

 

要はネギの白根の部分が長く欲しいから畝上げするのである。つまり日光から隠すことができれば土でなくとも軽いモミヌカでもよいのではないか。

事例を探してみた。

あった!美味ネギ君(うまねぎくん)

 


では早速。

7月11日、板を買ってきて柵を作り、その中へモミヌカを入れていく。深さはネギの分かれ目が隠れない程度。

 

のんきな自分が様子がおかしいのに気がついたのは8月6日。

 


ネギが腐っている!

しかもこの時点ではなにか菌が入ったか?と思っていた。

おかしいのを数本抜いてみるうちにようやく気がついた。モミヌカの当たっている部分だけが腐っている。

熱だ!

モミヌカは乾いているが生である。当然雨に濡れれば発酵し発酵熱が発生する。

こんな小学生でもわかることをどうして気がつかなかったのか。

まさに「馬鹿の考え休むに似たり」である。

美味ネギ君はハウス栽培であるから雨は降らないということを見落としていた。

 


元気そうなのも結構イカれている。持ち帰って切ってみたら内部も腐りが入ってしまっている。

 


スクランブル!で根元のモミヌカを取り除き、通路にこぼれたモミヌカも出来るだけ撤去したが、さてどのくらい助かるのか。悪くすれば全滅か、しばらく様子を見る。

ひと雨降った後、様子を見てよさそうであれば再び土で畝上げしてみよう。

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/06/16 20:48

初物

うちの畑だけが砂漠でよその畑は青々と。

と思っていたらいきなりのフライング。


わが家のキュウリ、いつの間にこんなに大きくなって。

 


そのまま畑でガブっと! あ〜あ、少ししかないのに1本食べちゃった。

 

先日玉ねぎを収穫したばかり。

次に採れるのはなに?しばらくないかな。

次は・・・きっとトマトとイモだな。

1017832

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/06/10 22:04

芍薬

芍薬。

3年前、苗(根)が届いたのは晩秋。


秋の長雨と早い雪に追われて、泥土の中になんとかこんな圃場を作って冬越し。

 

あまりにも突貫工事だったので、翌春植え直し。

ところが!


今度は灰色かび病に冒され花は全滅。

枯れさせまいと殺菌、患部除去で乗り切る。

 

そして今年の春。


咲いた咲いた!

 


こんな大きな! これは【信濃の月】

 


一番いっぱい咲いたのは【夕映え】

 

来年は少し売ることを考えてみよう。

それと株分け。

作り方はおおむねわかったが、売り物となる収穫の方法を勉強しなきゃ。

 

今回の学習。

芍薬はつぼみで採るとつぼみの周りのヤニを洗い落とさないと開くのに時間がかかる。

花が咲くのに膨大なエネルギーを使うため、つぼみで採ると花が咲いてから散るまでの時間が早い。ならばある程度畑で開かせてから採った方が花は長持ちする。

 

百姓は一つ覚えるのに1年以上かかる。

定年後の身でどの程度覚えられることか・・・

1010323

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/05/29 22:32

甘野老

甘野老 − アマドコロ と読む。初めて知った。

アマドコロとは 咲けばスズラン、食えばアスパラ という感じだと思う。

花は可憐であり、葉が開く前の芽は本当にアスパラガスのような味がしておいしい。山アスパラと呼ばれる山菜のひとつである。


画像はこちらのサイトからお借りしました。

 

その苗があると聞きつけて早速入手。植えてみた。

条件は日当たりのよくない明るい場所、水はけのよい場所だそうな。

 

わが家のもっとも質の良い土の畑に18株を植えてみた。

場所は狭く寄り付きにくいこの畑は何年も手が入ってない。

 

しかし土質と栄養はおそらく最高であり、何よりここは葛と茅がはびこらない珍しい場所である。

さて成長して増殖したり、食べられるのはいつのことなんだろ?楽しみ♪

 

おまけ。

わが家の野菜畑に毎年恒例の天然かぼちゃの芽が出た。

このおかげでここ数年かぼちゃは作付けしてない。ただし何ができるかはおまかせ。

蔓がはびこって困る所に出たのは早々に抜いて都合のよい場所に限定。

うまいの頼むぞ!

 

今年の春は一段と忙しく、カレンダーに日程ぎっしり、しかも地域やボランティアの役ばかりで飯のタネにならないばかりか費用弁償されるものは少なく、時には仕事を休んで出席。

この会がなければ誰か困るのか???と、ひとつひとつに思う。

998687

カテゴリ[ 百姓]   コメント[0 ]   トラックバック[0]