13/08/08 20:11

唐松岳、帰りのハプニング

唐松山荘小屋。

おにぎり一個と水を補給。さあ下るか。

 

この雪渓よりも少し上、丸山ケルンを下ったあたりか。ハプニングが起きた。

50cmくらいの石に乗った右足が真後ろへツツーッと滑っていった。

 

とたん、ふくらはぎに走る激痛!

回りに人が大勢。他人に悟られるのが恥ずかしくて何事もなかったかのようにゆっくりと歩く。

だめだ、痛い。座って休む。なに、すぐ歩けるさ。

手で触れてみた感じではふくらはぎ真後ろ、ヒラメ筋付近の靭帯を伸ばした様子。

 

ここにいるわけにもいかない。ゆっくりと歩きだした。

踵をつくのは平気。幸い下り坂なので左足の筋力を頼りに踵だけをついて下る。

ときに石などで踵以外をつくとギャッと内心叫ぶ。

八方池まで行けばすぐに木道がある。道も広い。

 

帰りの八方池は雲が晴れ、ハイカーたちがくつろいでいる。

ビッコをひきながらでもリフトの時間には十分間に合う。

 

歩きながら思う。

あそこで足を痛めてなければ調子に乗って転落事故とか起こしていたかもしれない、この程度でよかったじゃないか。

 

ようやくリフトに着いた頃は負傷から2時間が経過。ふくらはぎはすでにパンパンに腫れ上がり、どんどん圧力が高まっていくのが感じられる。

リフト。

下についたとき係の方が「いま停めますから」と。

え?客がつくたびに停めるの?

きいてみた。「もしかしてオレのため?」

係員さんはにこっとして「そうです。」

「けが人ってわかるの?」

「上から連絡がきてますから♪」

ごく当たり前のように気持ちよく対応してくれた。

もう1本のリフトも、ゴンドラも同じように。

マニュアルがしっかりしている観光地の対応を見せてもらった。いや、個人の判断か。

ありがたかった。

 

ゴンドラの中で撮った右足。

母が写真を見て、こりゃ二升ビンだと。

 

ゴンドラを降りればそこに妻が待機してくれていた。医者の手配もして、早く早くと。

当番医の先生は足の様子を少し見て、病院へ行けと。

そのまま安曇病院へ車を飛ばす。

 

病院で安眠をむさぼること五日間。昨日退院を迎えた。

 まだ松葉杖に頼りながらではあるが、来週には自由に歩けるだろう。月末には走れるかな。

迷惑をかけた職場の皆さんや家族に感謝。

ご心配いただいた皆様、ありがとうございました。

134200

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

13/08/07 19:47

初唐松岳

  8月3日土曜日、あまり天気はよくなかったが唐松岳へ登ってみた。

この山も初めて。

 

白馬大橋から見る唐松方面はこんな雲の中。

 

 

唐松、聞いていた話では初心者向けの山、誰でも登れる、など。

たしかに、リフトがかなり上まで行ってるから楽だ。

 

でもそこは男のコ、八方地区から走って登りだした。ところが…

体力ねえ〜(>_<)

北尾根に行かないうちにランをウォークに切り替えた。まだまだ先は長い。足を残しておかなければ。

 

黒菱でまさかの歩行禁止!

しょうがない、ここだけリフト。

八方池山荘まで2時間くらいかかったか。

 

まあ混んでる!八方池までは登りも降りもずっと人の列!

この時期の週末に来てはいけない山だった(-_-;)

 

八方池は雲の中。

人は多くも景色は見えず。せっかくの週末、アルプスの鏡を期待してきた人は

多いんだろうな。

 

やがてダケカンバの林。

白い森・・・に来たかと思った。

 

左側に見え隠れしていた小さな雪渓がいきなり大きな雪渓に!

扇雪渓?多くの人がこの雪渓の下で休憩していた。

 

その少し上に小さな雪渓。

登る足を休めて休憩しながらここで遊ぶ人も。

 

上部に見える一軍は中学生の登山隊?のようである。

この辺は左斜面が続き、道幅も狭いのでどこで滑落しても不思議ではない感じ。

引率の先生やガイドの苦労が思われる。

 

ややっ!エライところがあるじゃないか!

鎖に触れながら、しかしあてにはせず歩く。

 

雲の中に突然現れる唐松山荘。

まだまだ上かと思っていたら意外とあっけない山荘着だった。

八方地区から約4時間。混んでたとはいえおせえ!体力のなさを実感。

時間はともかく、標高が上がるにつれ呼吸ばかりが苦しくて動けない自分が情けない。

 

そして頂上。意外とおばちゃんたちが多い。

この後、メシを食って下山。

そのハナシはまたあした。

133107

 

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0]