14/01/27 22:58

小海トライアスロンは?

毎年出ていた小海町の氷上トライアスロン。

競技のハードさと朝の寒さに負けて今年はついにエントリーしなかった。

例年スタート地点の気温はマイナス15度。スキーやスケートだけなら暖かくしていくんだけど、後に16kmのランニングがあるので厚着は出来ない。

それが今年は暖かい?!

 

スキー、ランニング、スケートとあるうち、一番きついのは意外やスキー!

スタートのスキー靴ランでかなりの体力を取られ、2回あるスキーをはいての登りも実にきつい。

さらにスキーからランに移ってホッとするひまもなく、走るのは3kmほど続く登り坂。

過去出場したどのときも最後のスケートに入るときは完全にグロッキー状態だった。

 

今回優勝タイム遅いような気がするな…

221191

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/01/06 22:38

志賀高原

ふと思い立って出かけた志賀高原。

40年以上も前にレースで来た志賀高原。

丸池のコブや高天原の規模にあこがれた志賀高原。

今回は高校生になってから初めて遠征した「あこがれの志賀高原」に行ってみたかった。

 

ジャイアントスキー場から西館山を望む。

 

西館山上部。

当時の滑降コースはたしかこの緩斜面をスタートしたような気がするのだが…

 

そしてこの左へ一気に落とし込むバーン。

公開練習のときここで激しく転倒し、しばらく意識がなかった。

リフト乗り場で列に並んでいるとき友人につつかれた。

「おい、大丈夫か?わかるか?」

その時初めて我に返った。

「え?おれどうしたんだっけ?」

「あそこで転んだじゃねえか!動かねえからダメかと思ったら、大丈夫って言って自分で滑ってきたんだぞ」

「自分で滑ってきた?」

「そうさ!覚えてねえのか?」

「そうだ!転んだとこまでは覚えてる。それでホントにここまで自分できたのか?」

そんなやり取りをした。

今の時代の技術レベルからすれば優しいコースだと思うが、今の自分の体力と技術からすればこんなとこ直滑降で飛び降りてくるなど自殺行為である。

 

西館山からジャイアント、丸池を望む。

 

東館山山頂。

あこがれの志賀高原。笠岳や北アルプスは曇っていて見えない。

 

志賀は昔から大きなホテルが多い。

しかしゲレンデ内の設備は白馬山麓のそれとは比較にならない。

白馬山麓ではこんなトイレはない、というか階段を使うトイレさえ今はないんじゃないかな。

 

実にレトロ。

そう思いながら、食べた。

立ち食いソバって好きなんだな。うまくはないけど(^_^;)

 

最高のコンディション!でもコース短い。

気がついた。

志賀高原はボーダー少ない。ほとんど見かけなかった。

想像するにコースが短く、ときに登りもあるゲレンデでは自走できないボードは都合悪いのかな。

何といってもコースの長いのは白馬山麓、赤倉あたりか。

でも志賀高原って好きだなぁ。仲間と遊びに来るなら楽しいだろな。

♪あぁ うるわしの志賀高原〜

211577

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/01/04 22:30

明日は・・・

正月に帰省していた子どもたちは今日みんないなくなって、元の老人世帯になった(^_^;)

やっぱりいなくなれば・・・いないなぁ。

 

子どもをスキーに連れて行かなかった分、明日の休みは自分がスキーに行ってこよう。

狙い目は40年ぶりの志賀高原!

 

まずジャイアントあたりから入って

 

メインは西館山

 

そして東館山から高天原あたりまで

 

調べたら志賀はなんと4時間券があるではないか!

白馬山麓みたいに半日券ってのは困る。よほど時間帯気合い入れるか無駄を覚悟するかになるが、4時間券ならその時間帯は自分で選べるからありがたい。

天気もナカラかな。

そうと決めたら、寝よ!

210723

 

カテゴリ[ 山・スキー]   コメント[0 ]   トラックバック[0]