16/09/25 21:50

かぼちゃ種採り

数年前から取り組んでいる種採り。

農協が推進し、うまくいけばいい金になるいわゆるハイリスクハイリターン。

高齢化、耕作放棄地の増加に悩む小谷村には正に「適地適作」といえるのかな。

国産の野菜の種子不足に悩む種苗メーカーは山奥に目を付けた。たしかに種を買ってもアメリカ産などのタネが多い。なぜ山奥かと言えば、作付け作物が少ないために雑交配の可能性が低いからである。

真面目に取り組み、よい種ができ、雑交配がなく、発芽率がよければいい金になる。しかしそれらの率が下がれば低価格、場合によっては収入0円となる。

 

昨年は接木用かぼちゃ、一昨年は白瓜に取り組んだ。


5月8日、農協から種が届いた。今年は食用かぼちゃ。

早速苗起こしから始める。


種を撒いて真っ先の潅水は酢の入った水を使う。

 


5月26日の画像。一斉に芽を出している。

カスミンボルドー(殺菌剤)散布。

 


6月4日、定植。

畑には2週間ほど前までにあらかじめ施肥(苦土、堆肥&金肥)を済ませ、マルチをかぶせてある。

しかしこれでは株間、畝間とも短いと農協に叱られる。そしてその通りの混み合いとなった。

 


6月26日、大きくなった♪

 


7月1日、上畦側が水はけが悪いと指導を受け、植えたのを1列廃棄した。発芽率の悪いものを少しでも減らすために。

 


7月2日、ここで殺菌剤を再度散布。

 


7月11日、花が咲き蜂が頻繁に通うようになる。この蜂はせっせと蜜を集めるだけで人を刺すようなことはない。

大切な受粉媒体である。

 


8月6日、赤い実がところどころに目立つようになってきた♪

 


同時期、やや病気気味、遅いかもしれないが殺菌剤散布。
 

 


8月27日、頃合いはよし!収穫を開始。

結実の密度は少なく、作業は思いのほか楽であった。

 


収穫量は3m四方のシート1枚分。昨年の半分以下である。

それからしばらく追熟させる。

 


9月18日、実抜きを始めた。ちょい遅気味か。。。
 

種に傷をつけないため刃物で割ることはしたくなかった。そこで考えたのが、かぼちゃ用の押し鎌の刃を付け替えて上向きに。その上をかぼちゃを転がして果肉部分のみを切るために、必要以上刃が食い込まないよう刃の両側に木の台をつけた。

これ、なかなかスグレモノ。

 


それを板の上でたたきつけると、こんな風に割れた。

 


そうして実の部分をえぐり、果肉部分は廃棄。実の部分はえぐった果肉がついたまま、一昼夜水につけておけば流水だけで果肉は溶けて流れた。これも去年のかぼちゃよりもかなり楽だった。

洗った種をしばらく水に漬けておくと一部は浮き、一部は沈む。この沈んだ種のみが出荷対象となる。

3分の1くらいは廃棄対象となったか。

 


出荷対象とした種は洗った後スタークロンG溶液で殺菌する。

その後は乾かす!

 


コンパネの上に蓆を敷き、扇風機で煽る。この種の量は去年よりもかなり多い。

 


数日乾かし、乾燥したら今度は唐箕で煽る。

さてどれだけのタネが残るのか。雑交配は?発芽率は?

そして¥¥¥?

今年は昨年よりもかなり真面目にやってるつもり。ハイリターンなるか。。。

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[1 ]   トラックバック[0] 

16/02/22 21:54

雪中キャベツ

何度となくテレビ放映され、名が売れてきた小谷の雪中キャベツ。

先日も2度ほど違う番組で取り上げられた。


これは伊折から下里瀬方面を眺める図。

 


雪の下から収穫したキャベツを雪とともに箱に詰めて送る。これが人気があるようだ。

 


この日の放送で紹介されたこの鍋は地元のキャベツ農家のかあちゃん作。うまそう!

 


キャベツの芯をてんぷらに!

 


テレビのシェフが雪中キャベツを使ってお料理中。


え〜?ちょっと卑怯な気もする。こんな材料使えばキャベツなんかどうだっていいじゃん。


関係者みんなをじろ(囲炉裏)の周りに集めて、いっただきまーす!
 

 


道の駅のキャベツ直売所。

 


これは李平(すももだいら)の雪中キャベツ。

 


これは伊折。

 

 

雪中キャベツ。雪中甘藍と呼ばれてけっこう昔からある。

最近その味の良さが知られて日本各地で特産品として売り出されている。が、元の取れそうな価格になってきたのはここ数年のこと。

人のいい田舎の百姓は儲けようという気がない。それよりも人にくれてその喜ぶさまを見て満足する人が多い。

それはそれで悪いことではないが、きれいごとを言っても金に変わらないものは特産品にはなりえない。

特に田舎の生産者に多いのは自分の手間賃を勘定に入れないケース。

冬のさなかに深い雪を掘ってキャベツを収穫するのは大変な重労働である。

欲がないのはよくわかっている。しかしそこは労働力も必要経費として価格に乗せなければ雪中野菜の未来はない。

それでも売れるだけの価値も商品力もあるのだから。

905221

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

16/01/24 17:10

小谷移住作戦

役場の観光窓口にこんな冊子が置いてあった。

内容も材質もかなりのスグレモノ。

これを作ったのは地域おこし協力隊のMさん。


表紙。おたりで暮らす

 


小谷をアバウトに紹介。

 


移住した人たち抜粋でを紹介している。この方は奥様が協力隊出身。

 


ご主人は小谷にある日本で唯一のアウトドアスクール、公益財団法人日本アウトワード・バウンド協会(OBS)の出身。

 


この方は面識がないが、白馬乗鞍に移住して宿泊業をしているようである。

 

来る人にも出ていく人にもそれぞれの事情があることだろうが、移住してきた人たちは一生懸命。それも当然、この村に見切りをつけて出ていく人の半面、ここに住むからにはそれなりの糧を得なくてはならない。それは苦でもあり楽でもある。

 


小谷でで暮らすにはこんな風に。

 


そしてこんな環境が整っています。

 


されでは具体的に。

 


確かに夏も冬も美しい村。

自分も移住したくなった(^-^;

それらの想いが現状を打破できればOK。

忘れてならないのは、豪雪も地滑りも獣害も、その他悪条件もすべてひっくるめて小谷村だということ。

ここで生まれ育った自分は、幸いにして勤務場所を得て定年を迎えられた。あとは小谷の四季を楽しんで暮らしていく。

 

小谷村は地域再生に力を入れて地域おこし協力隊員を多く採用している。

彼らが何をしているかわからないとか、彼らのおかげで地域が明るくなったとか、村民の感触は賛否両論様々ではあるが、いろいろな面のエキスパートが集まる人材集団でもある。

 

田舎にあこがれ、様々な想いを抱く人が多いことは知っている。その想いと地元のしきたりなどとが合わず、うまくいかない場合もある。うまくいってるように見えても地元の住民が移住してきた若い人たちに道をゆずる場合もある。

でも大事なのはこの緑の山河に活気を保つこと。

故郷の廃家にはしたくない。

870062

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

15/02/09 23:11

菊川雪まつり

静岡県菊川市の梅まつり、ここで毎年開催されるひらかわ雪まつりに、小谷から雪を土産に参加している。

交流のあるのは小谷と姉妹都市だった旧小笠町。今は合併して菊川市となった。

 

前夜のレセプション。

菊川の主催団体で会場を設けてくれた。

会場の小菊荘にはひな祭りや梅関連のものがたくさん飾られていた。

 

遠江の海の幸に舌鼓。

誰にも言わなかったが、今日は自分の誕生日。秘かに誕生祝のご馳走を楽しむ。

 

さて翌日はあいにくの雨。

小谷から大型ダンプ2台の雪が届いた。

 

それを使ってそりのコースと雪だるまを作る。

 

それと特産品販売、というよりもPR。

 

副村長が挨拶する頃、雨足はますます強くなる。寒い。

 

晴れていれば広い会場いっぱいにたくさんの催しが楽しかったはず。

しかしバンド演奏も狭いテントの中で肩を濡らしながらの演奏。

 

雨も少し小降りになったころ、客足も次第に伸びてきた。

町田の雪まつりと比べて菊川の子どもたちは遊び方がおとなしいように感じる。

 

勢い余ったそりがダイビングしないように受け止める。ナイスキャッチ!

 

菊川茶をセールスしているお茶娘がいたのでソリで滑ってくれるようにお願いしてみた。

 

1人の方が応じてくれて見事なランディング!

しかし美人のスカート同然の衣装に男性の視線は釘づけ。

 

会場では福撒き大会。

何を撒いてるんだろう。しまいにはキャベツまで飛んでいた。

 

終わったころ、ようやく陽が当たってお祭り陽気に。

 

小谷村でそりなどの遊ぶ道具を引き上げてしまったあとの雪山で遊ぶ子どもたち。

天気は残念だったけど、平川地区の実行委員さんのおかげでとても楽しい時間を過ごさせてもらった。

お世話になりました!

遠州菊川いいところ。また行きたいね♪

491407

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0] 

14/10/04 23:38

きのこ祭り

10月4〜5日と小谷のきのこ祭り開催中!

今年は夏の雨が長引いたせいか、いつになくキノコは豊作。

 

こんなに!

不作のときはここに並べる間もなく売れていってしまう。

ほとんどは舞茸。

小谷は20年ほど前から舞茸の原木栽培を行っている。その事業開始当初は舞茸の販売マーケットに悩み、何年か試行錯誤した結果このきのこ祭りに発展した。

きのこ祭りも最初から盛況だったわけではない。第1回からたずさわった身としては苦い思い出の方が多い。

もちろん今でもこんな順調な状況ばかりではなく、むしろ開催時期がきのこの発生時期と合わなかったり不作だったり、お客様に頭を下げることの方が多いだろう。

でも自分は思う。

小谷のキノコはいくら栽培でも工場生産ではなく、天然に近い栽培方法である。だから豊作も不作も当然あり、それもまたプレミアなのだ。

 

並べられているのは舞茸ばかりではない。

これはモトアシ(ナラタケモドキ)とシシダケ(ブナハリタケ)。

 

小谷特産の野豚も。

野豚は放牧豚であり、日光を浴びて十分運動をして育つため筋肉がしっかりしており、特に健康に育った脂身がうまい。

今日は生産農家が総出でバラ肉の串焼きを提供していた。お相伴・・・うまっ!

 

笹だんご。

この団子はウラジロ(オヤマボクチ)を練りこんであってとてもおいしい。

住民が考案したここ数年の特産品である。

 

蜂蜜。

主に栃の花から採れる蜜。純粋と書かれているとおり一切人間の手は入ってない。その証拠というべきか、寒くなると結晶する。

 

会場のサンテイン小谷内部では品評会も。

天然まいたけの4〜5kgというようなものも展示される。

祭り開始当初はこれらをセリにかけた。

最初の頃、自分がセリのディーラーを務めた。客もなく目の前にいるバイヤーはほとんどが生産者。そのほかに県議さんの一行がいてずいぶん助けてもらったが、それとて限りがある。

結局、生産者がお互いに競り落とす、というような茶番劇もあった。

 

品評会のシシダケ(ブナハリタケ)

 

同じく品評会に出されたヤマブシタケ。

 

サンテイン小谷の食堂ではきのこ料理のバイキング。

なかなか人が集まらなかったきのこ祭り、その歴史を一転させたのがこのバイキングであった。

ここからきのこ祭りは一気に大イベントに成長していった。

料理は必ずしもきのこ料理だけではない。

蕎麦もあればケーキもある。30種くらいのメニューが並ぶだろうか。

バイキングなので入場料方式。そのかわり混む時間帯にはいくら待っていても入れないということもある。

 

これが人気!

目の前で揚げる天ぷら!舞茸はもちろん、野菜、魚など盛りだくさん。

 

きのこ売り場では生産者から持ち込まれる舞茸などを整理したり袋に詰めたりするのが忙しい。

今はちょっと空いたのかな。

主催はきのこ祭り実行委員会であるが、主管は農協のきのこ部会とサンテイン小谷。

この方々のほかに農協、役場はもちろん、それぞれの生産者、特産室のスタッフも応援に入っている。

わずか2日間ではあるが、村を上げての最大の農産物直売イベントである。

355892

 

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0]