15/02/09 23:11

菊川雪まつり

静岡県菊川市の梅まつり、ここで毎年開催されるひらかわ雪まつりに、小谷から雪を土産に参加している。

交流のあるのは小谷と姉妹都市だった旧小笠町。今は合併して菊川市となった。

 

前夜のレセプション。

菊川の主催団体で会場を設けてくれた。

会場の小菊荘にはひな祭りや梅関連のものがたくさん飾られていた。

 

遠江の海の幸に舌鼓。

誰にも言わなかったが、今日は自分の誕生日。秘かに誕生祝のご馳走を楽しむ。

 

さて翌日はあいにくの雨。

小谷から大型ダンプ2台の雪が届いた。

 

それを使ってそりのコースと雪だるまを作る。

 

それと特産品販売、というよりもPR。

 

副村長が挨拶する頃、雨足はますます強くなる。寒い。

 

晴れていれば広い会場いっぱいにたくさんの催しが楽しかったはず。

しかしバンド演奏も狭いテントの中で肩を濡らしながらの演奏。

 

雨も少し小降りになったころ、客足も次第に伸びてきた。

町田の雪まつりと比べて菊川の子どもたちは遊び方がおとなしいように感じる。

 

勢い余ったそりがダイビングしないように受け止める。ナイスキャッチ!

 

菊川茶をセールスしているお茶娘がいたのでソリで滑ってくれるようにお願いしてみた。

 

1人の方が応じてくれて見事なランディング!

しかし美人のスカート同然の衣装に男性の視線は釘づけ。

 

会場では福撒き大会。

何を撒いてるんだろう。しまいにはキャベツまで飛んでいた。

 

終わったころ、ようやく陽が当たってお祭り陽気に。

 

小谷村でそりなどの遊ぶ道具を引き上げてしまったあとの雪山で遊ぶ子どもたち。

天気は残念だったけど、平川地区の実行委員さんのおかげでとても楽しい時間を過ごさせてもらった。

お世話になりました!

遠州菊川いいところ。また行きたいね♪

491407

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[0 ]   トラックバック[0]