17/03/01 23:05

春の陽射し

春の安定した好天が続き雪の山は日々その高さを下げているが、それでもまだまだ白一色の世界に春の陽光が眩しい。

先週、土曜日は大町でランニング。

木崎のゆーぷる♨に車を置き、山周りで美麻へ。そこから木崎湖へ向かって下る。

 

途中、三日町のトンネル前から撮影。


鹿島槍ヶ岳(右)と爺ヶ岳(左)

 


蓮華岳(右)と北葛岳(左)

 


唐沢岳(右)と餓鬼岳(左) 間の凸が餓鬼のコブ。

 

以上、大町から見える代表的な山。近いうちに全部登っちゃる!

 


大町から美麻に向かう道。

そこそこ広く、車の通りは少なく、程よい上り坂が走りやすい。

 


ため池。大きいのがふたつ。

 


ここは広域の火葬場。残念ながら何度か来ている。

 


今は廃止された元大町スキー場。

ここだったかな・・・簗場だったかな? 20歳のころ草レースがあって優勝したことがあったっけ。

 


ゲレンデ中央付近に鳥居が。。。

 


やがて美麻の新行集落。そばで有名な地区である。

ここから左に折れて木崎湖に下る。

 


木崎湖へ向かう細い下り坂。少し見えている山は餓鬼岳。

 


国道を横切り、湖水の向こうに見えるのは有明山。

ゴールはすぐそこ。

 


着いた!ゆーぷる。

さあ風呂だ!

 

 

そして今夜は・・・小谷村。

サンテイン小谷に車を置き、目指すは大草連(おおぞうれ)


この地区はかつては20戸近くもあった大部落だったと思うのだが、今は1戸が住むだけ。

その理由はアクセスの悪さと自然条件の厳しさだろうか。今でも九十九折の道を行かなければならない。

ここに住んでいた同級生と小学生のころ、どっちが学校から遠いかなどというつまらない言い争いをしたことがある。

そのころはここまで来たことはなかったが、社会人になって仕事で来るようになり、ようやくその通学の大変さがわかった。

と思ったのだが、今日初めて足で来てみて距離も測り、結果としてはわが家とその大変さはそれほど変わりはないぞ!

まあ、そんなことはどうでもいいのだが、こうしてまた一つの集落が消えゆくのは寂しい限りである。

1281792

カテゴリ[ ランニング・スポーツ]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません