17/03/09 22:13

山の音楽家は30歳♪

吹奏楽団「山の音楽家」

昨年12月に創立30年を迎え、今年は第30回定期演奏会を予定している。

そして遅まきながら、今年6月には記念式典と記念冊子の刊行を予定している。

 

下の画像は20回記念演奏会のとき。


自分が写っているものを載せてみた。

悲しいかな、この写真に写っている人たちは今ほとんどいない。

 


ホール満員のお客様。

今はここまでは入らない。このころが来客数のピークだったか。というよりも団員の熱気が集客率を高めた、というのが正しいかもしれない。


さて、記念式典では何人かアトラクション演奏をする。その1名としてソロの許可をいただいた。

20周年のときもやらせていただき、このときは「翼をください」を吹いた。

さて今回はなんとしようか、現在まだ悩み中。。。少し候補曲を紹介してみよう。

 

まず、シューベルトの「菩提樹」。原語ではリンデンバウムというのかな。

ドイツの詩人、ミュラーの詩集「冬の旅」の中の詩にシューベルトが作曲したもののひとつ。

曲もさることながら、詩の内容をきけば近藤朔風の訳詞が見事である。

なので演奏、というよりも歌で聴かせたい気分だが自分、歌はダメ。

1.
泉にそひて、繁る菩提樹、慕ひ往きては、
美(うま)し夢みつ、幹には彫(ゑ)りぬ、ゆかし言葉、
嬉悲(うれしかなし)に、訪(と)ひしそのかげ。

2.
今日も過ぎりぬ、暗き小夜なか、眞闇に立ちて、
眼(まなこ)とづれば、枝は戦(そよ)ぎて、語るごとし、
来(こ)よいとし侶(とも)、こゝに幸あり。

3.
面をかすめて、吹く風寒く、笠は飛べども、
棄てゝ急ぎぬ、遙(はるか)離(さか)りて、佇まへば、
なほも聴こゆる、こゝに幸あり。


聴いてみよう!菩提樹

 

しかし、菩提樹を吹きたいと思ったのは詩からではなくきっかけはこの人。

リサ・シュトールさんのアルプホルンの演奏。

確かに菩提樹はアルプホルンでも吹くことはできる。でもアルプホルンは山で吹くものという先入観が強く、こういう風にも使えるのだというのはちょっと新鮮♬


聴いてみよう!アルプホルンの菩提樹

 

次の候補曲は夏川りみさんが歌って有名になった「童神」。

いろいろ聴いてみたが、城 南海(きづきみなみ)さんのがお気に入り。


聴いてみよう!童神

 

そしてもう一曲、いま一番候補なのがさだまさしさんの「道化師のソネット」

この曲は実話をもとにした映画「翔べ イカロスの翼」のテーマ。

サーカスを取材していたカメラマンがサーカスにあこがれ、ピエロとして人気を上げるがあるとき綱から落ちてしまう。

しかし子どもたちの笑い声をなくしたくないと願いながらも、その日のうちに亡くなってしまう。

実はこの映画見たことがない。見たい。

聴いてみよう!道化師のソネット

 

自分の好みなのか、それともユーフォニアムという楽器がそうさせるのか、いつも選曲はバラードっぽいゆったりとした曲が多いような気がする。

なにができるかな、お楽しみ♪

1293076

 

カテゴリ[ 吹奏楽・音楽]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません