17/03/18 21:23

卒業式

春。

各地一斉に卒業式シーズン。

残雪深き小谷村でもこの日、好天に恵まれた中で小学校と中学校の卒業式が行われた。一応来賓として参列させてもらった。


小谷小学校の昇降口。

新しい中学の制服に身をつつんだ卒業生とその父兄がうれしそうに集う。

 

この小学校が開校して10年余り。

校歌は作詞作曲とも谷川俊太郎・賢作の父子という巨匠の作であり、小谷をよく表した歌詞と歌いやすく個性的なメロディが合わさってとてもよい曲である。

立派な校舎ではあるが、児童数は年々減少しており、今年の卒業生は18名。


 

そして午後は中学校の卒業式。

小さな村の小さな学校。小学校、中学校ともに1校ずつなので参列者の都合も考え、午前と午後に分かれて一日で式を行う。

 

中学の卒業式に出るのは何年ぶりだろう。おそらく次男が卒業した時以来だから10年近く前。

その前の10年近くの期間は毎年来賓として参列していた。長女の時はPTA役員で、長男の時は消防団で、そして次男のときに初めて保護者席に座った。

 


小谷中学校。

 


校庭にはまだこの雪山。

 


こちらも正門では卒業生とその父兄などが記念撮影でにぎわっているが、小学校と違うのは一緒に写真に入るのが先生であったり、友達の場合が多い気がする。


小谷中学校の校歌は島崎先生、飯沼先生による名曲である。

過去何年も参列させてもらったので覚えてはいるが、なにぶん三部合唱のため校歌としてのメロディがどの部分なのか分かりにくく、来賓席で歌う人はあまりいない。

子どもたちは大きな声で、それも男子の生徒の声がよく聞こえてきた。

 

そして全校合唱は「旅立ちの日に」

ずいぶん古い曲の気がするがとても卒業式らしい好きな曲である。

 

卒業証書授与式。

卒業生を送り出す厳粛な式典であるから当然であるが、言葉のすべてに「辞」がついている。

開式の辞、教育委員会告辞、学校長式辞、来賓祝辞、在校生送辞、卒業生答辞、保護者代表謝辞、閉式の辞、というところか。

 

会場から卒業生を送り出すときに流れたBGMが心に残った。

「Time to Say Goodbye」

 

夢も希望もいっぱいに巣立っていく子どもたち。自分にも覚えのあること。

がんばれ!

1307396

カテゴリ[ 一般]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=44841

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません