17/03/23 22:05

きのこシーズン開幕!

きのこ?きのこは秋のもの。

しかし!栽培キノコであればその準備はいつからということはない。

榾木(ほだぎ)は紅葉の終り頃に伐採し、それを完全に木が死ぬまで葉枯らしし、早春から植菌、それを数か月培養してから本伏せする。

種類によってその年の秋に発生するものと、翌年まで持ち越すものがある。その繰り返し。

 

家の前に大きな栃の木があり、景観の妨げになっていた。

それを伐り倒してキノコの原木にしてしまおうという作戦。


切る前。
 


切った後。

 

植えたわけでもないが、いつの間にか邪魔になるほど大きくなった栃、キハダ、柿、桑など。

 

 


その栃の木を倒す。

切り口は白く、驚いたのはこの春間近の時期に水気がない。今頃は芽吹きに備えてたっぷりと水を蓄えていると思った。

したがって予定ではしばらく寝かせて水気がなくなった頃、4月上旬にキノコを植えようかと思っていた。でもこれならキノコ植えられるんじゃないか?

ということで徐々に駒菌を打ってみる。どうなることか。

もっと早く切っておけば早く植菌出来るのに。とも思うが、早いと雪の下に埋もれ、結局雪が消えるまで取り出せないのと、今なら雪の上を移動できる。

 


太いのが2本。1本は根元から分かれているので合計3本ってもんか。

木こりは素人。まあ、ほぼうまく倒れたということで。

 

さてもうひとつ、年末の12月に倒しておいたクルミの木があった。

その時は12月なのに水を上げているのにびっくりして春に持ち越しとした。

そろそろいいかな、と道具を引きずって山へ行く。


チェーンソー大小2台、ドリルと発電機、それに燃料と駒菌。

引いていくのが結構重い。

 

そしてまたびっくり!!


3か月前に伐り倒したクルミがたっぷりと水を蓄えている。

この木って村営水道に配管されているのか???

こうなれば新芽がが吹いてそれが枯れるまで待つしかないか。

 


ということで、また重い道具を引きずってすごすごと。。。


 

お彼岸ということでお墓の除雪をした。

雪多い!

きれいになった!

いつも一緒にお参りに来ていた母は、体調不良で去年からは来られなくなった。

次第に自分に近づいてくる入居の順番。人生は意外と短い。

1311421

カテゴリ[ 産業・特産]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません