20/07/07 16:56

歯と口の衛生週間7/7(火)

歯と口の衛生週間が7/6(月)から始まりました。昇降口には、歯磨きをしたら朝顔の花を1枚貼ることができる朝顔棚も用意され、ずいぶんと花が咲いています。今日は健康委員会の皆さんによる発表と歯と口の衛生に関するクイズラリーを行いました。ペアの友達と楽しく学ぶことができました。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

20/07/06 10:24

地域の伝説を語っていただきました7/6(月)

読み聞かせボランティアの櫻井たき子さんに清内路地区に伝わる「にわとり淵」という昔話をお話しいただきました。お話から「時は戦国時代、清内路も松山という小山が戦場となりました。戦いで傷ついた若者がやっとの思いで清内路川の滝壺の所までたどり着き、覚悟を決めました。そして、若者はせめて最後に、母や愛しい人をしのびたいと、いいなずけから渡された袋の中を見ました。そこには金の鶏が雄・雌二羽入っていました。若者はその鶏にせめて一声鳴いて母やいいなずけに自分のことを知らせてほしいと頼みました。すると、金の鶏は羽ばたきコケコッコーと鳴き、滝壺に飛び込んでいきました。若者も安心しその後を追って飛び込みました。それ以来、毎月一度、その日が来るとこの滝の淵に黄金の鶏が浮かんできて鳴くのだと語りつがれています。」普段の読み聞かせとは異なり、自分たちの地域での昔話だけに、子ども達の反応は絵本の読み聞かせの時とは少し違っていました。自分たちの地域に伝わる昔話に関心を持った子ども達もいたのではないかと思います。櫻井さんからは、清内路にはこのほかにも伝説があることを教えていただきました。地域の方と交流する中で地域の文化に触れ、そのよさや豊かさを再発見することができました。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0] 

20/07/03 14:12

保健室にシールドがつきました7/3(金)

保健室に新型コロナウイルス飛沫感染防止シールドを設置しました。清内路地区にある三清建築の櫻井三也さん、市川拓弥さんに取り付けていただきました。シールドを取り付けていただいたことで、発熱や体調不良の児童が出た場合、ベッドがある空間を個室のように使用できたり、また、保健室入り口ドアからの導線も区切り、他の児童との接触場所を区別することもできます。体調が悪くなってしまった子も、安心して保健室で休むことができます。地域の方々に支えられて学校があるのだなあと改めて感じました。ありがとうございました。

カテゴリ[ マイブーム]   コメント[]   トラックバック[0]