14/10/03 17:02

古民家再生リフォーム 工事完了2

台風がやってくるかもしれませんね。

皆様、早いうちに備えをしておきましょう。

建築現場も天候に左右されやすいのですが…

大きな影響が出ないことを祈るばかりです。

 

また、連日報道されています、御嶽山のニュース。

同じ県内、そして浅間山の麓にいますので、

他人事とは思えず、多くの方が犠牲になられたことに、

謹んでお見舞い、お悔やみ申し上げます。

 

本題に入りますが…

一昨日ご紹介しました、古民家再生リフォームの続編。

お待たせいたしました!内観編です。

 

まずは、改装前と改装後の平面図を見比べてみてください。

☆改装前

既存住宅平面図

☆改装後

改装図面

では、実際の写真をご覧ください。

 

☆before

内観1

家具や畳は取り外された状態の写真ですが、歴史あるお宅だというのは、

おわかりになると思います。

この写真に写っている部分が、リビングに変わります!

 

↓↓工事中の写真

内観1-2改装中

立派な黒い梁は残します。

 

☆after

内観1改装後

 

内観1-2 夜

日当たりが良く、明るいLDKに変わりました。

暖炉スペースを設け、薪ストーブも設置。

また写真右手は、ロフトです。

ロフトの下は客間として使えます。

 

☆before

内観2

広縁です。サッシもすべて入れ替えました。

☆after

広縁部分はリビングの続きに取り込みました。

リビングに明るい日差しが差し込みます。

 

☆before

南側の広縁、最初はこんな感じでした。

内観3

☆after

内観改装後3

天井の傾斜をご覧いただくと、もともと広縁だった場所だとわかります。

広縁スペースもリビングに取り込むことで、広さを確保。

突き当りのスペースはクローゼットになりました。

 

☆before

続いては台所。もともとは、東の端にありました。

キッチンの上部に大きな梁が通っているところに注目。

内観改装前4

 

 

☆after

内観改装後4

台所だったスペースは、寝室の一部に。

台所奥にあった納戸部分は洗面、浴室に変わりました。

また、この寝室からウッドデッキに出られますが、

ウッドデッキスペースはもともと、浴室だった場所です。

空いた空間にはカウンターを設置し、書斎スペースにしました。

 

☆before

続いては、玄関です。

当初は、玄関を開けると土間があり、その先に引き戸…

という作りでした。↓↓

 

☆after

内観改装後5

現在の玄関扉は、before写真にある手前の引き戸の位置です。

玄関フロアは、玄関を入ってすぐの和室だったところです。

もともと、その奥にも和室がありましたがそこをホールに。

 

☆before

続いては、奥の和室です。

すっかり荷物置き場になっていましたが、しっかりした床の間と

脇床(写真ではわかりませんが)がありました。

 

☆after

内観改装後6

廊下部分には押入れを設置し、あとは板張りに。

天窓も付けましたので、明るさは万全です。

天窓にも障子を入れました。

床の間は青いクロスに赤い床で、個性的なイメージです。

脇床だった場所は、飾り棚に。

 

☆before

最後は水回りをまとめて。

改装前 浴室

当初の浴室は、ご紹介しているとおり、解体されました。

 

☆after

改装後 浴室

改装後 洗面

改装後 トイレ

浴室・洗面・トイレは当初、北東側奥の納戸だった場所に

集められました。

明るく快適にお使いいただけそうですね。

 

いかがでしたでしょうか?

図面などと見比べていただけると、変化が良くわかるかと。

 

こちらのお宅に関しては、10月4日(日)折り込み予定の

当社発行「グッド・ウッドニュース」にも掲載しています。

(そちらは、白黒写真なので、こちらも併せてご覧ください)

ご覧いただけましたら幸いです。

 

ブログ担当 N

カテゴリ[ 古民家再生]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:http://blog.valley.ne.jp/nucleus/action.php?action=plugin&name=TrackBack&tb_id=37419

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません