16/07/07 17:12

門の新築。

暑いと言葉にするだけでも暑いような今日です。
今日は、ぐるっとあちこちの現場を回ってきたのですが、
お天気には恵まれて、進行はしますが、
どこも暑さとの戦いでした。

珍しい工事のご依頼をいただきましたので、
写真を載せてみます。

ご自宅の「門」です。

 

この地域は、古くからの大きなお宅も多く、
代々受け継がれた立派な門がある家も、
ちらほらお見受けします。

最近は、安価で耐久性の良いアルミや鉄製の柵に
してしまっている家も多いのですが、
今回のご依頼は、木製の門です。


門の土台の枠組みが組まれました。
高さは3mあります。結構な高さです。


梁になる木材が、乗せられます。
写真ではわかりづらいのですが、
木材の切り口は、やすり掛けではなく、
大工さん自身が磨いてツルツルにしています。
こうすることで、水が浸透して木が腐食するのを
防ぐことにつながるそうです。


縦に入る柱。
出っ張った部分に穴が開いていますが、
そこに木の杭を打ち込んで固定させます。


杭を打ち込んでいるところです。


組み立てられた梁と柱が乗せられ、とりあえず上棟です。


このあとは、屋根の土台が作られて、屋根が乗せられていきます。

これからの工事は、屋根ができ、瓦が乗せられ、
屋根のサイドの部分に破風という板が付けられ…
1週間程度で完成となるでしょうか。
お天気次第ですね。

それにしても、施主様のお宅にあった、
杉玉やスズメバチの巣などが立派で目をひくものでした。
先祖代々続く立派なお家に、長く住んでいただきたいです。

それにしても、暑い1日だった…

ブログ担当 N

カテゴリ[ 各種工事]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません