17/04/04 14:40

台湾社員研修旅行 1

3月末の忙しい時期に、3日間お休みをいただきました。
ありがとうございました。

念願だった社員研修旅行に行ってきました。
行先は台湾。3泊4日の旅です。

午前3時過ぎに佐久を出発し、
羽田空港には7時過ぎに到着しました。
折しも春休みの真っ最中でしたので、
空港も混雑していました。


「旅立ちは 昔も今も 日本橋」
とりあえず、旅立ちということで、日本橋を渡って出発です。
 



台湾の航空会社エヴァー航空で。
キティちゃんがお出迎え。


チケットもサンリオ仕様。女子は気分が上がります。


EVA AIRで出発。


機内食もキティちゃん。
機内は、これでもか!というくらい、キティちゃんがあちこちに溢れていました。

映画を1本見終わるくらいの時間で、台北松山空港に到着しました。
(松山空港は周辺が軍事施設のため、撮影はできませんでした)

ガイドさんと合流して、最初に訪れたのは、
古い街並みの残る「迪化街」。(ゆかかがい)
台北で最も古い問屋街だそうです。


古い建物の多くは、日本が統治していた時代から立っているもの。
歴史も感じますし、長い間この建物が残っていて、現在も使われていることに、
驚きを感じました。
同時に、戦前の日本もそんな感じだったのかな…?と。

迪化街にある、由緒正しいお寺、龍山寺に。
商売繁盛、学情成就、縁結び、それぞれの神様がいらっしゃるので、
自分が願いたい事の神様の前で、お願いしてきました。

台湾のお寺でお参りする場合は、
お願いごと+生年月日+住所+氏名も伝えなければ、
願いがかなわないそうです。
大勢の人が来ていますので、誰がどんなお願いをしたのかを、
神様がきちんと受け取ってくださるように。

台湾は、このようなお寺が町のあちこちに建っています。
台湾の人々はとても信心深く、神様にお願いをして、きちんと御礼まで
行っていて・・・という話を聞いたり、そんな様子を見て、
少し見習わないといけないなぁと思った日本人です。


迪化街の商店街には、漢方薬のお店が軒を連ねていました。
古い建物のアーケードが趣深かったです。

台湾は、建物や看板を見るのも楽しかったです。

続いて向かったのは、中正紀念堂。

(残念ながら、外観工事中)

こちらは、台湾開国の祖、蒋介石(しょうかいせき)さんの顕彰施設。
「中正」とは、蒋介石さんの本名なのだそうです。

建物の立派さにまず皆が歓声を上げました。
高い天井、大きな扉…
そして、この建物の中にあるのは、ほぼ、蒋介石さんにまつわる資料です。
ガイドさんが蒋介石さんのことを「イケメンおとこ」と紹介していたのが
印象的でした。確かにイケメン。

写真は、蒋介石さんが作らせたという防弾仕様の車。


私たちにとって、蒋介石といってもあまり馴染みがない気がしますが、
ご年配の皆さんにとっては、よく聞く名前だったのだとか。
ガイドさんのお話によるところでは、蒋介石さんのおかげで、
第二次大戦後、日本は植民地にならずに済んだと。

これは、歴史を勉強しなおす必要がありそうです。


蒋介石座像のある部屋の天井。
細かな細工がとてもキレイでした。


蒋介石座像。
この座像の前には、常に二人の兵士が立って警護にあたっています。
自分の担当時間中は、微動だにしません。大変なお仕事です。


蒋介石さんの座像は、遠くまで眺められる位置に作られ、常に台湾の街を
見守っています。


中正紀念堂前の広場。
左右のオレンジ色の建物は、音楽堂だったり、図書館だったり。

蒋介石さんが作ってきた台湾を、これから見て回ります!



この日の夕食は、春梅子にて。
台湾料理をいただきました。


台湾ビールも初体験。
スッキリとして飲みやすいビールで、あっという間に何本も開けてしまう感じ。
(ここから、毎食ごとに台湾ビールを飲むことになろうとは・・・)

台湾といえば、夜市。
台北市内だけで、20数か所の夜市があるそうです。
初日は、饒河街観光夜市 へ。



夜市の入り口のお寺もライトアップ。

夜市の入り口にあった、ランタン祭りの宣伝。


ここの夜市の名物は、胡椒餅。
ガイドさんおススメのお店を教えてもらい、15分ほど並んで買いました。
美味しかったですよ。

初めての夜市の雰囲気を味わい、
なかなか慣れない臭豆腐の臭いに圧倒されながら、
ホテルに戻り、1日目の観光は終了です。

古いものと新しいものが融合していて、
人々は信心深い町なのだなというのが、台湾の第一印象でした。

夜の街もとっても気になりましたが…

2日目以降の観光は、?で紹介します。


ブログ担当 N

カテゴリ[ その他]   コメント[]   トラックバック[0] 

この記事へのコメント

コメントはありません


トラックバック

この記事のトラックバックURL:Sorry, no trackback pings are accepted.

この記事へのトラックバック一覧:
※現在、この記事へのトラックバックはありません